2014_10
18
(Sat)23:07

松岡修造さん。

今夜の「炎の体育会TV」。

最後のほうだけですが、偶然。観ました。

松岡修造さんって、喋りは熱いし、うるさい。
でも、誰にもかなわない一つの才能がありますね。

子供の心と真摯に向き合う。

ということが、松岡さんは、とても上手ですね。

子供のやる気を、たった一言で出させる為に、闘志に火を付けるとか。うまいなあ。と思いました。

テニススクールなどで子供たちに教えている。ということもあるのでしょうが、私が思ったのは、臨床心理士さんに向いてないですかね。松岡さん、絶対、向いてるよ。

子供を良く観察して、子供の目線に彼は、立ってるんですよね。
それもたった3日間で、子供たちのプレイの癖とか、心理状態とか、見抜いてる。

それは彼が、もちろん、意識してやっている部分もあるとは、思う。

だけど、これは、天性の資質。って気がするんだよね。

松岡さんは、これっぽちも、小児医療科の分野なんか、視野に考えてはいないだろうけれど、臨床心理士さんや、保育士。

彼には、向いていると、本当に思ったよ。

子供の目線に立てる、それでいてちゃんとその心に寄り添える。
そんな人ですね。

子供とのやりとり観ていて、ちょっと松岡さん。見直しました。

昨年、府中のスタジアムで行われた、国体の開会式で、総合司会をされてた時は、「うるさい人だなあ。」と思いましたが、
今夜の番組で、帳消しです。(笑)

子供たちが、松岡さんに、真意を突かれて、皆。泣くんだけど、でも、みんな。

何くそ~!って、頑張る。

その姿を見ているだけで、涙が溢れて止まらなかったです。

みんな。錦織くんみたいに、強いテニスの選手になって下さいね。今回の体験を、バネにして、これからも頑張って下さい。

貴方たちが流した涙に、テレビを観ていた多くの、親稼業をしている大人は、つられて泣いたお父さん、お母さんが多かったと思います。

まっすぐな素直な心をありがとう。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック