For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

今後の絵画教室。(2012.9/4)

昨日の絵画教室は、クロッキー。

PDDの娘には、思いっきり高度な画法。

ものを捉えて良く見て描く。ということが、とにかく苦手なので、クロッキーの時は、毎回。

ここではお見せ出来ないくらいの、我がお嬢様の絵。
といっても、今回は本文の説明上、掲載します。

DSC04434.jpg

椅子に座っている女の子を描いたようですが、関節の描き方が不得意な為、立っているようにも、見えますね。

DSC04432.jpg

これは男の子が、頭の後ろに手を当てているポーズ。
Tシャツの下の肩がどうなっているのか?

見えないからか、本人、予想がつかず。

人のポーズの特徴は、捉えているけれど、椅子に座ったポーズの時は、手と足が関節で曲がっていますよね。
その曲がった状態の足や手が、どうなっているのかは、解るけれど、難しく描けないようです。


以前も、折りに触れてきましたが、教えて頂いている先生は、障害を持つ成人の方々に、
絵を教えていらっしゃいます。

が、最近は、お子さんが出来たこともあり、絵だけの生業だと、収入が見込めないのでしょう。
小学校受験対策の為の、教室も別に、開かれるようになって、娘が通っているほうの教室も、
指導がそんな傾向へ。

偏ってきた気がします。

こっちは自由、かたやもう片方は、規定通り。で区別してくれればいいんじゃない。
とも、考えたりもしますが、先生も人間。

両方を別々の指導方法で。という事は出来ないよう。

それにそれだけじゃなく、定型の子供たちも通ってきていますから、その親御さんたちからすれば、
ただ通わせるのではなく、そこにプラスαを当然、求めるでしょう。
そうすると、コンクールってことになる。


ただ、理由はこれだけではありません。

娘の、絵を描く方法の事も理由の一つにあります。

娘の絵を描く傾向としては、コンクールなど、きっちり描きます。
とか、見えるままをきちんと描きましょう。

という規定が強い絵ではなく、本人の描きたいよう、規制のない形で描く。
ほうが、合っている?と最近は、強くそう思うようになりました。

有名な画家で言えば、ピカソやダリ。誰も思いつかないような?
タイプの絵を描くほうが、きっと娘には合っている。

ターナーやモネといった印象的で、洗練された絵を描けるようなタイプでは、絶対ない。
それだけは断言出来るだろう。

なので、そういうことも考慮すると、やっぱり先生との意見の方向性が、違ってきているんですよね。

好きな事だから、続けさせたいと思っていましたが、中学生になる前の小学校6年生の終わりで、
一旦、絵画教室は、辞めさせる方向で考えています。

あと一年半切りましたかね。

「本人が好きなこと。」

だけに、本当に悩みどころなんですが、その答えに後押ししてくれるヒントは、

今月末に、参加する東京都美術館と東京芸大の主催のワークショップで、貰えるんじゃないかな。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村


Comment

No title 

あー。。。
分かります。
我が家も。。。
岡本太郎方面へ向かいつつ。。。です。
この画、Tシャツとかにしたら売れそうじゃないですか???
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2014.09/05 21:16分 
  • [Edit]

Re: 形通りに・・。 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> あー。。。
> 分かります。
> 我が家も。。。
> 岡本太郎方面へ向かいつつ。。。です。
> この画、Tシャツとかにしたら売れそうじゃないですか???

そう言って頂き、嬉しいです。
娘も喜ぶと思います。(^-^)

型に入った絵を描くのって、ほんと、ハードル高いですよね。
それが出来たら、でかした!!ってなるのになあ。


  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2014.09/05 23:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ