2015_11
30
(Mon)23:37

「僕は不幸じゃない」 障害児発言、ダウン症青年の思い/朝日新聞デジタルより。

「僕は不幸じゃない」 障害児発言、ダウン症青年の思い/朝日新聞デジタルより。

この青年のあべけん太さんとお父様。

TBSで、現在。放送中の、「私の何がいけないの?」

で、タレントの奥山 佳恵さんが、息子はダウン症なのです。と公言なさった回の、将来の例として。
VTRで、出演されていたのが、お二人だったと思います。この時は、ひとつ上?のお兄様も出演されてました。

通勤も、全て一人で出来て、着替えも自力で出来る。会社では、PCを使った資料の入力を任されていて、立派にこなしている様子が、放送されてたのを、記憶しています。

通勤、通学の練習も、お母様がやっていたと、放送ではおっしゃっていたけど、今。

こんなに輝いている、息子さんを見たら、どう思われるのかな。

私も、娘を生んだけれど、娘は、この世に生まれて、不幸なのか?
そうは、思ってないです。

娘は、ハンディキャップがあるけれど、あるからこそ。
歩めない人生って、絶対ありますから。

だから、決して不幸ではない。

障害者だから、生まれてきたこと。が不幸。と決めつけて、言うのは、やはり、健常者の目線なのです。

世には、障害者、健常者と共存して、存在し生きているのですから、この世に生きる全ての人達が、みんな。

平等にあるのだと。意識しないといけないんじゃないのかな。

常に障害について、偏見を持ち、報道があったようなひとたちのように、いらぬ発言をしたりします。
でも、感じるのも、思うのも、人それぞれだから、それはそれで良いとは思う。

今、生きている社会には、障害を抱えても、それでも前を向いて、生きている、人達がいる。
・・ということを、留意し、発言をして欲しいですね。


2015_11
28
(Sat)23:16

6年目の学校祭

今日は、娘の学校祭(実際は別の名前がありますが、特定されないよう敢えて伏せています。御了承下さい。)の日でした。

小学部は、学年が多いので、1.2年生、3.4年生、5.6年生と、それぞれ組みます。
したがって、演目は3つ。

今回も、やっぱり泣きました。

特に娘を含めた6年生、全員。この6年で、良くぞ、ここまで。
成長してくれました。

というくらい、みんな上手でした。一つ年下の5年生を、6年生が、ちゃんと引っ張っています。
・・もうそれだけで、GOOD!!!

冒頭は、ピアノを習い事でも、やっている同学年の男の子が、弾きます。

私はそれだけで、感動。

数年前まで、出来なかったりしたことが、6年生になったことで、出来るように。
その子なりに、進捗度は違うけれども、個々に出来ることが増えていますね。

JSBのランニング・マンとか、銀河鉄道999とか。曲に合わせて踊る。
複雑なステップ、です。

どれだけ練習を積んだのか。
みんな、ちゃんと踊っていました。

DSC05130s.jpg

これはランニング・マン。
因みに後ろの背景も、みな生徒が、図工の時間を使って、色づけして、星の額も、作りました。

DSC05131a.jpg

写真、向かって右から2人目が、娘です。
変わらず、背丈が、学年で一番下くらいに、小さいです。右隣の(写真上では。)五年生の子と背丈が同じ。(苦笑)

DSC05136b.jpg


みんな上手。

昨年度と今年度。

図工の専門の先生が、5.6と入ってくれたお陰で、子供たちの芸術的なセンスが向上したような気がします。(^-^)
S先生、本当にどうもありがとうございます。


DSC05137h.jpg


架空の街という設定。

細かいこと。

みんな、良く出来ています。
これで、少しでも将来の就労に、繋がる道が見つかると、親は思いたいかなあ。

そうは、上手くいかない。
余計な期待はきっと過多。

気構えることなく、「さあ、行っておいで。」と、声をかけ、送り出すくらいで、親は、いいのだと思いますね。

出来ないことばかりに、目を向けるのは、障害児の親には、多くありがちです。

でも、それは親の目線であって、必ずしも子に当てはまることではない。ということを、親たちは知ろうとしないといけません。

そこを、取っ払うと、こんなことも、本当は、出来たんだね。

と、反対に、気付く。

ことも、あるんじゃないかな。

2015_11
27
(Fri)23:59

中学部の子供たちが、作ったもの。

娘の学校は、明日。(11/28)

は、年に1度の学校祭です。

中学部以上の子供たちは、授業内で、作ったアクセサリーなどの作品を、一般に販売する。

時間が設けられて、その間。みんなは、接客&精算を、個々。担当します。

何故か。

将来の就労に少しでも、繋がる道筋を、作るためです。

娘は、まだ小学部なので、明日だと、買いたいものが、なくなってしまう。ということなので、小学部の子供たちだけ。

前日に、買い物をして良い。

ということになったようで。娘が、ママの為に。

と、買ってきたのが、これ。↓

20151127_1.jpg

中学生のお兄さん、お姉さんたち。
・・物凄く器用。

こういう細かいこと。出来るのですから、もっと。
企業は、障害者を、採用して欲しい。

出来ないことに、目をやるより、出来ることに、注目して欲しいな。


向かって左。牛乳パックを再利用し、紙漉して作ったハガキ。

ビーズの飾りのゴムは、生徒が、テグスに一つ一つ、通し、形作ったあと、テグスの先を、接着剤で留め。
そこにゴムを通し、ゴムの結び目は、飾りの中に、隠して。


キラキラのマグネットも、ひとつひとつ。
生徒が、貼ったんですね。

物凄く細かい。
でも、知的障害を持っていたって、こういうこと、出来るの。

障害者だから、何も出来ない。

・・なんて思わないで欲しい。何か必ず、そのお子さんには、出来ることがある筈だから。

そこに、気がついて、「本人の好きなこと、出来ること。」として、伸ばしてあげて欲しいな。

早速、冷蔵庫のドアに、マグネット。使っています。


2015_11
26
(Thu)23:55

12月のカレンダー。2015.11.26.

今日は月末なので、いつものようにカレンダー。


20151126_1.jpg

頭に、浮かんだのは、当然。(^^;)

クリスマス。

当初は、家族三人。描きたかったようですが、自由に描いていたら、パパを描くスペースがなくなった?()

で、結果。

二人になっています。

娘は、今年。
サンタクロースに、リクエストしたのは、妖怪ウォッチ。

・・・のジバニャンのワンマンショー。というメダル付きの、声が出るぬいぐるみ、です。(苦笑)

来春。

中学生になるのに、これって、どうなの!??

と、思いながら。

娘が、喜ぶなら、それで良いかあ。

知的障害児、育てていると、こういうこと。多いよね。

ここで、幼いことを、親が否定したら駄目なのよ。

発達に凹凸があるのだからね。

・・そこを理解し、その点を常に、考えて親は、子と向き合わないといけない。

それが、発達障害を抱える子を、育てる。
・・ということだと、ようやく。わかってはいるけれど、冷静に、ここのとこ。

思えるようになったかな。





2015_11
25
(Wed)23:55

精神障害、暴力の末に…長女殺害「お父が足らんかった」/朝日新聞デシダルより。

精神障害、暴力の末に…長女殺害「お父が足らんかった」/朝日新聞デシダルより。(記事の古さ、新しさにより、朝日新聞社のほうで、記事を任意によって削除されます。よって自動的にリンク切れになることもございます。御了承下さいませ。)

・・この話。

笑えない。

たぶん、障害の種類は関係なく、育児の大変さから、誰でも起こす。
ことのある衝動的な行動じゃないかな。

そう、思い考えるのは、私だけ?

この長女さんの場合、もとは健常者で、後から精神障害を患った。
から先天的に障害がある。

場合とは、困難さなどは、多少は違うかも知れませんが。


家庭の中で、抱えなきゃいけない。
相談窓口が増えた。といっても、家庭で抱えるケースは、多いです。

そう思い込まないで、行政に、親御さんたちが相談し、人の手を借りられていたら。
きっと、もっと違っただろう。

あとは親が、ちゃんと子供の変化に気付く。ことも大切です。

この当事者のお父さん。
みたいに、後から気が付いても、後悔は先に立たず。だと思います。

・・だからこそ。

首を締めてしまう前に。

今一度、ふと、考えて欲しかった。

育児していると、常に冷静沈着でいるのは、難しいけれど、子供の様子。
をみるのには、遠くから離れて見る目も、時には必要です。

姿を見せずに、いると。

親は、ここにいない。と解るから、親の姿を見ただけで、様子が変わる。
というような子には、一人にさせる。

必要だと思います。

・・これは、あくまでも私の持論です。あしからず。


でも、弁護士さんが、彼に見せた、長女の日記。
ここに、全てがあるんじゃないかな。

2015_11
24
(Tue)23:56

彼は、きっと、障害者。

野々村元県議の初公判延期 「精神的に不安定になった」/朝日新聞デシタルより。

きっと、彼は何か障害を持っているのではないかな。

たぶん。

注意欠陥障害(ADHD)か、アスペルガー症候群。
それとも、パニック障害か。

行けません。で延期になるなら、周囲が、きちんと対処しないといけないですね。

でも、これは、野々村さんの、甘えからくるもの。だと私は思います。

障害があったとしても、彼は知的には問題がありませんから、何で出ていかなくては、いけないのか。
理由は、理解はしているからこそ。

今回のドタキャンなのです。

解っていなければ、ドタキャンは出来ない筈。

次も拒否したら、強制的に出てくるよう。裁判上は、請求出来るのでしょう。

障害は、障害。
でも、野々村さんの場合。自分の意志で、不正をしている。


理解していない、のではなく、解っているのではないかなあ。

・・私にはそう思えて仕方ないです。


2015_11
23
(Mon)10:47

Disney Sea 2015.11/22

娘は、この日を指折り数えて、本当に楽しみにしていました。

今日は、朝、11時頃。

付いたのですが、この時点で、東京ディズニーランドは、既に入園規制。

なので、当日券を求めて、入園出来なかった人たちが、まだ規制がかかっていない、ディズニー・シーに。
あっというまに、入園規制。

12月に入ると、両パークとも、混雑すること必携。
それを、見越して行かないと、この時期は、どこもダメかもしれません。

特に、クリスマスから年末年始は。


入ってすぐ。

娘が熱望していた、アリエルのグリーティング・フロッドに行きました。(ここは早く閉まってしまうので。)
念願の写真がこれ。↓

201511232e.jpg

アリエルに、サインを貰って。

To○○へと書いてもらって、更にご満悦な娘。

カタコトの日本語で、娘の相手をしてくれるアリエル。
日本語を、勉強してくれているのが、解って、何だか感激。

そのあとは、ターキーレッグを、食べたり、アリエルの新しくなった、マーメイドラグーンのショーを観ました。


人が多かったけれど、十分。楽しめました。

201511234g.jpg

写真は、マーメイドラグーン。

ショーが、変わって8ヶ月。人の波、全く変わりません。(苦笑)


入るのに、3時間くらい待った。(^^:)



最後に、ダワーオブテラーに、乗ったけど、終わった瞬間。
娘は、大泣き。

一緒に乗ったゲストの皆さんに、「頑張ったね。」と、声をかけられるくらい。(苦笑)


それでも、ディズニーは楽しかった!

また、行きたいです。

2015112314a.jpg


2015_11
21
(Sat)23:37

妖怪ウォッチ、アドベント・カレンダー。

一ヶ月くらい前に、プレミアム・バンダイさんのほうに、頼んだのが、ようやく今日。

届きました。


20151121_1.jpg


まだ、11月なので、使うのは12月1日からです。

そうしないと、用途の意味がありません。(苦笑)

娘は、扉を開けたがっていますが。

ひとつ、ひとつ、開けていくと、そこに、妖怪ウォッチのキャクターの、小さなオーナメントが入っているんですね。

それを、出して、一日、一個。

ツリーに、飾っていく。

そういう楽しみがあるのが、このアドベント・カレンダーの良さ。

だけど、うちは、ミッキーマウスのポール・ツリー。12個しか、オーナメントは吊せません。
なので、残りの12個は、ガーランドにして、飾りたいと考えています。

去年は、私が、ディズニーキャラクターの、グーフィーのものを集めていた時に、米国のebayか、ヤフーのオークションで買った?
(娘ガ生まれる5~6年くらい前。)グーフィーのアドベント・カレンダーを、娘と一緒に使いました。

私ひとり、使っても意味ないですからねぇ。子供が使ってこそ、活きるカレンダーですもん。(^-^)
街も、空気も、様々なところで、クリスマスが来たな。ということを感じる季節になりました。

そんな中、季節の移り変わりを、こういう形で、子供と一緒に、楽しむ。
のも、日頃の、育児の大変さとか、疲れとか。関係なく、忘れさせてくれるひととき。じゃないかなと思います。

肩肘張る必要なく。

・・雰囲気に流されてみるのも、いいんじゃないかな。
終わったらまた、再び。

襟を正せばいい。

今は、一緒にクリスマスを楽しんで。

さあ、明日は、Disney Seaです。

娘は、学校に行っていても、あと何日。
指折り数えて、心待ちにしていました。

何とか天気は、1日。
曇り空で、持ちそうな予報。

また、様子は、後ほどUPします。

・・おやすみなさい。


2015_11
19
(Thu)23:51

大沢樹生さん。

大沢樹生さん「長男と親子関係なし」認定 東京家裁判決。/朝日新聞。

この話。

裁判して、決着つける必要。そもそもあるのでしょうか。

ようは、個人的な、問題。

で、あくまでも大沢さん。自身が蒔いた種が、大きくなって、そうなった訳ですから、大沢さんと、元の妻の喜多嶋さんと、話し合って解決。


すれば良い話です。

騙されたことを、恨みに思って、DNAの鑑定を受けるまで、他人の子を、養育してきた年月と、精神的ダメージを受けた。
ことに、代価を支払って欲しい。

・・そういうことですよね。裁判を起こした要因は。

自分のことだけで、18歳になられた、(以前、何かの番組に父子で出演されてましたが、息子さんは、障害を持っておられたと記憶。)息子さんのことを、ひとつも考えていない。ように思えます。

安藤優子さんの言うとおり、親子には、様々な形があって、それそれに色があって良いと、私も思う。

可哀想なのは、18歳の息子さん。

大沢さんが、大好きなのでしょう。


・・言いたいことがあるなら、直接。元の妻に、言えばいいことなのではないでしょうか。

裁判することで、大沢さんは、事実関係がはっきりして、良かったと安堵されているのかも知れませんが、その思いと、法により、判定を下されたこと。

によって、18歳の息子さんの心は、ズタズタになったんじゃ?

私は、そのことが、心配です。

血が繋がっていなくても、一定の長い年月を、一緒に過ごしたらそれは、家族。
すなわち、親子。

と表現しても、おかしくはない筈。

息子さんの想いを、もっとご両親は、考えてあげて欲しい。


2015_11
19
(Thu)23:27

障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言/朝日新聞デシダルより。

障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言/朝日新聞デシダルより。

未だにこんなことを言うご年輩の方。いらしゃるんですね。

60~70代くらいの人たちは、昭和の初期(10年から20年)の間に、生まれた人たち。

日本が、高度成長期に、これから差し掛かっていく。というような頃。

現在みたいに、物も充分になかった時代ですから、頭の堅い人がいても、おかしくはないでしょう。

でも、だからと言って、こういう弱者軽蔑。とも言える発言をするのは、やはりいただけません。

障害を抱えていても、豊かな才能を、持った子もいるし、実際にその才能を職業にし、生活している子もいますからね。

後から、発言を撤回。したとしても、私だったら、こんな人に、絵は習いたくはないなあ。

とても、障害者どころか、健常者にも、うまく教えられる。とは思えないもの。


そりゃあ、お腹にいる段階で、知的障害の有無が解ったら?

いいとは思う。

でも、それで、堕胎する、しない。を決められる?

何年も待って、授かった子で、待ち望んで妊娠したとしても?

以前は、そういう検査があれば、いい。と思っていたけれど、検査があっても、脳の中枢神経のどこに、障害があるのか。
それが解らなければ、障害は、なくなりませんからね。

そんな夢のつづき。のような事を考えるより、命を授かったのだから、その授かった意味を私は考える、な。

命を授かった時点で、絶対に意味がある筈ですから。

2015_11
17
(Tue)23:04

娘の公共機関を使った一人通学、その後。 2

先月、書いた記事です。

娘の公共機関を使った一人通学、その後。(子離れ&親離れ)

この時から数週間、経過して、一昨日の月曜日は、朝と帰り。

学校=公共機関のバス停。ということにし、朝は、一緒に公共機関のバス乗り、学校最寄りの駅まで。

帰りは、学校を出て、本人の歩くペースを、考えてその時間帯に、バス停で待ってました。

でも、正式には、早く付いてしまったので、近くのカフェで、ジャスミンティーを飲んでから。(笑)


娘、走ってきたのか、汗だく。

しかしながら、やっぱり、この子はやれば、出来る。それも環境さえ整えば。
・・そう思いました。

1週間、マイコプラズマ肺炎で、一回。スルーしたので、予定より、1.2週。
家の近くから乗車する公共機関のバスから、一人で行かせる。

ことが後ろ倒しになりますが、
このまま、上手くいけば、4月に中学部に入学する前までには、それも出来るようになるのではないかな?

と親の私は、考えていますが、娘のメンタル面も考慮することも、必要ですから、若干。

それよりズレ込む可能性はありますが、きっと大丈夫。

来年度は、防犯ブザー、見守りケータイ、PASMOかSuica。
用意しなきゃ。

今は、「助けて下さいカード」を、提示して、親ないし、学校へ。

電話して下さい。と頼むんですよ。と娘には、言っています。
過去、そうして何度か、私の携帯電話に、かけてきてくれた方が、ありました。

それは、それで。
困った感が、伝わっていて、親の私も、かかってきたことで対処は出来ます。

でも、やはり。

自分の力で、電話する。

ないより、絶対。あったほうが、将来的に考えると必須だよなと。

一人通学が出来ていれば、携帯電話も、Suicaも、防犯ブザーも、持つのに、制約はないそうなので、
来春からは、そういう状態になります。

SBは、あと3年間。

乗車出来ますが、来年度は、乗車しない。方向で、来年2月の申請は出します。

親子間の、甘えとか、距離感の問題だから、やろうと思ったら出来る。
と、もう解っているからね。

余計な、親の手出しは、しないよ。

頑張れ

ちーちゃんは、出来る!

2015_11
14
(Sat)23:54

バック。

久々のハンドメイドの話題です。

現在、作製中のが、これ。


20151114_6.jpg

本の生地は、赤いですが、その赤の部分は、ベージュのニット生地。

レースは、スカラップ生地。サイドの花柄は、厚手のコットン。

20151114_7.jpg


裏地の一部に、CHECK&STRIPEさんの生地を使用しますが、ほぼ90%。は、鎌倉スワニーさんの生地です。


問題なのは、持ち手。

皮の持ち手は髙いので、共布で自作。

良い感じで出来れば、全て。万々歳!ですね。(^-^)



2015_11
13
(Fri)23:57

親として向き合うことの大切さ。

「お父さんが憎い」言えるまでに1年 心のふた取れた/朝日新聞デジタルより。

・・笑えない。

朝日新聞の記者の方が、取材を2年。続けていらっしゃる、「あいち小児保健医療総合センター」は、両親から虐待を受け、心理的に支障をきたし、心に傷を抱えた子供たち。
を、積極的に受け入れ、専門の治療を行うことで、有名です。

私も、この記者さんとは、別の取材したライターさんが、出した本で、実状を知りました。

親の代わりとなって、誰かが自分と向き合って、声を聴いてくれる。

どんなに、彼等にとって、救いの場になるでしょうか。

・・これからの、この日本は、こういう場所が、もっと。現在より、必要とされる。
社会に、よりなっていく。と思う。


それには、子供を産んでも、職場復帰出来る環境、子育てについて。悩んだらいつでも、相談できる支援1センターや、児童相談所、保健センターなどの繋がりなど、幾つもあって、密にあるか。

どうかで、大きく変わる。

それが必要だとこの国は、気がついているのに、何ら有効なことをしていない。
のが、何より大きな問題です。

虐待する親は、自身も、親に同様のことを、されてきた。方が大多数なのよ。

連鎖している訳だから、親になる前に、何か。(虐待を受けてきたことに対する。)
プログラムというか、ケア。が受けられたら。

お腹の子に、連鎖することは、少なくならないかな?

朝日新聞社の、この取材と企画。

提言と親たちが知る意味でも、とても良い思います。
・・・現状を伝える。のは、本当に大切ですから。

2015_11
10
(Tue)23:49

小学校内で喫煙指導、そこで「大麻吸った」告白〝発覚〟…入手経路や使用方法も説明 教育関係者に衝撃/産経新聞

小学校内で喫煙指導、そこで「大麻吸った」告白〝発覚〟…入手経路や使用方法も説明 教育関係者に衝撃/産経新聞WESTより。

この話。

真実なのでしょうか。

だとしたら、これからの子供たちは、より薬物であったり、タバコなど手にしやすく?
なる環境に、現在がなっている。

ということですよね。

タバコも、大麻もどうやって、入手したのでしょう。

警察には、入手経路や、吸引方法まで、説明したそうですが、まだ11~12歳。
じゅうぶん、子供。

少し前に、インドネシアか、タイだかアジアの国で、1.2歳くらいの赤ちゃんが、タバコをくゆらしている。
映像が、世界的に、話題になったことがありましたが、今回のことは、あれと同じですね。

学校で、指導していたというけれど、そのことに対して、親たちは、何て言っていたのでしょうか。
少なくとも、煙草は、このお子さんたちが、小さな頃から。

親が吸っていて、その時から、タバコの匂いに、馴れていたのでしょう。
だから、自分でも、吸ってみたくなった?のかも。

興味を持つには、何かきっかけが、きっとあったと思うな。

娘と同じ年頃。

この話。

俄に信じがたい。

日本も米国並みに、低年齢層に、薬物が蔓延する。

・・そんな社会。が来ないことを、と祈ります。


2015_11
07
(Sat)23:55

東京モーターショー

本当は、開幕してから、その週末に行く予定にしていました。

でも、娘は、開幕初日に、マイコプラズマ肺炎を発症してしまったので、行けず。

開催期間が、明日の日曜日まで。

なので、家族3人で行きたいと思っていますが、当の娘が、まだ昼間は、咳をちょこちょこ。
しているので、万全とは、言えません。

もう、チケットを夫が購入してしまっていますが、明日は夫だけ、行って貰おうと思います。
夫は、自分が、娘といるから、ママが行って来たら?

と言ってくれましたが、22日のディズニー・シーには、娘の体調が万全にさせる為には、
母の目が必要だと思うからね。

なんか。さっきネットで見ましたが、

今日は、SKE48だか、アイドルさんたちが、東京モーターショーに、来たそうですね。

確か。オリンピックと同じで、4年に一度。東京の開催だったと思う。


2015_11
05
(Thu)23:44

マイコプラズマ肺炎

娘の、現在。

患っている肺炎は、マイコプラズマ肺炎と判明。

消去法で、細菌、ウィルスと、いって最後はマイコプラズマ。

これは、血液検査で解るんですが、娘はすると解った瞬間。

その場から逃げやがった。(笑)

インフルエンザとか、指先にチクッと刺して、血を取ったりして。そういう検査を、ここのとこ。

立て続けにやっているので、拒否反応があるのでしょう。


かかりつけのお医者さんと、看護師は、娘の障害のことを、知っています。

娘の支援学校の、支援計画に於いての支援機関の共有。
ということで、知らせることが義務じゃないけれど、資料を共有しましょう。

ということになっているので、自然とお互いに、解っている。という。


なので、今回の血液検査にしても、採血出来ないからといって、1~2回トライしたあと、

「これ以上、やりすぎるとちーちゃんのトラウマになるから。」と、なし。にしよう。

と、いって下さいました。

その後。

やっぱり、マイコプラズマ。

抗生物質が効いて、夜の咳が、嘘のように減ってます。

4年に1度。流行?
これ、嘘ですよ。もはや、毎年。


罹患する子供も、大人も、増えていると思うよ。

もう、1週間近く、休んでいるので、心配のメールが、クラスのお友達のママから、きました。

Mくんも、修学旅行前に、発熱を繰り返していたそう。

・・おそらく。

娘の学校で、どの学年、学部で、マイコプラズマのウィルス持った子が、二、三週間前にいた。

そこから、貰ったのだろう。
間違いなく、これは学校間の感染かも。

娘。

適性の抗生物質のおかげで、だいぶ。症状が落ち着きました。
週末、はさんで、月曜日は(7日の土曜の振り替え)休み。

翌、火曜日から登校させる予定でいるけれど、娘の状態によって、それも変わってくるかも。

臨機応変ってやつです。


マイコプラズマの厄介なところは、免疫力のある成人や、小学生、中学生、高校生など、幼児ではなく。

比較的、免疫力のあるひとたちが、かかる肺炎なんです。

ただの風邪。と思わずに、風邪症状が現れた時には、血液検査して下さいね。
それで、ほぼ。

判ります。

2015_11
03
(Tue)16:18

気管支炎による、肺炎

・・と娘は今日、診断を受けました。

先週、土曜日に受診した時点は、インフルエンザか、風邪か。

と思って、いつもの解熱剤、抗生物質、咳止め、鼻炎アレルギーなどの、薬を処方。

して貰って帰ってきました。

が、日曜日と、咳が酷くなる一方。

これは、絶対におかしい。と、母の勘。

二度目のインフルエンザの検査、血液検査、胸部のレントゲン。を、撮って貰った。

気管支の炎症と、肺にも、少しの炎症というか、なんていうのか、右の肺の上のほうが、ちょっと白く曇っている。

これは、炎症を現している証拠。

即刻、経過観察です。明日は祝日。おまけに、水曜日は、掛かりつけ医は、毎週の休診日。

今度の木曜日に、処方された薬で、炎症がどうなったか。
再び、胸部のレントゲン。

を撮る予定です。

気管支が弱いのは、私の遺伝。

親の私も、気管支は弱くて、実は肺炎は、2回くらい患っています。

二度とも軽度なのですが、うち1回は、娘がお腹にいるときに患いました。
夫の会社の保険組合の、家族向けの検診で、異常が解った関係で、治療を指定された病院が、我が家から、5駅先の病院。

あのときは、6~7ヶ月。お腹に被爆しないよう、防護服?だったかな、防護布だったか。
....を付けて、撮影した記憶しています。

昔ほど、肺炎は、怖い病気ではなくなった感は、あります。

が、ここ数年は、マイコプラズマ肺炎などの、いつのまにか。罹患していて、酷くなってから。

気がつくことも多いものです。

咳、発熱。ただの風邪と侮るなかれ。