2016_06
29
(Wed)23:03

パフスリーブの前あきブラウス

今回は、月居良子さんのパターン。

生地は鎌倉スワニーさんのもの。セール価格で、1m購入して、足りずに後から再び1m。
買い足して、作りました。
薄手のコットン・ドビーで、陽に透かすと、薄く向こう側が見える。そんな感じの生地。

子供用には、この上に、オーカンジーを重ねて、今はやりのスカートに仕立ててあげると、女の子は喜ぶかも。


まだ、制作途中です。残っているのは、襟ぐりの始末と、袖。あとはボタンホール。
襟ぐりは完成しているように見えるけれど、まだバイヤステープを折り返して、しつけの仮縫いをした状態。

袖にいたっては、バイヤス・テープを、しつけ糸で、縫い付けただけだよ。
完成までは、もう1~2日は、かかるかな。(金曜日は、娘の学校だから。)

久し振りに、自分用に縫っていますが、大人のものを作となると、2~3mは、布地は必要ですね。

明日も、娘が学校に行っている間に、早めに家事を終わらせて、ミシン。


20160629_1.jpg
2016_06
27
(Mon)22:47

夏用のBag

すみません、本日も、障害とは関係ない話題です。Sorry!

昨夜、アマゾンで、見つけて注文したら、本日の午後に届いた。速い。(゚д゚)

私はプライム会員じゃないんだけどなあ。たまに、こんな風に、速い時があるんだよぉ。何でかなあ。

20160627_1.jpg

私がこんなのがいいなあ。
と思い描いていたもの。に近いやつ。

底だけラフィア。後は、帆布に近い厚い布。
布をほどいた飾りが、ボーダーに付いて、チェーン付きのリボン飾り。

一目惚れでした。

もう一つ。
本体がラフィア素材で出来ているbagを持っていて、服合わせに、別のが欲しいと思っていました。
それが、今回。

ドンピシャ。

アマゾンさん。
今、29日まで、20%割引やっています。
その為のコードを、注文時に入力すると、更にお得です。

裏がこれ。

20160627_2.jpg

シンプルだけど、夏っぽい雰囲気が、出ているバック。

大満足です。

2016_06
25
(Sat)23:27

トリックアートの絵本。

たまたま、立ち寄った本屋さんで、トリックアートの絵本。

を見つけました。

表紙。

DSC05383.jpg

シリーズが他に2作あります。今回は、そのうちの1作です。

DSC05384.jpg

骨の長さが違って見えるけれど、斜めに線が入っているから、上が長く見える。

という、視覚を利用したトリックです。

なかなか良く出来ています。

DSC05387.jpg

向かって、右。
顔が浮かんで見えますよね。


絵本。
本当に侮れません。

おむつはずし、交通ルールなど、困った時には、絵本をみせる。
関連絵本、けっこうあります。

それを読んで。もしくは音読させる。

効果。あると思うなあ。
2016_06
24
(Fri)23:23

障害者施設で繰り返し虐待 入所者、歯や骨折る大けが/朝日新聞デシタルより。

障害者施設で繰り返し虐待 入所者、歯や骨折る大けが/朝日新聞デシタルより。

こんなの、日常茶飯事に、あることじゃないかなあ。

特に、ここの施設に限ったことではなく、ね。

ようは、受け入れて、いても、ね。(施設側が、怖いから。)報復が怖いから、黙っているだけだよ。

弱者だと思って、解らないだろう。
そう思っているから、こういった、行動が出来るのだと思う。

みんな。
声をあげなきゃ伝わらないよ。

こういうときこそ、声あげなくちゃ!

何をしても、わかっていないだろう。と思われていることが、嫌ですね。

そうじゃない。ってこと。
もっと!

みんなが、アピールしないと!

この世は、変わらないよ。

2016_06
21
(Tue)23:23

サタデースクール

少し前の話になりますが、18日の土曜日に、娘の学校で、「サタデースクール」という、余暇を、楽しむ。

という趣旨の遊びの時間。というのかな。(PTAの主催です。)

がありました。今年度は、年5回。
土曜日に、行われる予定になっていますが、事前の登録制なんですね。

今回、広報部で、写真を撮ることになりました。
私は申し込みをしていないので、慌てて、同級生の本部役員さんをしているママさんに、
メールで聞いてから、行きました。(苦笑)

でも、受付のときに、解った。
「もう登録してあるよ。」
じゃ、なんで登録証ないのさ-。

私は、申請を出した憶えがないのに、何故に?
犯人は、我が娘。

私がどうしようか、迷っていた申し込み用紙を、勝手に出したんですね。(`o´)
一回、撮影させて貰えれば、OK!だと思っていたので、見事に、娘の出し抜け。

残りの4回。全部、出る羽目になりました。

1回目は、ダンスとビーチボール。
共に講師の先生たちが、来て下さっての指導です。

みんなとても、楽しそうに、個々。身体を動かしていました。
最初は、サタデースクールなんて、意味のない。ことだと思っていましたが、考えが、少し変わりました。


休日でも、することなく、ただゲームしているか、YouTubeの動画を観ているだけなら、他のことしよう。
今回、娘も一緒に連れ出しました。

結果、本人はとても楽しそうでした。

ゲームすることが、悪いとは言わないけれど、それだけにならないように、気を向ける。
声かけと、親の努力は、必要かな。と思いましたね。

20160618_119.jpg


他に目が行くような環境づくりとか、きっかけとか。
コンスタントに、場を、提供したり、提案したりする。

視野を広げる。きっかけに子供がなるよ。
こういうの、目に見えない。

形の親の補佐だよね。
・・それで、いいのだよ。
少なくとも、私はそう思っています。


2016_06
19
(Sun)22:00

東京都交響楽団 「プレミアムコンサート」

今日は、昭島市のホールで、開催された東京都交響楽団のコンサートに、娘と二人で行って来ました。

因みに定期的に、行っている東京交響楽団とは、別のオーケストラです。
こちらは、東京と交響の間に、都が入ります。

都が入っているか、入ってないか。で、ちょっと紛らわしいけれど。(><)

2ヶ月くらい前の、新聞の折り込み広告と一緒に、入る。都の広報誌に、コンサートの情報が出ていて、ネットで応募。
(都民なら、誰でも応募可能。申し込み多数、抽選。)

で、このプレミアムコンサート。都響が年6回、開いている無料のコンサートなんです。

それだけでも、凄い!けど、(もっと凄いのは)プログラムの中に、指揮者体験コーナーを作って、コンサートの中で、「体験したい人」を、募るんですよ。
事前に抽選で決めているのか?と思いきや。その場で挙手すれば、目に止まった人を選んでくれる。

クラッシックを、より身近に。都響をもっと、知って貰うために。

都響の皆さんが、努力しているのが、伝わってくる楽しいコンサートでした。

今回は、演奏曲目の紹介を、元テレビ朝日のアナウンサー、浅岡 聡さんが、務めて下さって。
聴くには、敷居の高いクラシックの名曲集を、独自の目線と語りで、わかりやすく説明してくれます。
これが、本当に、わかりやすくで良かった!です。

昨年の東京交響楽団さんの、「惑星」の時も、そう思いましたけど、浅岡さんの語り部は、変にかしこまってない。
のが、いいと思う。

今回の演奏曲目は、5曲。アンコールは、ビゼーの、くるみ割人形を含むカルメン。

娘は、カルメンに一番、反応しました。
それと、終始。指揮者の梅田俊明さんに。(笑)

梅田さんは、ここ2年。
娘の支援学校に、東京交響楽団の皆さんと一緒に、指揮をしに来てくれている方。

娘にとっては、それだけで馴染みがあり、親近感を持っているよう。

コンサートが終わって、帰る電車で、都響の楽団員の、お二方と会いました。
娘がすぐに気がついて、手を降って、愛想ふりまき~!

同じ駅で降りる時、少しお話ししました。
楽団員の方たちも、私と娘のことは、覚えていて下さってそれだけで恐縮。

何か、凄い奇蹟。その一本前の電車には、浅岡さんが乗ってました。

大きな楽器。ドラム、太鼓、ハープ、ピアノなどは、楽団の専用のトラックで、運搬されますが、
弦楽器、管楽器などは、自費で移動。それが、オーケストラでは、基本です。

華やかさだけではなくて、地道な苦労も、あるのが、オーケストラだと思います。

・・知れば知るほど。私は、はまってますね。

20160619_1.jpg
2016_06
15
(Wed)23:58

芽が出ました!&ベランダ菜園

先日、購入して種を蒔いた「育てるサラダ」。

なんと3日で、発芽。

20160615_1.jpg

水やりは、適度にして、普段は、ベランダ菜園の場所に、一緒に置いています。
一日、2~3時間は、太陽光にあてたほうが良いらしいので。

それから、毎年。夏の恒例で、今年もベランダ菜園をしています。

ここ数年は、ミニ・トマトと、ピーマン。で、時に、+なす。ということが、多かったのですが、今年は、ここにオクラ。

を加えました。

皆さん、オクラの花って、見たことありますか?
実際、私も初めて見ました~

花がこれ。↓

20160612_4.jpg

かぼちゃや、きゅうりの黄色い花にちょっと、似てる。

実も、オクラの先端が上向きでつくんですね。

それから、トマトの苗に、アブラムシが付くのに、悩まされていましたが、
今年は、Herbのフェンネルの苗を、傍に植えて害虫対策。

フェンネルの説明のタグに、防虫効果がある。と書いてあったので、疑いながらも、買って植えてみました。

今のところ、アブラムシは、やってきていません。
ラベンダーとは、ちょっと違う、どちらかというとミントの葉の匂いに、近いです。

だけど、ミントほど、香りは強くなく、小さな細かな黄色い花が咲きます。

2016_06
12
(Sun)23:10

ファミリーマート、「育てるサラダ」

先日、フジテレビのめざましテレビで、放送されて知った、「育てるサラダ」。

うちから、1分の、ファミリーマートで、見つけて買って来ました。

本当に、芽が出るのかなぁ。

土、肥料、種、容器がついて、480円。

自分で、収穫する。
ということが、良いですよね。


今は、流し台がある窓に置いているけれど、日照状況により、ベランダにいく。
こともあるかも。

・・一応、種は植えました。

20160612_5.jpg

無事に成長する。といいです。
2016_06
09
(Thu)23:16

陸上大会

先日も、書いていたとおり、地域の市民体育館で、3校合同の陸上大会。
がありました。

娘は、1000m走に、一つ年上の先輩の女の子と、一緒に女子の部に、参加。
体育館のトラックを11周走ります。

短距離専門の娘が、11周も走れるのか、半信半疑でした。

他2校の子供たちと、娘、先輩の女の子で、計10人くらい。

カラダは、もともと小さいほうだけれど、他2校の子と並ぶと、小学生と高校生。(苦笑)
と、見間違うかも。

結果、一度も止まることなく、走りきり、6位か7位。
はっきり、順位を覚えてないのは、私が泣いたから。(><;)

しかし、私は娘が1000mを走る。と担任の先生から聞いたときから、走りきれる訳がない。
と、ずっと内心、思っていました。

だけど、これは却って娘には、失礼でした。

いやあ、本当に頑張りました!

もっというなら、子供たち。
みんな、とても良い笑顔で、輝いていました。

娘が高等部になって、卒業しても、これからもずっと。
続けていってほしい。と思う、陸上大会でしたね。


余談ですが、娘のもと同級生で、今はクラス違いの男の子が、同じ1000m走に、出ました。
その子は、ぶっちぎりの1位。

小学1年生のころから、足の速い男の子です。彼は、算数が得意で、頭の中で暗算が出来ます。
素直で優しく、小学部の子供たちの憧れの先輩です。

そんな彼が、トップでゴール!したときは、みんな、お母さんたち、泣きました。
障害を持つ子供たちが集まる施設で、暮らしているお子さんです。

その施設にいて、そこから毎日、学校に通ってくる子は、多く、たいがいは、学校のイベントには、預けていても、親御さんが、来て下さるんですね。
でも、このCくんの場合は、施設の方がいつも来られます。幾度となく、行われる行事などに、同級生の親御さんが来ていて、クラスメイトが、親に甘えたりしている。
ところを、見ていて、ふと。
さみしそうな表情を、彼は浮かべる時があります。

みんなは、自分の気もちを知らない。と思っているけれど、そんなことないよ。

このままどうか。
今のまま、真っ直ぐ、大人になって欲しいな。

親じゃないけれど、君のことを、見守っている大人たちは、いっぱいいるからね。

2016_06
06
(Mon)23:54

副籍、地域中学校との打ち合わせ

・・が、本日ありました。

今年度は、今まで小学校で、交流をしていた学区内にある中学校ではなく、
通りを隔てて、かつて通った幼稚園がある地区の中学校が、副籍の指定校になったんですね。

市の教育委員会が、そう決定下したのですが、何故に!?

我が家から、徒歩で行かれる中学校は二校あるからね、致し方ないのだけど、知らない子。
いっぱいなのは、親子共々、少し不安かも。(;_;)

打ち合わせのあと、校内を、お世話になるクラスの担任の先生に、案内して貰いました。
吹奏楽で、市内では、有名な中学校。

部活動で、メンバーの皆さんが、それぞれのパートを、クラスに分かれて、練習をしていて、その様子も、少し見学。
させて貰えるとのこと。

ホルン、トランペットなど、みんな上手に吹いていて、最近。
オーケストラにはまっている私としては、音が聴けてちょっと、嬉しかったです。

今までより、交流回数は、かなり(参加出来る授業が、知的に難しく、少ない。)減るとは、思いますが、今年度も直接交流で、行く予定です。

2016_06
05
(Sun)23:18

大和君「許すよ。お父さん優しいから許す」 父親が語る/朝日新聞デシタルより。

大和君「許すよ。お父さん優しいから許す」 父親が語る。 /朝日新聞デシタル。

フジテレビのMr.サンデーを見ていたら、世界中に、今回の置き去りして、去ったニュース。
知れ渡っているようですね。

この国は、自分に育てられなくなったから。という理由で、親が、児童養護施設に預ける率が、世界中で1位なんです。
育てられない。=施設。という方式が、それしかない。と思い込みのように、成り立っている。のが問題だと思う。

しつけが行き過ぎ。今回に関してはそうでしょうね。
優しいから、許す。自分でいうかなあ。置き去りしておいて、さ。

真意と、やっていることを絶対、これは違うと、私は思っているんですね。

先のMr.サンデーで、子供たちの声を、聞いている場面がありました。

棄てられる恐怖を感じたから、1度は、追っても、あとは追わない。といっていた子がいました。


警察が、心理的虐待だと、児童相談所に通告書を出したそうですね。
私は、それが妥当だと思います。

今回のことが、大和くんにとって、トラウマになっていないか。
私は、それだけが心配でなりません。

謝れば良いのではない。しつけ?
反省するのが悪いとは、いいません。しつけの為。の言い訳も、首をしめるだけ。

手におえなくなったから、「置き去り。」という手段に、出たのでしょう。

幸い、生きていたけれど、これが死んでいたら。
どうなっていたのでしょうか。
想像したくないかも。(><)
2016_06
03
(Fri)22:33

愛の手帳の更新

・・の為、市内にある児童相談所で、発達検査を受けてきました。

知的障害のある子供たちが、貰える都の、療育手帳なんですが、都が定める年齢に、
発達検査を受けなければ、いけないことになっています。(3歳、6歳、12歳、18歳)

IQの伸びが心配だから、更新の発達検査は、受けないおこう。
という話も、周りでは良く聞きます。

3歳~6歳までのあいだは、3年だけれど、そのあとは、6年も間があくので、その間。
お子さんそれぞれに、出来なかったことが出来たり、言葉の数が増えたりなど、その伸びた部分を知る。

には、やはり。更新年齢で、受けるのはベストじゃないかなと思う。

集中力が足りなくて、というか、続かず(多動のせい。)、きちんと検査が出来なかった項目が、
あったらしいけれど。

上限IQ75を、外れるんじゃないかなと、思ってましたが、判定は4度で変わらず。

言葉の数は格段に増えて、コミュニケーションは、出来ていても、数学の問題とか、(ほとんど出来てなかった。)
解けてなかったよう。娘の不得手とする、割り算だったし。

更新年齢の時は、検査とは別に、小児科医の診察があって、それも受けました。

今、困っていることは、ありますか?

と、聞かれたけれど、特にありません。と答えた。

実際、本当にないんですよ。

あるとしたら、この先のことですね。と、そう返しました。

小児科医の先生、曰く、それは誰でもあるよ。
・・でした。

先生、苦笑い。

だけどね、こんなふうに、「困っていることは、ないですか。」
と聞かれて、何もないです。

といえるまで、言えるようになるまでは、長かった。

でも、明けない夜はない。じゃないけれど、その中で、
私も、娘も、頑張ってきたからこそ。
今があるのだと、思います。


次の検査は、18歳。

18歳になった娘?

いまは、想像出来ないなあ。

2016_06
02
(Thu)22:42

障害基礎年金

今日は、学校で、今年度の第1回目の、「進路保護者研修会」がありましたので、出向いてきました。

1部と2部に分かれての研修会。

学校のの進路指導部の先生たちの話。市役所の福祉課、年金担当の方のお話をそれぞれ、聞くことが出来ました。

その中で、今日は、障害基礎年金のお話をします。

これ、障害者が二十歳になったならば、誰でも受けられる。と思っておられるとしたら、それはNGです。

受けるには、障害と認定された時に、その判断を下した医師による診断書、病歴や就労状況など申し立て書など、所定の書類を揃え、必要事項を明記し、提出。

市役所を経て、最終的に、日本年金機構で、行われる審査を経て、初めて支給、不支給が、下されるんですね。

受給の審査の有無に、障害の度は、全く関係ありません。
・・としていますが、目安とする障害等級の項目には、1級と2級があり、内容を読む限りは、身辺自立が、出来ている子は、ほぼ対象外。

ですね。条件だけみたならば、ですけれど。
ようは、自分で、身のまわりのことを、ひとりで行える、親ないし、他人の力をかりることなく、日常生活をおくる。
ことが出来ているならば、まず、受給者からは外れると思ったほうが、いいかもね。

障害者年金の給付を、不支給と下されたら、国民年金保険料を、障害者でも、支払わないといけません。

正直。

これでは、何のための年金制度なのか。解らないですよね。
この国に住む全ての人に、加入する義務があります。

としていても、障害を持つ人達は、その国民年金保険料を、支払えるだけの、職に就ける。
そういう社会に、この国はなっていますか?

思わず、そう大きく声をあげたくなりました。

企業就労が出来たとしても、せいぜい稼いでも130000~150000円くらい。ひとり暮らしで、家賃、光熱費、食費など、諸々。
支払ったら、ギリギリ残るか。残らないか。

障害者の誰でもが、受けれる制度では、ない。
ということが、本当に問題だと思う。

でも、それでも、我が市の市役所の、障害福祉課の方たちは、、良くやってくれています。
今回。

参加した保護者たちに、配られた、「福祉のしおり。」「福祉施設ガイドブック」。
わかりやすく、大変良く出来ています。
障害児を育てる側として、こういうのは、本当にありがたく思います。

だけど、それと、これとは別。()

いつの日が、障害に制限なく、出来ることに制限なく。
誰もが、障害基礎年金を、受給。

出来る日が来ることを、切に願う。