For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

Museum Start あいうえの 2014/ 第二回目at東京都美術館

今日は、二回目のMuseum Start あいうえの。

毎回、上野まで、1時間40分くらいかけて行くのは、正直、しんどい。でも、回を重ねる毎に、参加する子供たちは、皆。

楽しさが増してきているように、思います。

DSC04497.jpg

↑前回の1回目で、娘が描いた絵です。
娘担当のとびらーさんが、2回目開催前に、我が家に送ってきてくれた葉書。(葉書サイズに、わざわざ印刷してくれているみたいです。)

子供たちは、別室でとびらーの皆さんと、活動をしている間、親たちは、隣の会議室で、絵カードを使った簡単なゲーム。
をしましたが、これがなるほどなあ。

という視点からのもので、こういうこともあるのねぇ。という驚きと新しい視点からのもので、とても新鮮に感じました。

同じテーブルになったお母さんたちと、話をしたけれど、皆さん。今回のことをどこで知ったのか? の話になり、ネット、口コミ、東京都の広報、幼稚園の掲示板など、多岐に渡ります。

キャンセル待ちで、来た。という方もいて、ひょっとして倍率高めなの?
と皆さんも驚いていた。

プログラムは、無料といっても、美術館までの行き帰りの交通費、昼食代は、自費。これを6回。
繰り返す訳ですから、ある程度の出費はかかることになります。

それを考慮すると、足踏みしてしまう親御さんも、いるのは、何となく解る。
連れて行くのが、まず大変だもん。
だけど。
それを捨てて。でもアートな世界を、体験させてみたい。と思う親御さんも、やはりいますよね。

二分化というか、どっち寄り~? みたいなのはあるにはあるんでしょうけどねぇ。


でも、子供たちにとっては、そういう親たちの思いは、あまり関係がないようで。
部屋で、第一回目の、子供たちの様子を、写真映像で、モニターで流して下さってそれを、私たち親たちは、皆。

食い入るように見ていましたね。
子供たちが、みんな。楽しそうなんですよね。家では、こういう顔をしないとか、こういうことはさせない。とか、皆さん、おっしゃっていました。
それは、うちも同じ。全身、汚れても良いから、絵の具で遊ぼう!

なんてことしませんから。(^^;)
だけど、Museum Start あいうえの。では、全くOK!

そりゃあ、子供たちのテンションは上がるわなあ。

今回、娘は、早速。お友達を作っていました。

前回、美術館から駅への道を、途中まで、親子共々、一緒に帰ったお友達。
その子と、ワークショップの間中。つるんでいたようで。(笑)

それに、娘とYちゃんが、うりふたつの激似でありまして。苦笑。
とびらーさんたちが、「似てる~! 姉妹みたい!」という、感嘆の声が上がるくらい、本当に似てるんです。

私も、写真映像を見ていて、間違いそうになったくらい、ホント似ているんですね。

12:00に迎えに行った際、二人。超ハイテンションで、教室中、とびらーさんと鬼ごっこをして、走り回っていました。
それに、またこのYちゃんが素直でまっすぐな、人見知りを全くしない可愛い子で。(^-^)

娘と同じような発達障害の女の子だと思うんですが、私の膝の上に、ちょこんと乗ってきたり、背中に抱きついてきたり。
まるで、無邪気。

少し、人見知り傾向のある娘とは、大違い。

こんな風に、これから少しずつ、気の合う子を見つけ、自分の世界を作って欲しいなあ。とお母さんは思います。

6回目が終わる頃には、きっと。親も子も、名残惜しい。という思いと共に、また来年も来たい。って、心から、そう思っていると思うな。

第一回目の時、入り口で、シャボン玉しました。とびらーさんたち、こうして子供たちを待っていてくれています。

DSC_0120.jpg

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

最後におまけ。

本日。ワークショップが終了後、館のカフェで、昼食を摂ったあとの、直後の写真です。

変なポーズ。(笑)

(こちらもサムネイルです。)

DSC_0121.jpg

Comment

No title 

前回も思いましたが。。。
素敵な企画ですよね。。。
親同士の???
それも貴重な機会ですよね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2014.10/12 23:56分 
  • [Edit]

No title 

ちーちゃん仲良しのお友達ができて、本当に良かったですね。
Yちゃんに会いたい!と、ますます参加意欲が湧きますね。

連れていくのは確かに大変でしょうけど、それを補ってあまりある魅力的な内容だから、皆さんがんばって参加されているのでしょうね。
2回目の前に葉書が届いたり、 1回目の様子をモニターに映して見せてくれたりと、本当に至れり尽くせりですね。
関係者の方々皆さんが、本当に楽しんで欲しいという思いで企画してくださっているんだなぁということがよくわかりますね。
  • posted by mineyom 
  • URL 
  • 2014.10/13 22:26分 
  • [Edit]

Re: 毎回、良く考えて下さっていますね。 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 前回も思いましたが。。。
> 素敵な企画ですよね。。。
> 親同士の???
> それも貴重な機会ですよね。

美術館の学芸員の方ととびらーさん。

毎回、良く親たちの為に、色々と考えて下さっていますね。

今回は、学芸員の方が考えた、有名絵画の絵を使った絵カード(市販されているようです。)
を使って、話のストーリーを作る。とか、共通したキーワードを使って、絵カードを出しながら繋げていく。
とか、連想ゲーム。

的なことを、したんですが、これがホント。目から鱗じゃないですが、絵をみるのに、新しい視点で、
みられる気がしましたね。

上記のゲーム。実際に小学校の授業などで、子供たちが実際にやっているそうです。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2014.10/13 22:53分 
  • [Edit]

Re: No title 

mineyomさん、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> ちーちゃん仲良しのお友達ができて、本当に良かったですね。
> Yちゃんに会いたい!と、ますます参加意欲が湧きますね。

はい、本当ですね。*(^-^)*
いつも、明るくニコニコしてて、その子。凄く素直なんですよ。

娘もそんなところに、惹かれたのかも知れません。

>
> 連れていくのは確かに大変でしょうけど、それを補ってあまりある魅力的な内容だから、皆さんがんばって参加されているのでしょうね。
> 2回目の前に葉書が届いたり、 1回目の様子をモニターに映して見せてくれたりと、本当に至れり尽くせりですね。
> 関係者の方々皆さんが、本当に楽しんで欲しいという思いで企画してくださっているんだなぁということがよくわかりますね。


東京都美術館だけじゃなく、上野公園って、いくつも博物館や美術館がありますよね。

上野動物園を含めて、家族や、恋人、大人も、おじいちゃんもおばあちゃんも、子供たちも、アートや生き物、カルチャーに積極的に、触れよう。という趣に訪れた人たちの意識を持っていこう!

という取り組みが、公園全体にあるようですね。専用のブックを持って、各場所を回ると、缶バッチをくれる。とか、親しみやすくアートに触れよう。

そういう皆さんの強い思いが、伝わってきますね。(^-^)

  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2014.10/13 23:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ