For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

障害の善し悪し。

今日は、副籍交流でお世話に、なっている地域小学校で、運動会が行われましたので、交流の一環で、観覧の招待を受け、足を運びました。

前校長先生やら、交流クラスの担任の先生やら、コーディネーターの先生やら、前交流クラスの担任の先生やら、色んな先生に、声を掛けて貰い、娘もとても嬉しそうでした。

幼稚園の頃から、一緒だった子供たちが、みんな4.5年生となっているので、(年中を2回しています。)知っている子が沢山います。みんなとても頑張っていて、絵画教室で一緒の、一つ下の男の子や、その子の妹さん。今年、二年生の男の子の時は、娘は人一倍。

応援していました。(^-^)

教室で小学生組は、みんな仲が良く、誰々が何か言ったよ~! ってな具合で、終わった頃に迎えに行くと、いつもそんなんで盛り上がってるんですよね。(苦笑)

そんな中、いつも隣に来ていた、市内の肢体不自由の特別支援学校の、一つ下の女の子がいません。
帰り際、ふと気になって、交流クラスの担任の先生に、聞いてみました。

今年の春に、亡くなられたそうです。

・・どう返事を返したら良いのか。考えてましたが、残念です。としか、言いようがなかった。
そんな自分を恥じました。と同時に、ショックでした。

呼吸が自力で困難な為、気管切開をされていて、結果的には、それが命を奪ってしまう結果になってしまい、親御さんとしては、後悔の念がぬぐえないでしょうね。
親御さんの心情を考えると、とても心が痛みます。

でもそれと同時に、考えたことがあります。

身体に障害があり、知能は問題なし。知的に障害があり、身体は普通に動く。
どちらが、生きづらさを少しでも、今の世の中で感じずにいられるのか。

とても不謹慎だけれど、一瞬。考えてしまいました。

障害。

どんな障害でも、持ってしまう。
ということは、もうそれだけで、生きる。ということを考えた時、リスクがあることなんですよね。

だけど、命は与えられたもの。

命が尽きるその瞬間まで、自分の人生を生きる権利は、自分にある。

だからこそ、娘にも、自分の人生を、思う通りに生きて欲しい。

親として、心よりそう願う。
本人、親の想いを解っているかどうかは、定かじゃないけど。(><:)

亡くなられた女の子の、冥福を心よりお祈り致します。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

No title 

物差しがあるようでないようで。。。
逆に世間の目と言う物差しが。。。
ある気が。。。
むずかしいですよね。
亡くなられたお友だち。。。
安らかに。。。ですね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2014.10/05 23:12分 
  • [Edit]

Re: 本当ですね。 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 物差しがあるようでないようで。。。
> 逆に世間の目と言う物差しが。。。
> ある気が。。。
> むずかしいですよね。
> 亡くなられたお友だち。。。
> 安らかに。。。ですね。


去年まで、元気な顔を見せてくれていたので、
今年もきっと一緒だろうなあ。

と思っていましたので、姿が見えなくて、どうしたのか?

あまり言葉を交わしたことは、なかったんですが、
支援学校同士。
ということで、妙な親近感を持っていたんですよね。

・・・本当に、残念です。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2014.10/06 23:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ