2015_05
30
(Sat)23:01

小学生、最後の運動会

昨日、運動会がありました。(小中合同で、高等部は先週末、体育祭という形です。)

天気も良く、まさに、これぞ運動会!という日和でしたが、今年は、季節外れの暑さ。

校庭に立っているだけで、日焼け。(苦笑)

玉入れ、徒競走、よさこいソーラン、どれも頑張りました!

DSC04964t.jpg

娘と同じクラスの同級生の男子生徒と一緒に、二人が持っている大漁旗も、子供たちが皆で、図工の時間に作ったものです。

旗を持ち、他の皆が、ソーラン節を踊るため、定位置に立つ時に、二人が後ろで互いに、入れ替わるように走ります。

これが自分に出来るのか。失敗しないよう、気を付けなきゃ。と当日まで、ずっと、本人。気にしていました。

夫の撮った一眼レフのカメラには、晴れやかに笑う娘の顔が。(^0^)

この日を、とても楽しみにしていましたからね。


DSC04961.jpg

男の子は、みんな足が速い。

体格も、兄と妹。というくらい背丈が彼等は、あるよ。
・・というより、うちの娘が、小さすぎるんだろうな。

ホントにね、雲一つない、青空。

低学年の子供たちも、中学生のお兄さん、お姉さんたちも、みんなとても頑張りました。

特に中学三年生の、組み体操は、素晴らしかった!です。
上段に、上れるのか、ハラハラしながら観てましたが、いやあ。みんな見事!!

上に立って、ヤー!
と言い、ポーズを決めた時には、ちょっとウルウル。

来年は、娘も中学生。

組み体操があるよ。出来るかなあ。

支援学校の運動会は、子供たちの障害などによる、出来る事、出来ないことに、出来るだけ配慮した形で、演目が決められます。

障害物競走とか、テンポの速い曲を使った、複雑な動きをするダンスなどのお遊戯は、彼等にとっては、難しいんですね。
なので、視覚的に解り易く、一つ、一つ。丁寧に動く動作に、絞ります。

だから、普通の学校での運動会を、想像すると少し、多少の違和感を抱く方も、多いかも知れません。

でも、今。出来る事を頑張れば、それでよいのです。

自分たちの所属するチームが、優勝!
したと解って、大喜びする子供たちを見ていると、優勝=一位。だとちゃんと、解っているのだなと。

理解出来ないから。というのは、きっと親を含む大人たちの、穿った見方。

今回だけという訳ではなく、毎年。運動会には、「介護体験&実習」として、将来。

養護教諭を目指している大学生に、クラスに入って貰い、子供たちとふれあい、養護教諭のノウハウを学ぶ。
ということで、毎年。

10~30人程度。来られるんですね。

娘のクラスにも、学生さんが二人、それも、うまい具合に、男女。(笑)
女の子の学生さんは、リラックスしているのに対し、青年のほうは、緊張感アリアリ。(笑)

でも、それにも増して、偉かったのは、担任のM先生。
運動会の後。

一息ついた時間に、子供たちが皆で、すごろくをして遊んでいます。
そこに、学生さん二人も参加。

先生は、それぞれの子の、連絡帳に、「今日、どんな様子だったか。」書いてる。

関わり方を、学生さん。二人に考えさせてる。

M先生、何気にスゴイ!

これ、同じ立場だったら、私には出来ないかも。


そんなこんなで、運動会。
無事に、終わりました。

明日は、振り替えでお休み。
例によって、近所のイトーヨーカドーで、ゲームです。
2015_05
29
(Fri)23:26

「アルジャーノンに花束を。」第七回の放送を観て。

今夜、九回目が放送でしたが、まだ当方は、観ておりません。

録画したままです。

いきなり、遥香とどうして、肌が触れあう関係に進む、展開になるかなあ。

山下くん、演じる咲人くんが、手術によって天才になる。ということを私が、観ていて、受け入れてない。
のだと思う。(どうしても、障害者の親という視点で見てしまうので。話が話だけに、ね。)

これは、非現実的。

これからの現実社会に、ほんとうに、あんな魔法の薬と外科的手術が、存在したら?
この世界から、自閉症を含む発達障害の子供たち、大人は、いなくなっているかも。

やっぱり、あくまでも架空。

それに、期待していたほど、ハンディについて。話が描かれてない、印象です。

恋愛を絡める。というのが、無理があります。
いくら視神経に、手を加えたからといって、急激に、それまでなかった、感情が育つ?
のでしょうか。

ここに、共感が、私にはどうしても出来なかったです。

・・幻覚が見え、退化していく、のうみそ。

確か、D・キースさんの、原作では、自分から知的障害者施設を、選び、そこに入る事を選択する。

んだったと思う。

終わりはどうなるのか?

解りませんが、少なくとも、ジャニースである山下智久さんが、演じることにより、
知的障害。という障害がある。

ということだけは、広まることには、なったかも知れませんね。

ただ、実際にそういう人がいて、彼等はどう、社会に生きているか。
に目を向けるように、なった人たちは、少ないんじゃないかな。

これが伝わっているのだったら、番組にコメントを寄せる人たちの中に、
理解したいと思う、知りたい。と思う。

という人たちの、書き込みがもっとあっても、良いのに、恋愛の話、山下くんの演技の話について。
の話ばかり。

知的障害者の立場、その親たちにとっては、いささか。不満が残る?
ドラマになるかも。

現段階では、そんな予感。少しするかなあ。
少なくとも、期待外れ?じゃないかなと・・。

最初の3.4回は、凄く良かったのに。
残念ながら、今は、100点は、とてもじゃないけど、あげられないな、私は・・です。

山P主演なのに、視聴率は、低視聴率が続いているそう。
だけど、私には、何だかこれも頷ける。

育児していて、何度も泣いたよ。

他の子と、ちょっと違うから、偏見の目には、常に晒せています。
健常と違うことで、生きづらさを感じているのは、障害を抱えているからです。

障害について、もっと掘り下げてほしかったな。と、思いますね。
2015_05
27
(Wed)23:50

こんな先生いたらいいね。パート2

日本テレビで、水曜日。放送中の「Dr.倫太郎」。

その後、放送があるNEWS~。を観るので、10時くらいにはチャンネルを合わせていることもあります。

今日の放送。

発達障害を抱える男の子が、今夜のメインエピソード。

こういう風に、向き合ってくれる先生が現実的に、いたらいいよね。
でも、こういう先生。

あまり多くはいない。

ボードを持ってきて、倫太郎に、下手ながらも、男の子が思いを伝えようと、一生懸命。
現そう、伝えよう。とするシーン。

・・胸が熱くなりました。
2015_05
24
(Sun)23:22

「新横浜ラーメン博物館」

・・に行って来ました。(新聞屋さんから、頂いた招待券が今月末までだった事もあり。)

娘が生まれる前、夫と二人で、良く行きました。

当時は、エントランスに、簡易の厨房があって、先頃。亡くなられた、佐野 実さんが、ラーメンを作っているところが、観られたり出来たんですよ。

支那そばやさんは、コンスタントに入店の列が出来、お客さん、入ってました。
佐野さんの、心意気と意志は、スタッフに伝わっていると思う。

今は、入り口は、リニューアルされていて、外国人のお客さんにも、入りやすいよう、工夫がされてますね。

新横浜ラーメン博物館

館内は、昭和30年代の街並みが再現されていて、レトロ感が、程よく漂っています。

DSC_0039.jpg

*サムネイル表示です。画像クリックで、大きく表示されます。

最近、欧州で有名になった、日本のラーメン店が、ここに期間限定でオープンして、そのお店には、長蛇の列が出来ていました。

娘は、初めて来たところ。とても新鮮だったようです。宿題の日記に、このことを書いていました。

お客さんに、アジア系など外国の方たちが多いのは、海外の人向けに、作られたサイトに、日本に行ったら是非、行ってみるところ。
に、ラーメン博物館があるそうで。

日本を訪れる外国の方々は、増えているからね。ラーメン好きな、外国人が増えるのも、当然!? なのかも。

帰りに、横浜のランドマークタワーにある、ポケモンセンターに寄って、4個めのぬいぐるみを買い(買わされて!?)、途中で、ビックカメラで、ゲームして帰ってきました。

久しぶりのラーメン博物館。

楽しく、そして懐かしかった!です。
2015_05
18
(Mon)22:37

公共交通機関を、使った通学練習。その後。

毎週、月曜日に練習する。

ということで、練習を開始し、はや3週間あまり。

これって、意味あるかなあ?

と思うとこもありますが、本人も頑張っています。

ただ、例によって独り言が多いのです。

歩きながら、ブツブツ。

・・・歩くのは、お母さん。どうかと思うな。

でも、そのお喋りを、少なくし、集中力を保たす事が出来れば、大丈夫な気がします。

2015_05
13
(Wed)23:11

pcのキーボード

これは、l-pad miniで、書いています。

pcのキーボード。調子が、悪く現在、修理に出しております。

i-padだと、書きにくいんですよね。

間が、開くかもしれませんが、何とか。

・・・更新、頑張ります。

それにしても、今日は暑かった~!

5月なのに、27℃。

明日は、31℃くらいまで、上がるらしい?との予報。

異常気象のせい。

なのはわかるけど、台風🌀が、来たりと、なんかおかしいよなあ。



2015_05
10
(Sun)23:56

娘からの手紙

今日は、母の日。

娘が、夕飯作り。の合間に手紙を書いてくれたので、そのまま。

ここで原文を掲載します。


ママへ。

母の日、おめでとう。(おいおい、ここは、おめでとう。じゃなくて、ありがとうでしよ。)

ママ、いつもありがとう。
いつも自分は、ワガママだけど、でも、じぶんは、ママ(のが抜けてます。)こともたいせつにおもってる。

いつも、ごはん、ありがとう。

これからも、よろしくおねがいします。

いつも、ワガママごめんなさい。

でも、ずっとだいすきです。

えがお(のが抜けてます。)ママでいいよ。


ちーちゃんより。



・・手渡されて、読んだ瞬間。

涙が・・・。苦笑。


でも、泣くのは、我慢。

下手だけど、ちゃんと言いたいことは、伝わります。
まあ、ここは違う!とツッコミたくなるところは、あるけど。苦笑。

しかし、いつのまに、思いを表現する言葉を、憶えたのでしょう。

お母さんは、とても嬉しいです。

相手を思いやる心を、ちーちゃん、貴方が持っていることに。

そのまま、大人になって、ほしいけど、没頭出来る事を見つけたら、きっと、一直線。だと思うから、今の優しさは、限定の今だけ。と思っておくことにします。

手紙を書いてくれた。事だけで。

・・ママは、とても幸せです。
2015_05
09
(Sat)23:55

東京交響楽団のコンサート。

今日は、娘と二人で、市内のホールで行われた東京交響楽団の、コンサートに行って来ました。


DSC04957.jpg


今年、2月に演奏をしに、娘の支援学校に、来て下さった時、今回のコンサートのパンフレットを、頂戴しました。
(2月の記事はここ。)

それで、興味を持ったというのも、ありますが、何より演奏会がとても良く、オーケストラの、生の音をもっと、しっかり聴いてみたい。

と思い、チケットを申し込みました。

娘は、聴いたり、知っている曲じゃないと、あまり反応はしませんから、正直。
ちゃんと落ち着いて、90分間。

座って聴いていられるか、心配でした。
だけど、それでも、娘に聴かせたい。と思ったのは、「本物の音。」というのを、聴き、知って欲しかったから。

・・知るって大事ですよね。

学校では、指揮者の方が振るタクトを、持つ、マネを演奏を聴きながら、していた。と娘の担任の先生から、聞いたことも、今回の、コンサート鑑賞を選んだ理由かな。

そんな親の思惑をよそに、最後のほうは、それなりに楽しんでいましたね。

今回の演奏曲目は、イギリスの作曲家、グスタフ・ホルスト。

組曲、「惑星」作品32。

ホルストといえば、一番、有名なのは、ジュピター(木星)。

歌手の平原綾香さんが、日本語の歌詞を付けて、J-POP風にくずして、歌っていたあの曲。

原曲はこのホルスト。

演奏だけでなく、今回のは、宇宙の映像と、ナレーションが入る形。

3月末に、会場、指揮者、ナレーターが、今回とは別で、既に行われた時と同様の演目です。

ナレーションは、元テレビ朝日のアナウンサーだった、朝岡聡さん。

指揮者は、大井剛史さん。
東京交響楽団さんには、何人も指揮者さんがいらっしゃるんですが、正指揮者は、飯森範親さん(いいもりのりちか)さんだけで、他には首席、名誉指揮者など、特別な公演などの時に、指揮する方がいます。

学校など演奏に訪れる時などの指揮者は、その時々でかなり違うようですが、どこの楽団にも所属せず、フリーでやられている方などが、指揮を務める場合が多いようです。

クラッシックは、モーツアルトや、ベートーベン。
チャイコフスキーに、スメタナ、ショパン、ガーシュインなど、作曲家の名は、良く解らなくても、曲は聴いたことある、知っているよ~。なんてことありますよね。

もっと身近に。という意味で、演奏以外の取り組みもされているようで、
それだけで親しみが持てる気がしました。

演奏。

来て良かった!と、心の底から、思ったよ。
感動に、心が震える。

生の音って、ほんとに良いですね。
最後のアンコールで、あまりの感動で、涙が出て、それに気づいた娘が、私の手にあるハンカチを手に取り、涙を拭いてくれました。

因みに、アンコール曲は、ディズニーの名曲。
「星に願いを」

娘は、聴きながら、"ディズニーランドにいるみた~い!"と。
パークで流れる曲を聴く。より数倍、深く身近に感じるような曲に東京交響楽団の皆さんが、
演奏してくれたもの。
のほうが、パークで、耳にする同曲よりも、個人的には、ずっと良かった!です。(^_^)

次は7月。

同じホールで、大人一人分だけ、有料ですが、私と娘は、無料です。
公益法人の主催と協賛なので、市民なら、事前申し込み、抽選で招待。が受けられるんです。

確か、モーツアルトで、レクイエム。指揮者は、飯森さん。

家族3人で、行きます。
っていっても、夫は興味さなそうですけど。(苦笑)
2015_05
09
(Sat)00:25

サルの赤ちゃん「シャーロット」に 大分市、変更せず

サルの赤ちゃん「シャーロット」に 大分市、変更せず

これでいいと思うよ。

英国王室も、公式に声明を出したし、ね。

そもそも。

失礼だと、言うことが、おかしい。
それは、日本人としての、独特の感性なんだよね。

相手に対しては、これは有り難迷惑なわけ。

これが日本の皇室。
にあったことなら、もう少し変わったことなのかも知れませんが、今回の日本人の行動には、幻滅です。

まず、国民性を考慮していないこと。

だけでアウトでしょう。

"失礼だ。"
国が違えば、反応が違うことくらい、解りませんかね。

優しさをアピールしたのは、良いことだけど、単一的にしか、アピール出来ない。
国民に、世界は思ったかも。
2015_05
07
(Thu)23:22

こどもの日&家庭菜園

今日は、ほぼ雑記。(笑)

5日のこどもの日。
夕飯に、鯉のぼりのちらし寿司を作ってみた。


DSC04951.jpg


本当はこんな感じにしたかったんだけど・・。

"簡単♪こいのぼり寿司(こどもの日) "

私が作ったのは、何だか似ても似つかず。
キャラ弁は、間違っても絶対に、作れません。苦手なんですねぇ。

針は持てても、包丁は駆使することが出来ない、情けないハハです。(><)

それでも、家族は美味しいと言って、食べてくれました。

それから、今年はまた、ベランダで、野菜を育ててみることに。

トマト(黄色と赤)とピーマン。茄子もやろうかな?
と苗を選びながら、娘と一緒に考えたのですが、二年くらい前、同じように育てた時には、あまり良く育たなかったんで、今年は、やめました。

ベランダで、苗を植える作業を、二人でやりましたが、なかなかどうして。

DSC04955.jpg

土を鉢に入れる作業など、堂にいってましたよ。(笑)

トマトは、雨に弱いと聞き、今回はベランダの柵側ではなく、奥の窓側が、定位置です。


2015_05
05
(Tue)23:55

岩国基地 フレンドシップ・デー 2015

今回の岩国基地 フレンドシップ・デーには、ブルーインパルスの飛行披露が、決まった時点で、岩国のみなさんは、いつにもなく。

浮き足だったと地元のタクシー運転手さんが、おっしゃっていました。

今回は、滑走路から少し離れたところに、特別エリアが設定され、そのエリアには、事前にチケットを買った人しか、入れないんです。(年20回。という飛行が、ブルーインパルスの場合、決まっています。その中で、訪問する基地を決めないと行けない。なので、訪れる基地は、毎年、変わります。)

基地そのものが、大きいからそれだけで、移動が大変。

3日は天気がいまいちで、雨は午後。

からと予報では、されていたのに、結局、降りました。


飛ぶか心配でしたが、ブルーインパルス。
飛びました。

DSC04934t.jpg


天候が悪いため、それにあわせた飛行となりましたが、飛んでくれて、ほっと一安心。


ちゃんとした飛行を観るのは、2回目でしたが、彼等から教わる事。
沢山あり、それは、育児する親としての、側にも、通ずるものがあるんじゃないかと思いました。


一つの技を作り出すのに、6人。

全員が、心を合わせていないと、出来ません。
チームワークが、あって初めて出来る事。


仲間の大切さ、とか、頑張る姿に、生きる勇気を貰う。
だから、魅了されるのかも。


二日目。

大和ミュージアムに行きました。
戦艦大和の名を、冠した海事史料館です。


DSC04949j.jpg


率いて、戦死した山本五十六さんを、称える意味でも、作られたところらしいです。

当時の戦闘機。
零式という名が付き、現代でも親しまれている飛行機が展示されています。

初日に、宿泊したホテル。
観光名所、錦帯橋の近く、でした。


DSC04897j.jpg


夜は、ライトアップされて、幻想的です。

水は、本当にきれい。
都心だと、この綺麗さは、考えられないかもね。

DSC04899f.jpg

水が、透き通っているもの。
豊かな自然。なくしては、あり得ないことです。

この国に住む人たちは、それをちゃんと認識。しないといけないよな。

じゃないと、この美しい風景も、一瞬で消える。

大和ミュージアム、てつのくじら館

共に、GWということもあり、人が多すぎて。
とても個々に、ゆっくり展示物をみる。

という訳にはいきませんでした。

入れるだけ。いれるじゃなくて、鑑賞する、時間も含めて、改めて配分は再考の余地。
は、大ありです。

入場制限するなりして、せめて、一定の時間。展示物を観られるようにしてくれると、いいのになあ。と思いました。

何はともあれ、久しぶりの遠出。家族共々、本当に楽しかったです。
ホテルのご飯(山口と広島)も、美味しかったし、従業員の方も本当に、親切でしたね。

娘は、移動中。東海道新幹線の中で、食べたお弁当が、美味しかったよう。
入れ物が、N700系の形をしているんですよ。

東京駅で買ったんですが、新幹線の主要な駅には、ありそうな気がしました。
こういうの、子供、喜びますもんね。
2015_05
01
(Fri)23:03

明日から、岩国です。

明日から、二泊三日で、山口県の岩国市に行きます。

開催は、米軍基地ですが、同じ岩国にある日本の基地も、協力。
していて、この日は、自衛隊の三宅さんが歌う他、、ブルーインパルスが、飛行します。(毎年、全国20カ所は回るそうなので、今年はその20カ所の中に、岩国基地が入ったようです。)


それを観に、東京からわざわざ行きます。

4日は、広島を呉方面を、散策して帰京予定です。

厳島神社のある宮島と原爆ドーム、資料館は、島根にお盆に、帰省した何年か前に、行っているので、それも含めて、反対方向に観光しよう。

ということになり、4日は、地元でレンタカーを借ります。

娘は、大好きな新幹線に乗れることを楽しみにしている様子。(飛行機キャンセル待ち、さすがGW。全滅です。(泣)

親の私としては、こんなに遠出をするのは、久しぶりなので、家族が旅先で、体調を崩すことがないか。
それだけが心配です。

よって、2.3日。

更新が途絶えますが、たかが2日。

私の気分によりますが、4日の夜か、5日には、ご報告致します。

みなさま、想い出に残るGWをお過ごし下さい。
家族と過ごせる時間は、本当に大切です。

当たり前のように、過ごせることが、どんなに幸せなことなのか。

日々を、何事もなく。

笑って過ごせる。
一番、何ものにも代えがたいこと。だと思う。

・・・皆さんの報告。お待ちしています。