2014_10
26
(Sun)23:19

Museum Start あいうえの 2014/ 第三回目at 東京都美術館

今回の回は、「秋を感じましょう。」というのがテーマ。

疲れたけど、親子共々、とても楽しかった!です。

上野公園内で、枯れ木の棒や、落ち葉、ドングリなどを拾い、持ち帰って、天井から吊すモビールを作る。

ということを、子と親。それぞれ別の部屋で、やりました。

みっちり二時間。

他のお母さんたちと談笑しながら、私も作ったのですが、小学生の図画工作の時間を、彷彿とさせ、夢中になってしまいました。(笑)

子供に負けず劣らず、お母さん、お父さんたちの作品も、光ってました。

我ながら自画自賛。

DSC0129.jpg

*サムネイル表示となってます。画像クリックで大きく表示されます。

今回の娘のは、これ。↑

何かあめ玉の袋と、鳩の羽を付けてるの。

娘、専属のとびらーさん曰く、ちーちゃんらしいと。(^^:)

前回の箱にべたべた布を貼ったのが、我が娘にしては、実に彩り良く完成されたものだったので、今回のモビールは、何だか拍子抜け。苦笑。


そのすぐ近くに、私のも吊したんですが、ここでお見せするのは、恥ずかしいので、あと3回。
で終わるので、持ち帰ってきた際、撮って見せますね。・・スミマセン。

最初に言いませんでしたが、今回。

ワークショップの期間中、テレビ東京さんのカメラが入っているんですね。
密着は、子供たちがメインなんですが、今回。

親も同じものを作ったので、そのカメラが親の部屋にも入りました。
子供たちは、既にクルーさんたちと、どえらい信頼関係が出来てて、カメラ向けても、へっちゃら。

でも、親たちは、そんなん。慣れてませんって。

いきなり、「お母さん、どうですか?」と、言葉を投げかけられても、答えられないんですが。(><)
私は、撮影するのは、凄く好きなんですが、撮られるのは、苦手なんですよね。

なかなか超えられない壁って感じ。

11月9日の4回目は、本家の東京都美術館で、現在開催中の、「ウフィツィ」展に、子供たちは行くようです。
私は、周辺の別の美術館の展覧会を、観て12:00のお迎えに行こうかな。

と考えています。

東京都美術館のを観ても良いと思うのですが、今回のワークショップは、基本。
子供と親は別が基本なので、同じ事をしていても、子供たちとは、会わないよう時間をずらしたり、反対の方向へ。
行ったりと、完全に行動が区別されているんですね。

なので、ニアミスで館内で会いそうなので、別のとこにします。
ホントは、私もウフィツィ展。観たいんですけどね。

DSC0130.jpg

朝、受付を済ませて、入るなり、娘とうりふたつのYちゃんが、ちーちゃん!と駆け寄って来て、あっという間に、いなくなりました。(笑)
とびらーさんたち、テレビ東京のスタッフさんたち、美術館スタッフの皆さんたちの間では、二人の持つ雰囲気や楽しさが、目に付き、話題になっているようです。全てのスタッフさんとは、「私たち、二人。知っているよ~!」

みたいになってて、娘に聞いたら、名前(東京さんスタッフの皆さん。)は、内緒だそう。うーっ!
後で、お母さんたち、皆で聞くもんね。へっ!

(スミマセン、大人気なくて。)

スタッフさんたちが、子供たちの名前を、皆さん。声かけてましたからねぇ。

またね~! って、自然にハイタッチを皆がしている感じ。

参加させて貰えている事に、心より本当に感謝、致します。
回を重ねる毎に、その重みが増している気がして、12月の終わりは、この世の終わり!?じゃないかと思うくらい、寂しくなるんじゃないかと、今から考えてますね。

コメント

秋を満喫してきましたね^_^
毎回自由な発想を大事に活動している様子が伝わってきます。
回を重ねるごとにワークショップ全体が一つにまとまり、でも決して力んでなく自然で柔軟性があるように感じます。
(上手く表現出来てなくてすいません。)

テレ東ですね〜^ ^
今から楽しみです。

ちーちゃんとYちゃんの関係もステキだなぁ〜
きっと親友ってこういう感じだよね^ ^と毎回微笑ましく読ませてもらってます。

2014/10/27 (Mon) 14:18 | とめちゃん | 編集 | 返信

No title

ホント、たのしいWSですね。
こういうの、どんどん機会を作ってほしいですよね。
身近にあればなぁ。。。

2014/10/27 (Mon) 20:27 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

とめちゃんさん、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。


> 秋を満喫してきましたね^_^
> 毎回自由な発想を大事に活動している様子が伝わってきます。
> 回を重ねるごとにワークショップ全体が一つにまとまり、でも決して力んでなく自然で柔軟性があるように感じます。
> (上手く表現出来てなくてすいません。)

毎回、終わったあと、美術館のスタッフさんたちと、とびらーさんたちが、反省会を開いて、
そこで、自分たちの子供たちに対する対応の仕方や、声かけなど、良かったかどうか。

コミニュケーションが、まだ担当の子供たちと、上手くとれていないとびらーさんには、他のとびらーさんが、こういう方法を試してみたら?

とかアドバイスしたり、子供たちの自然な表情を出して、貰う為には、どうすれば喜んで貰えるのか。

全員のスタッフの方たちが、それを考えて下さっているんだなと、毎回。行く度に思います。
>
> テレ東ですね〜^ ^
> 今から楽しみです。

あー、これはいらないなあ。って感じです。

撮影に入るとき、テレビ東京さんから聞いたんですが、何曜日の放送だか、忘れてしまいましたが、
「きらっと」という15分くらいの番組で、子供たちをメインに撮っている番組です。

>
> ちーちゃんとYちゃんの関係もステキだなぁ〜
> きっと親友ってこういう感じだよね^ ^と毎回微笑ましく読ませてもらってます。


ホント、仲が良いです。(^0^)
皆さんが、あんまりに、姉妹みたいだね。というらしいので、
これが、娘本人の「口癖」になってます。笑。

今回、どこから来てるの~? って娘に、Yちゃんに聞いてみて~。
って言ったんですが、三鷹って言ってました。

やはり、23区、23区外の東京全域から、来られているようですね。

2014/10/27 (Mon) 23:44 | みかん | 編集 | 返信

Re: 関西芸術大学は?

HANG ZEROさま、こんばんは!!

いつも本当にありがとうございます。

> ホント、たのしいWSですね。
> こういうの、どんどん機会を作ってほしいですよね。
> 身近にあればなぁ。。。

今のところ年一回らしいんですが、色んな媒体のところに告知が出たり、
東京の広報を見た方が、お住まいの近くの幼稚園とか保育園に、情報を流したりして、
色んなところに出ているらしいです。

こういうのは、さすが東京だなと思うんですが、行くのに2時間近くかかると6回は、
きついなあと、親の私は思っています。(苦笑)

確か、関西にも芸術大学ってありましたよね?
芸術を子供たちへ解りやすく、身近にしてくれる。

というのは、芸大ならでは?
の発想だなあという気がしますね。

2014/10/27 (Mon) 23:55 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック