For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

新人先生、じっくり研修 担任持たず1年間 岐阜県教委/朝日新聞デジタル。

新人先生、じっくり研修 担任持たず1年間 岐阜県教委/ 朝日新聞デジタルより。(*ある時期がくると、朝日新聞側のページ、削除により、リンク切れとなります。)

こういう取り組み、良いですね。

全国に広がると良いと思う。
いきなり初年度で担任を持たず、研修期間にし、スキルアップの為の、ノウハウを学ぶ。

先生たちにも、他の職業みたいに、そういうのはあっても良いと思うよ。

ゆっくり、じっくり。担任になるべくふさわしい人材を育成する。という意味では、これは素晴らしいこと。

特に、特別支援教育に関わる先生なんて、それ+専門の知識が必要になってくるのだから、もっと、教鞭に立つまで間のインターバルは、長ければ長いほど、良いような? 気もするよ。

それに、こういうことを受けた先生たちが、増えたら、クラスで発達障害を疑われる子供たちへの対応も、上手く出来、子供たち同士も、互いに認め合い、理解しあえる関係。になることが出来るようになるんじゃないでしょうか。

先生たちの資質によることも、多いから、先生たちの意識とレベルが、スキルUP!することで、子供たちの態度も変わる。

ということは、絶対にあると思う。

良い相乗効果をもたらすことには、なるんじゃなかろうか。

最近、特別支援に関わる先生たちの、資質も低下してきている印象だから、こういう取り組みをしてでも、良いから資質をを上げて貰いたいなあ。というのは、親たちの切実な願いだと思うよ。



にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

No title 

教師が足りないと言われる中での試みですね。
支援級って。。。
なんだか特別と言われる先生も多くて。。。(悪い意味で。。。)
そういう偏見をすてる期間でもあってほしいですね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2014.10/02 19:04分 
  • [Edit]

No title 

この取り組み、本当にいいですね。
というか、何で今までなかったんだろうという感じです。

今の学校の先生って、雑務もいろいろあって忙しすぎるから、それでクラスも持ったら勉強する時間なんてないですよね。
教師人生長いんだから、1年と言わず、最初にしっかり指導力をつけてから、担任を持って欲しいですね。
  • posted by mineyom 
  • URL 
  • 2014.10/02 22:01分 
  • [Edit]

Re: 本当ですよね。 

mineyomさん、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。ご返信が遅れて、ごめんなさい。


> この取り組み、本当にいいですね。
> というか、何で今までなかったんだろうという感じです。
>
> 今の学校の先生って、雑務もいろいろあって忙しすぎるから、それでクラスも持ったら勉強する時間なんてないですよね。
> 教師人生長いんだから、1年と言わず、最初にしっかり指導力をつけてから、担任を持って欲しいですね。

本当ですよね。

研修期間って言いますが、前は教育実習という形だけですもんね。

もっと全国的に広がると良いのになあ。って思います。

何で、今までなかったのでしょう。私も、不思議です。(苦笑)
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2014.10/03 21:54分 
  • [Edit]

Re: 教員育成 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

お返事が遅れて、申し訳ありません。

> 教師が足りないと言われる中での試みですね。
> 支援級って。。。
> なんだか特別と言われる先生も多くて。。。(悪い意味で。。。)
> そういう偏見をすてる期間でもあってほしいですね。


でも、これ。凄く良いことですよね。

何もしないより、絶対に良いと思います。

もともと養護だけを目指すという先生も、普通級担当が良いという先生も、
最初は同じ土俵な訳ですよ。

偏見というより、仕事の楽さで、教職を選択している部分が多いから、仕事に対する比重の置き方。
というものがおろそかに、なっている先生たちが多いんだと思います。

もともと目指す。ということを決めた時点で、教職は、甘いものではなく、激務。だと了承して、
目指すことをしないと駄目なんじゃないですかね。どちらを選ぶ? 以前に。

保護者はどうしても、親目線で、先生たちを見ますが、先生たちにも、子供たちと接していて、対応に悩んだり、考えたりすることってあると思うんですよね。

ノウハウを自分なりに学んだ先生は、上手く子供相手に、やり過ごすことは出来るけれど、そうじゃない先生は、ただ右往左往するだけで、親には、当たり前のことしか言わない。

対応する方法を知らないから、ですね。

そういうことも学ぶ場があれば、少しは変わらない?でしょうか。私は、そう、信じたいかな。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2014.10/03 22:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

月と星と妖精ダスト

七夕の日に、流れ星が流れます。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ