For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

土曜参観&学校公開。

今日は、娘の学校で、土曜参観を兼ねた学校公開がありましたので、夫と一緒に行ってきました。

去年まで、土曜参観はありませんでした。

でも、その理由は、以下のこと。

先生方によると、お父さんたちから、土曜参観をして欲しい。という要望があった為、今年、そういった形をとったそうです。

理由を聞き、なるほどな。と思いました。


DSC_0133.jpg

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

娘、クラスの中で、リーダー的存在になっています。

娘が率先して、やると他の子が、刺激を受けて、良い意味で、とてもまとまっているクラスです。

6人クラスなのですが、一人。度の重い男の子がいて、他の5人は、自然と彼を意識して、優しい言葉をかけたり、出来ないことを手伝ってあげたり。

そういうことが当たり前のように、自然と出来ているんですね。
それが凄いなあと、思いました。心がそれぞれに、育っている証拠です。


互いを思いやり、競い合って、自分の勉強レベルを上げようとしているのも、感心したし、親には見せない、頑張り強さ。
みたいなものが、見てとれて、今回の参観は、有意義でした。


支援級か支援学校が選択肢がなく、悩んだ時。
私の基準の一つに、娘が毎日、笑顔で通えるところ。ということを考えてました。

どちらも見学させて頂き、支援学校のほうは、体験入学をしましたが、子供を含めて先生たちが、みな笑顔なんです。

内容云々より、指導する側にいる立場に立っている先生たちが、笑っているということは、クラスの空気は良いのかなと。

娘の知的度数を考えれば、本当は支援級。だと思うのですが、支援学校を選んだ本当の理由。

これは私の個人的に思うことですが、障害児相手って、大変じゃないですか。普通の声かけが、彼らには通じないのですから。だから、メンタル面でいえば、非常に疲れる。訳です。

でも、養護教諭を志すからには、そういうことになる。ということを前提で、目指す訳ですよね。
それだけで、将来的には大きく違う。

自宅から通える支援級(当時は、地域になかったので、地域外になります。)は、先生たち。親にも、疲れた顔みせてましたからね。だから=子供に心を砕いていないのだな。と何故か。思っちゃったんですよね。

あれからもう5年。経ちますが、我が市内だと、娘みたいに軽度だと、支援学校は入れなくなっています。より重度のお子さん、3~1のお子さんです。(都の療育手帳、基準)

それだけ、軽度の子供たちが増えているんです。普通級ては、難しい。かといって支援級では、知的レベルが高すぎて駄目とか。グレーゾーンにいる子供たちへの支援とクラス設置が、急務になってきているという事だと、思います。

ADHD、ADDの子供たちのクラスってこと。
今は、情緒級。ってことだと思うんだけど、この固定級が本当に少ないからね。

今後のニーズは、たぶん。この段階に位置する子供たちだよ。

ここ、数年。文字通り、ボーターレスな時代。

かなり幅が大きくなってきているので、従来の対応方法では、外れるようになってきてるのよ。

そこのところを、各自治体、国。考えないといけませんね。
無理矢理、当てはめるのは、結局、その子の二次障害を生むことに繋がるんだよ。

そもそも、高齢同士の結婚が増えていることが、一因ですが、女性たちに、キャリアを積むな。とは云えないじゃないですか。


どこかで、折り合いを付ける。そうしないと駄目ですね。

最後、何か話ずれた? 気がしますが、「甘える。」のは、親だけ。

と決めている、娘が解って、親として、それをいつ来ても良いように、受け止められていられるだけの余裕を、心に持った親でいなきゃな。苦笑。そう思った参観でした。(><:)

作った作品の保管風景。

sakuhin2014118.jpg

こんな風に、保管します。このまま、乾燥。

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)



にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

No title 

分かります。
支援級の中でも。。。
程度によって。。。
でも、正直、本来、教育って家でするもんじゃ???
そう思ってしまう今日この頃。。。
あまりにも、学校に任せてしまう無責任な方が多いなと。。。
支援校の開放に行って思いました。。。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2014.11/09 01:16分 
  • [Edit]

Re: 親が家の中で出来る事。 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 分かります。
> 支援級の中でも。。。
> 程度によって。。。
> でも、正直、本来、教育って家でするもんじゃ???
> そう思ってしまう今日この頃。。。
> あまりにも、学校に任せてしまう無責任な方が多いなと。。。
> 支援校の開放に行って思いました。。。


これは、解ります。

学校に入れたら、入れぱっなし。
一人通学も学校がやってくけれるから良いだろう。

高等部になると、現場実習という時間が多く取られるようになるのですが、
一人で移動が出来ないお子さんには、親が必ず付き添わないといけないんですね。

それも、嫌がる親御さんがいるんですよ。
先生がいるからいいじゃないと。

でも、これ。何か違いますよね。付き沿わない必要のないように、親御さんたちが、
子供に、「通勤させる。」ということを教える練習を、家でもやらないといけないんです。

学校では、教えることに限りがありますし、 親が家の中で出来る事って、本当に沢山、あるんですよね。

家で、色んなことを体験させたり、通学の練習をさせてみたり、学校とリンク。させているような親御さんたちの、お子さんたちは、学校でも、落ち着いてますよ。

先生たち任せにしない。
・・これって、親側の掟ですよね。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2014.11/09 22:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

月と星と妖精ダスト

七夕の日に、流れ星が流れます。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ