2016_05
30
(Mon)23:49

運動会

28日の土曜日。

娘の支援学校で、小中合同の運動会がありました。

今回も私は、広報部の写真撮影担当。
よって、娘の写真は、夫が自分の一眼レフで、撮影しておりました。

小学部の子供たちは、みな元気いっぱい。かたや中学部のみんなは、走ることに燃えている。(笑)
そんな感じ。

娘は、今回。
リレーの選抜メンバーに選ばれまして、全速力を出すべく、一生懸命。
走ってましたね。

勝ち負けに拘るところが、ある娘なので、練習当初は、自分たちのチームが負けて、悔しがり、その負け。
が、許せなく、授業中に泣いたりしたこともあったようです。

でも、さすがに中学生。

最高学年の3年生なんて、みんな速い。
この前の高等部の体育祭でも、思いましたが、本気で走る姿は、みんなカッコイイ!

次は、来週。

娘の学校と、隣の市(両隣)にある各市の、支援学校の中学部と、行う陸上大会があります。

そこで、また走るらしい。
・・今度は、1位を獲得するぞ~!と、息巻いています。

2016_05
29
(Sun)22:55

「しつけ」で山林に置き去り、小学生が行方不明 北海道/朝日新聞デジタル

「しつけ」で山林に置き去り、小学生が行方不明 北海道/朝日新聞デジタル


このニュース、本当なのかな。

にわかに、信じがたい。

いくら、人に石を投げたりするといっても、そのまま。
山の中に、子を置き去りして、帰ろうとする?

・・しないでしょう。常識的に考えると、ね。

これは、あくまでも。
私の考える推測だけど、たぶん。このお子さんは、発達障害の疑い、もしくは、そうなのかも知れない。

普段から、この子の両親は、手を焼いていたのだろうね。
だから、頭に血が上って、「置いていく。」としたのでしょう。

発達障害の子供たちって、暴力的になる子と、そうではない子がいて、どこでそうなるのか。
発達障害を育児している親たちにも、その違いの有無は、解らないのよ。
特性として、みな、その特徴や要素が、見受けられるから。が、解らない理由。

ただ、言えることが確か。
なのは、暴力的な行動をとるということは、子供自身が、出しているSOSなんだと思います。

この子は、自分を、親に理解して欲しいのでしょう。でも、怒るばかりで、(自分がすることに対して)手が出てしまう。
自分に対して、理解を示してくれない、と。

ADHD、ADDのお子さんに、こういうこと。多くないかな。

もう、丸一日。経っていますから、水など飲んで、いないと、命が危ぶむリスクが高くなってきます。

何も持ってないそうだから、あと1日くらいのうちに、見つけてあげることが出来なければ、最悪の結末。
ってこと、あり得ます。

何とか、早く。見つかって!!

祈るしか、ない。
2016_05
26
(Thu)23:49

カシュクール・ワンピース

娘の、カシュクール・ワンピースを作りました。

皺がよっているよう?に見えるけれど、上半身には、ドレープはないよ。(><)


20160526_6.jpg


伸ばしてみたけど、ハンガーが悪いのか、吊り下げる場所が悪いのか、リバティに襞があるように、見える。

これは、間違い。

実際は、平です。


久し振りの縫い物。ミシンに向かっている時は、無心になれる。
私にとって、ストレス解消出来る、好きなことの一つ。

あと、スナップ・釦を付けて完成です。
2016_05
23
(Mon)00:06

高等部の体育祭

昨日は、高等部の体育祭がありました。

20160521173t.jpg


私は広報部の写真撮影で、出向き、夫と娘はレンタカーで、
茨城のほうで行われるRV車のマッドレースを観に。

なので、学校は私だけ。

娘が今の支援学校に入学して、7年目に入りましたが、最初から最後まで。
こうして、高等部の体育祭を観るのは、初めてです。

ずっとカメラを通して、生徒のみなさんを観させて頂きましたが、こうも小中と違う。
ものなのかと、思いましたね。

走る時は、みんな。本当に真剣にみんな、走るんですよ。なので、みていてとても迫力があります。
勝った、負けた、に一喜一憂し、走っている途中で、転んだ子がいたら、待機していてみている子たちが、手助けに入る。

みんなが、ひとつにまとまっていて、お兄さん、お姉さんらしくて、何だか感動。さすが! 高校生です。
走る姿が、どの生徒も、カッコ良かった!!!

巷のよろしくない報道のお陰なのか、それとも影響なのか。
今年から、組み体操が種目からなくなってしまって、個人的にはとても残念。

とても完成度の高いものだったのに。組み体操は、怪我しない動作を、教える先生たちが知らないと駄目なんです。
そういうのがきちんとあるのにも、関わらず、みなさん。自己流で教えるから、生徒が怪我するのです。

なので、過敏に反応せずに、怪我に繋がらない正しい動作を、先生たちが指導したら。組み体操は大丈夫だと思うけれど。

20160521r.jpg

普段、高等部の体育祭は、観ることは、ありませんからね。
・・本当に新鮮でした。

(子供が小、中学生在籍だと、みないもの。兄弟に、高校生がいれば別だけど。)

2016_05
19
(Thu)22:53

通学中の、嫌な声かけ。

これは、娘に起こったことではなくて、娘の同級生の子に、あったことです。

と前置きして。

娘の学年は、(中1)学校まで、一人で行き帰りが出来ているお子さんが少なく、同じ歳の子は、
娘とその同級生の子。だけなんですね。

なので、通学時間帯に、会うといつも一緒に、学校までの行き帰りを歩いているようです。

タイトルのそれは、娘が先週。発熱などで体調不良で、学校を欠席。した日に、
あったらしいと、他のお母さんたちから聞いて、「ちーちゃんがいたら、言い返してくれたのに。」。

・・私は、ごめんね。休んじゃったんだよ。としか、話に聞いた時は、返せなかった。

地域の小学校の生徒たちに、「お前、おばけ!」とか、汚い言葉を言われて、
この同級生の子は、動揺してしまったそうで、一人で通学。することに、嫌気が出ている。

ということでした。

しばらくは、親御さんが付き添って、登下校している。と聞きました。

その話を聞いて、思ったのですが、年齢的に考えると、そろそろ。もう、「お母さんが一緒に行ってあげるから、安心でしょ。」

ではなく、「私達(僕等は)、特別支援学校なんだけど、何か文句ある?」と、強く言い返す。
術を教えてあげるほうが、いいような気が、私はします。

心配なのは、理解出来るけれど、1人で通学。させるということは、そういった嫌がらせを、受ける可能性がある。ということも留意し、行かせる。覚悟を親は持っていないといけないと思うんですね。

全てが、優しいという社会では、まだまだ遠いこの国の社会だし、ね。


親が思っている以上に、子供たちは、時に残酷。
その言葉を理解して言っているかは、別にしても、何気なく発した言葉が、相手を傷付ける。
それに、子自身で、気付く年齢は、その子、その子によって、様々。違うのよ。

子供が解るまで、親が待って、手を出さないでいるのも、その後。
・・を考えると必要なこと。じゃないかな。

地域のこの小学生たちは、娘が通っている支援学校とは、年間の行事で、何度か交流があるんですね。
なので、多くの生徒さんは、黄色いカードを吊り下げていると、支援学校の子。だと解るはずなんです。

嫌がらせ。したのは、ごく一部の生徒だよ。と、他の同級生の子のお母さんが、言ってたけれど、全てを、偏見から、守れる訳ではありません。

これからの社会を、生き抜く力をつける為には、どうしたら良いのか。

・・考えること、かな。

2016_05
14
(Sat)23:14

第18回 国際バラとガーデニングショウ

・・に、本日。行ってきました。

物凄い人出です。

ほぼ、毎年。

来ていますが、今年は、少し。華やかさには、欠けるな。という私の、(あくまでも個人的な)印象です。

この1~2年で、テレビ番組、放送で、名の通った長渕剛さんの、奥さま。
志穂美悦子さんが、手がけるブースがあったりしたけれど、メインはそれくらい。

テーマがフランス。というけれど、私にはピンと来なかったですね。

薔薇は、庭に植えて、雰囲気を出す花。としては、限りがあるので、過去18年間で、もうテーマは、出尽くした感はあるんじゃないでしょうか。

これを、今後。
長く続けていくためには、反対に。変わらない薔薇がある、その花がある。風景がある。

イングリッシュ・ガーデン、普通のお宅の庭など、庶民的なことが、キーワード。じゃないですかね。


うちみたいに、庭が持てない家庭もあるし、目で見る。ものしては、こういうのは良いけれど、マンション、アパートなど。
敷地の確保が難しい。世の中になってきていますから、都心部では、こういう庭は、まず持つことは、無理でしょうね。

夢のまた夢という感じ。

だけど、バラは、好きなので、自身の一眼レフを駆使して、撮ってきました。

2016051455a.jpg

はかなげに咲く感じ。

20160514158g.jpg

架空の庭先と家。

20160514157t.jpg

これが、この家の庭先に出る入り口。

人。多かったけれどね、バラ好きな人には、楽しめます。

でも、小さくても、ある程度の広さ。
もしくは、いっそのこと、どこか田舎の広い土地を買う、とか。

じゃないと、こういう庭は、実現不可能だよな。

2016_05
13
(Fri)23:42

都知事の舛添さん。

本日の会見。

リアルタイムで、観させていただきましたが、なんとも釈然としないものでした。

私的に政治資金を使ったから、返金すれば良いという問題ではないと思います。

これはそもそも、政治資金規正法に、違反しない。のでしょうか。

でも、こんな方を、知事選挙で選んだのは、我々。都民なんですよね。

彼は、さすが元政治学者ですよね。
不祥事が起こったとき、上手く話す術を、持っている。

最終的な判断は、都議会ってことかな。

東京都知事。

あまり良いイメージ。持った方いませんね。

好きだったのは、青島さんと、石原慎太郎さんかな。
猪瀬さんは、最初は好きだったけれど、不祥事が発覚した時点で、嫌いになりました。

日本の首都を守る立場にいるのに、相次ぐ不正。
選挙で誓った、清廉潔白。うたっているのにねぇ。

都知事になったら、鼻高々になるのでしょうか。

都民に選挙で、選ばれたのだから。それを肝に銘じて貰わないと困るんです。

現都知事は、そういうことに、気持ちがいってない。気がします。
都民が、NOを突き付けるのは、時間の問題だと思う。

極端だけれど、大阪の橋下さんに、都を守って貰ってもいいかもね。

本当に、呆れてものが言えない。
一票を返して!

2016_05
11
(Wed)23:32

三菱自動車

不正の件で、毎日。紙面を賑わせているニュースですが、これは、とても哀しい。

個人的に、ね。

我が家は、娘が産まれて、3年後に自家用車を、手放したのですが、それまでずっと2台の三菱自動車のパジェロ。

乗り継いでいました。

パジェロ・エボリューションという、車。
ご存知のかた、いるかな。

それを、娘が産まれる前から、3.4年。乗っていて、そのあと普通のパジェロの大きいやつに、乗り換えたのですが、三菱の車って、もともと荒野というか、粗い道を走る。

ことを想定して作られているので、雪路とか、雨水があふれた通れない道とか、平気で難なく通れるんですよ。
もちろん、雪路はスタッドレスですけど、悪路を通れる技術を持っているのは、三菱自動車しかないんじゃないでしょうか。

それぐらい。
良い車を作っているのに、今回の信頼を裏切るような事実の発覚。

三菱自動車を愛している人たちは、きっと落胆し、泣いていると思う。

今もそうだと思うけれど、毎年。

パリダカールラリーで、日本人選手が、使う車が、三菱自動車のパジェロなんです。

まだ夫婦二人だけ。だったとき。市内にあるオートパックスに、篠塚建次郎さんと、増岡 浩さんが、走行イベントで来られたことがあって、そこに、夫と二人で、行きました。

増岡さん、運転の車に乗せて貰いました。

本当に良い車なのに。

今回のことは、哀しく、悔しい。組織ぐるみで?


消費者の信頼をこうも、見事に裏切られるのか。

・・心がそこに、ない。と思っても仕方ないかもね。

売り上げだけが、全て。じゃないのに。
会社にとっての、利益しか考えていない。気質に、社内が変わったのは、いつ?
なのでしょう。

例え、自動車業界の知名度から、転落しても、好きな人たちは、、離れなかったと思う。
トップに立つ人たちが、それに気が付いていたら。

細々でも、やっていけたのに。
今回の信頼を失う行為は、会社存続に、影響が出ますね。



2016_05
09
(Mon)23:34

日本の未来

・・ここ、何日か。

朝日新聞や、スマホのスマートニュースなどで、トピックスに取り上げられている記事の見出し。

3歳児、おなかすいて盗んだ 両親は借金背負い不在


中学時代、5千円で売春 「これで上履きが買える」

どちらも、酷いよね。

でも、この話。
今の日本で、起こっている現実なんだと思う。

貧富の差が、より激しくなってきているんだよ、この国は。

みんなが皆。職に就けない社会になっている。

ということでしょう。


子供に、罪がありません。親が貧困だと、子も、貧困になるんです。

最近、 子供の夢の一つに、YouTubebarになる。ということを挙げる子どもたちが、多くなっています。

これって、現代社会を象徴してますよね。


そもそも、YouTubebar(使った商品の使い心地、感想。自分が挑戦してみた動画などupして、いいね!が増えると投稿収入がUPする。)なんて、職業ではありません。

少なくとも、私はそう考えています。
だって、ブームですから、時代とともに、変わっていきます。

これから先。
必要となるのは、自分にしか出来ないこと、や手に職を付けることだと、心の底から私は思います。

子供の笑顔は、何ものにかえがたく、生きる希望を与えてくれるものです。


・・こういう子供たちがいる。
という日本の現実を、この国に住む人達は、知らないといけない。

そう思います。


そういった境遇に、置かれていない人達は、遥かかなたの国で行われている。ということにしか、うつらないかも知れません。

でも、知る。

大切なことです。

2016_05
05
(Thu)23:05

東京現代美術館、「ピクサー展」

・・いやあ。
物凄い人出。入るのに、80分~90分待ち。

まるでディズニーランドみたい。

一言でいうと、設立30周年のPIXAR社の歴史が解る展覧会で、それを祝う。という為の展覧会。

でも、面白かったですよ。
ただねー、人が多過ぎるのが、ゆっくり鑑賞出来なくさせています。みな、考えることは、同じ、ってことですねぇ。

ピクサー作品が好きな人には、楽しめるんじゃないかな。

娘は、モンスター・インクと、短編集の数々に、いちばん、反応してました。


DSC0023.jpg

出口にあったサリーとマイクの等身大の人形。思わずパチリ。このあと、娘と夫と家族で撮影。


DSC0026.jpg

5月末まで開催されていますが、出向くなら、平日昼間のほうが、空いていると思うな。

2016_05
04
(Wed)23:35

多摩動物公園

昨日、多摩動物公園に、行って来ました。
が、今日は緑の日で、入園料が無料! 今日、行けば良かったかな。

ライオンバスが、先日、改修工事のため、閉鎖になった。ということが、ニュースになったので、ご存じの方も、おられることと思います。

丘陵に、作られた動物園なので、坂道が多いところです。

DSC05321e.jpg

アフリカ像さん。

DSC05331w.jpg

アカカンガルーさん。寝姿は、なんかおじさんくさい。(笑)


DSC05335t.jpg

コアラさん。やはり夜行性ですね。昼間は、ごはんの時、以外はほとんどこうして、寝ているみたい。

良く、木から下に落ちないなあ。といつも思う。


娘は動物好き。
ウマや、トラ、ライオン、フラミンゴなど、沢山の動物に、とても良く反応してましたね。
久し振りの多摩動物公園。楽しかったようです。


さて、明日は、東京現代美術館に、行ってきます。5月末まで、ピクサーの原画展をやっているので、それを観に。

どうだったかは、また後ほど。

2016_05
01
(Sun)22:59

国立科学博物館 恐竜博2016

・・に、行ってきました。

開催がある。と知って以来、娘は行きたい! 行きたい!
と騒いでおりました。

さすがのGW。入場に40分待ち。
それでも、好きな恐竜で、好きな国立科学博物館。

おとなしく待っていました。エライ!

今回の目玉は、二大肉食恐竜の骨格標本。

スピノサウルスとティラノサウルス。

20160501r.jpg

噛み砕く歯が、ティラノサウルスは、鋭利です。

20160501_8.jpg

あと、恐竜に毛が生えていた説。どうやら、嘘ではないみたい。けっこう、毛がある恐竜、多し。

娘は熱心に、メモを取っていました。

見つかった化石は、こんな風に、ひとつひとつ削って、展示するそうです。↓

201605018h.jpg

物凄い細かい作業で、削るところによって、先を変えます。
集中力がないと、続かないと思う。

形になっていく様を、自分で削って、表していくのだから、好きな人には、たまらない。
作業なのだろうな。

朝日新聞が、スポンサーなので、こんな風に館内に号外が。

20160501m.jpg

メダルは、向かって右が、今回の。(裏に、名前と日付が刻印出来ます。)
左のは、以前。私と娘で、あいうえの、のプログラムに参加した際、帰りに寄った時に、作ったメダル。

上野のこの、美術館界隈は、私も娘も、お世話になった場所なので、自然と大好きになりました。

久し振りの上野。
何だか、嬉しかったです。

次は、夏の、東京文化会館かな。

このあと、浅草に寄って、もんじゃ&おこのみ焼を食べて、浅草寺に寄り、帰って来ました。

余談ですが、国際色豊かな浅草。
3~4割ほど、ほぼ観光客は、外人さんです。