2013_06
30
(Sun)23:55

ポジティブ・シンキング

日々、生活をしていると気分が落ちたり、滅入ったり。
する事も多いけれど、そんなときは敢えて、落ちるままに。

して過ごしてみる事もある。

こういう時は、何もしない。好きな洋裁も、絵も描かない。

ただ一つ、するのは楽しい映画とか、お笑い芸人さんのコントとか、観て、大笑いすること。


笑った後は、何故かスッキリする。

これが私の、「前向き」に気分を変える方法だ。

マイナスなことを考えると、どんどんと思考回路も、マイナスになっていく。

だから、普段からあまり考えないようにはしてるけれど、娘の将来、今年度、引き受けた役員の仕事とか、憂鬱になるような事を、ふっと頭に思い浮かべると、やっぱり少し落ち込む。

考えたって仕方がない。
と意識して、今は育児や家事をして、日々を明るく過ごそう、生きようとしてる。

楽しいことを考えれば、自然と気分が上がって? くる気がするので、これは普段から実践してはいるかな。

タイトルに挙げた "ポジティブ・シンキング"。

ちょっとした事で、良くも悪くも変わるものなんだよね。
気分の持ちよう・・って、本当に良く言ったものだね、それってアリかも。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
29
(Sat)23:57

久し振りの青空

今日は話題がないので、青空の写真を。(^^;)

先日、晴れた日。

こちら東京ではずっと曇り空が続いていたので、久し振りに見られた青空に、思わずパチリ。

DSC03643.jpg

曇り空より、青空のほうが断然、良いですよね。

↓こちらはサムネイル表示です。画像をクリックして頂くと、大きく表示されます。

DSC03643.jpg

真夏は暑い日差しが、照りつけて嫌だけど、曇りや雨の日が多いこの季節。
たまに、太陽が恋しくなります。

最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
28
(Fri)23:38

ドライカレー

娘には少し辛い?かなあ。と思ったケド、色んな味を知る。という意味で、思い切って作ってみた。

Recipeにはガラムマサラを入れる。とあった。

でもさすがに、これは入れられない。苦笑。と思い、入れませんでしたが、味付けは普通のカレー粉。マイルドにする為、少しの砂糖はいれたけれど、これは本来なら邪道だな。

それと干しぶどう。

これを入れると、辛さが緩和されるみたい。

食べないかなあ?
と恐る恐るご飯の時間に出してみた。

ところが、意外や意外。

おかわりまでしました。

うーん、色々と作って味を覚えさせるの、やはり大切ですね。

DSC03645.jpg


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
27
(Thu)23:12

札幌、7歳男児、プラムの種を喉に詰まらせ死亡。

札幌、7歳男児、プラムの種を喉に詰まらせ死亡。朝日新聞デシタル。

各局の夕方のニュースでも、流れていたこの社会ニュース。

うちの娘の学校でも、話題になりそうな感じ。

特別支援級に在籍していた7歳の男の子が、給食に出たプラムを丸ごと食べていた為、教員が「種を出しなさい。」と口頭で注意。

・・したそうだけど、吐き出す事が出来ずにいて、先生たちが何とか取って、救急車を呼び病院に運んだ。

でも、間に合わずに死亡。

という経緯らしい。

ここで、気になるのは、"そういう子たち"だということを、先生たちが解っていて給食の時間中、目を配っていたか、否か。

この男の子が、どこまで先生たちの指示が通る状態の子だったのか?
にもよるだろうけれど、知的に障害を抱える子たちの場合、口で言っても解らないって前提で、先生たちは指導にあたっていないといけないよ。

先生を含む学校側の過失だと、親側から責められても、仕方ない部分はあるだろうね。

ただ、クラスにこの子よりも、目の離せない子がいて、一人の先生はその子にかかりきりになっている。となっていたら・・。

起こるべくして、起こってしまった。
不幸に不幸が重なってしまった。と先生たちは言うしかないだろうな。

支援学校でそうですが、子ども何人に対して、先生を何人付けるのか。

子供たちの状態や、配属出来る先生たちの数にもよるだろうから、一概に何人が妥当。と決められない。というのが、教育の現場にいる人たちの悩ましいところなのではないだろうか。

因みに我が支援学校では、一クラス生徒数の上限が6人。教員が2人は必ず付くように、決まっています。
といっても、最近は先生そのもののなり手が、少ないので、なかなか養護教諭の免許を持つ先生も集まってこない。

というのが実情。

一人が常勤、もう一人が、週に何回か、それも丸一日いない嘱託の先生だったり・・という事は、本当にザラですね。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
27
(Thu)00:14

社会に出ていくという意味では、皆同じ。

7月の上旬までの、毎週水曜日は、PTAの役員会があり、今日もそれに参加してきた。

基は、子を持つ保護者ですから、子どもについて役員会でも話題があがります。

特に支援学校でなくても、進路指導や子どもの障害の度について、親御さんたちの間で話しに出たりすると思う。

そういう話の中で、必ずといって出るのは、「うちは軽度だから、重度だから。」といった親の嘆きとも、被害妄想ともいうかな。

前から、折に触れ、言ってるけれど、だから! 度は障害の子ども達が成長と共に、抱えていくであろう悩みや困る事に対して、全く関係ない。ってこと。(この悩んだり、困った時に、親がちゃんと対応してあげられるか?のほうがずっと重要だと思う。)


その子によって、それぞれぞれ違うのだから、度によって線ひきするのは、おかしいよ。

うちの子は重度だから、やっぱり軽度の子が出来る事は、出来ないよ。と決めつける。

本当にそうなのかな。

言葉は言えなくても、身体で意思を伝えようとしている仕草など、全く見えない?

良く子どもを観察していると、そういった仕草で、先生や親御さんに、一生懸命、伝えようと意思表示しているよ。

それにみんな、気がついてないだけ。それかもしくは、気がつこうとしていないだけかも。

こういうセリフを、聞く度。

「軽度だよ、軽度で悪かったね。」と、言いたくなってしまうんだよね。

済みません、言葉が悪くて・・。

そして同時に凹む。

軽い子は、ここにいてはいけないのかと、遠回しにそう言われてる気がして、ね。

コレこそ、被害妄想ってやつ? だよね。この反対に、重度の子の親御さんたちの言い回しも同じ。

重度だから、何も出来ないって。

度には、差こそあれ、発達障害という障害を持って生まれてきて、これから生きにくい社会へ。
出ていこうとする子供たちを、養育している事は同じなんだから、いい加減、度で区別する。

言い方や考えは、止めようよ。

世間に子を説明するには、そういう言い方も時には必要にはなるだろうけれど、ね。
あくまでもその時だけだと思う。

ただし。
レベルによる線引きは、療育などの時には、意味がある事かもな。
その子にあったカリキュラムを考慮するという意味では・・。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
25
(Tue)23:41

転びやすい!? 娘。

今日は火曜日なので、下校が15:30分。その十分後に、SBが学校を出ます。

娘の降りるバス停まで約10分。そこから自宅まで、娘の足のペースだと15分から20分はかかると思う。

今日も、そろそろかな?
と思って、家で待っていると、玄関のドアを開けた途端、顔をくしゃくしゃにして泣く人、一人。苦笑。

なんかいつもと違うなあ。と思い、「どうしたの?」と声をかけると、「ガソリンスタンドの前のところで転んだの、怪我した~!」と半べそ状態。

・・ため息が出ました。またかと。

我が娘は、幼稚園時代から今まで、本当に良く転びます。転んだ拍子に鼻の頭を打ったり、膝を擦りむいたり、いったい何度、バンドエイドを貼っているか。

解りません。

やはり娘は、転びやすいのでしょう。靴に問題が? あるのかと考えて、靴だけはサイズに気をつけ、細心の注意を払ってますが、転ぶ時は転ぶ。

注意力散漫なのも、関係してWにパンチ! といったところ。(><)

気が急いでいる時は、小走りに走るので余計に、+αになってる。

足に何か問題があって、形成外科に一度、相談に行ったほうが良いレベルなのか、それとも本人の意識をもっと、払うようにすれば、良くなることなのか。

親の私としても、答えを出しかねている。

靴の踵が減りやすいのも、歩行の仕方に少なくとも、関係? してるのかな。

もう少し様子を見て、あんまり続くようなら、整形外科か形成外科の先生に、診て貰おう。
何もないで、それはそれで越したことないものね。

それと、予備のバンドエイドを、通学用リュックの、ポケット。
など娘が解るところに、何枚か入れておいたほうが、良さそう。
血が出てしまった時、本人の手で仮にでも貼れるように。


皆さんのお子さんは、転びやすいってことないでしょうか?


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
25
(Tue)00:29

加配を付けてくれる園。

今の時期、どこの自治体も、来春の就学、就園を控えた親御さんとお子さんから相談を受け始める頃ですよね。

うちの子は3年保育の幼稚園を経て、特別支援学校へ入りましたが、学校はともかく、園では最初の一年半。
くらいは、娘には終始(とまではいかないまでも、一日のうち大半は。)一人の加配の先生が付いて下さっておりました。

ブログを始めたばかりの頃、良く書いてましたが、娘は年中クラスで卒園してるんですね。
在園年数は丸三年ですが、最後の年は娘の発達状況を考えて、実年齢より一つ下の年中クラスで過ごさせて貰いました。

良く、保育園ではなく幼稚園に、発達障害の子供を入れたい。と話に良く聞きますが、加配の先生を一人、付けてくれるか? 付けてくれないか?

あるいは、一日のうち、数時間だけとか、園選びの場合、選択する上で重要になってきますね。

うちの娘は前者。私もお昼を持って、5月の一ヶ月間、娘と一緒に登園してました。(^^;)
今だから言える? 懐かしい。

入る条件として、最初の1.2ヶ月は、親御さんも中に一緒に入って、お子さんに付いてて下さい。とか、職員が少ないので、お子さん一人だけにずっと付いているわけにはいきません。

など案に断ってくることもあるでしょう。

でも、そこで諦めてしまったら、悔しくないですか?

凄く大変な道のりだと(入園までが。)思うのですが、親が柔軟な考えにシフトすると、頑なだった園側も変わる。ということもあります。

確かに先生の数が、それほど多くなく、障害のある子が、何人もいて、それぞれに加配が必要な場合。
一人にきちっと付いてくれ。というのが無理な話。

だけど。
私の甘い考えかも知れませんが、諦めずに探せば、幼稚園でもあるのではないかと思います。

世の中、そんなに障害者には、冷酷じゃない。って私が思いたいだけ? なのかも知れませんが、勇気を出して、親の希望を園側に、伝える。というのも、悪い事じゃあない。

そこで、伝えて譲歩してくれる園なら、その園は少なくとも、障害に対して理解がある、もしくは理解しようと努めてくれる、園と言えるのでしょうね。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
23
(Sun)23:53

久し振りのお寿司!

都議選に投票の後、お昼のランチ。

近所のお寿司屋さん。

お寿司は、食べるの久し振り!です。

私と夫は、わさび入り。勿論、娘はわさび抜き。

1371963694750.jpg

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

奥に見えるビールは、私ではなく夫のもの。苦笑。

これ一皿で、900円です。それも回転寿司ではなく、普通のお寿司屋さん。
安い!ですよね。(^-^)

紅葉の葉を彩りに添えるアイディア、良い~。
見た目も良くなるよね。

久し振りに食べたお寿司。本当に美味しかったです。
ごちそうさまでした。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
22
(Sat)22:40

地域小学校へ授業参加(副籍)

今日は、娘が、籍を置いている地域小学校で、副籍交流があったので、午前中に参加してきました。

これは、支援学校には、呼び名こそ違えど大抵はどの学校にもある、「副籍制度」というもので、お住まいの地域にある小学校に、副に籍を置かせて貰い、学期に1~3回ほど交流に行く。というもの。

直接的に交流する直接交流と、間接的に交流する間接的交流の2種類あって、保護者と子は、年度初めにどちらかを選択することが出来ます。

直接交流は、娘のように、一日のうち、何時間か一緒に授業を受けさせて貰ったり、運動会や作品展(時には子の作品も展示)、劇などを観させて貰ったり、直接、学校で同学年の子供たちと交流します。

その反対に間接交流というのは、学校便りの交換を、学校間で行う交流です。なので、親と子が地域小学校へ直接出向く事はありません。

地域とのつながりの維持と継続を図る意味でも、これは発達障害を抱える子供たちへの理解をより深めてくれることに繋がる。

・・と期待したい。そう信じて、もう4年も継続してるんだけどね。(^-^)

で、その副籍交流。今年度に入って、今日が第一回目。

何だか1回目という気がしないのは、子供たちも先生も、親も、既に顔馴染みだからかな。笑。

行けば、誰かか必ず、「ちーちゃん!」と声をかけてくれます。

今日は、社会科の授業。

東京都水道局の方たちが、来校されて「水がどうやって届くのか。」という出前授業をして下さる日。

ダムを通って堰を通って、浄水場へ。その浄水場で、水を沈殿させて、濾過。

この「沈殿させて濾過する。」
という方法をみんなで、グループに分かれて実験。

子供たち。
この実験がよほど楽しかったようで、どの子も目がキラキラとても輝いていました。

その顔と様子を見ているだけで、私は何だかとても嬉しくなってしまいましたが。
久し振りに子どもらしい子ども。っていうのか、伸び伸びした表情が見られた気がします。

DSC_0048.jpg

↑水道局の職員の方々が、みんなに実験のやり方の説明をしている時の図。

娘の姿は見えませんが、前のほうにいるもよう。(笑)

4年生ぐらいになると、その子の骨格や体質によって、身長にもかなり差が出てくるようですね。大きい子はもの凄く大きいし、小さい子は、小学2年生くらいの背丈の子もいるし。

娘は間違いなく後者のほうだな。

最後に。みんなで記念撮影をして終わり。

ダムの話など、娘も楽しかったようです。

支援学校だとどうしても、周りは同じ発達障害の子。という世界の中にいて当たり前。という事に慣れてしまって、地域と係わろうとする、事に億劫になりがちです。

それはそれで「安心」という、温かい輪の中にいる。という意味では、良いと思う。

でも、子供たちが誰もが持っている、社会性を育む力の芽を伸ばすこと。
そのものを、見過ごしてしまっているのではないかとも思う。

社会性が伸びれば、自然とコミニュケーション力が上がり、言葉が出なかった子も、出てくる。

囲まないで、出来るだけ外に出し、地域の子供たちと触れあわせてあげる事は、ハンディキャップがある子供たちには、大切な事だよ。
その子の世界を広げる・・という意味でも。

大きくなればなるほど、やりづらくなるかも知れないけれど、「地域にはこういう子ども達もいる。」と知って貰うには、黙っていても知って貰えない。

何かの形で、行動を起こさなくては・・ね。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
21
(Fri)23:53

発達障害を取り上げた映画、「くちづけ」。

映画「くちづけ」。

この映画。チラシを先日、学校の掲示板に、掲示して欲しい。というPTA会長さんからの以来で、頂いたのが、知るきっかけでした。(掲示は書記の仕事。)

監督は堤 幸彦さんなんですね。

私だったらどうするだろう?
とたぶん、考えてしまうと思う。

発達障害の子どもを遺して、旅立てるか? と。
自分がいなくなっても、心配ないように、してあげたいのだけど、その矢先に、明日の命も危うい病にかかってしまう。

"どうしよう。"

こう私も、思ってしまうだろうと思う。

主人公を演じる竹中直人さん。究極の選択を最後はするのですが、その選択をするまでの心の葛藤。
怒り、哀しみ、喜び。

どんな風に描かれているのか?
知りたいですね。

上映映画館が、限られるようなので、観るなら早めに観ないとすぐに上映期間が終了してしまいそう。

親が子どものために、出来る事。
私も、いつもそれを考えている気がする・・。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
20
(Thu)23:47

一日、いるだけで疲れる。(^^:)

今日は娘は、開校記念日の為、学校はお休み。

よってほぼ一日、(夕方の絵画教室以外は)一緒に過ごしました。

一日いるという事は、朝、昼、晩の食事を用意しなければならず、それだけで何だか疲れた。苦笑。

外へ出ようにも、台風の影響なのか、天気はずっとイマイチ。
傘の手放せない日が続いてる。

ならば! と時間のあるこういう時に、チャレンジ4年生の赤ペンの問題をやらせよう!
と考え、今日、やらせた。

それにそろそろ、次の月の教材が届く頃。ちょうど良い。

そのあと、夕方からいつものように絵画教室に。

もうすぐあるコンクールに絵を、教室のみんなは出展するとかで、一生懸命、テーマを考えてます。

娘は、「好きな果物、キウィ。」にしたらしい。
人物像を良く描く娘にとっては、これは珍しい? ことかもな。


で、帰ってきてから、すぐに夕飯の準備にとりかかったけれど、何だか、バタバタ過ごした一日。

次に取りかかるソーイングの構想を練りたかったのに、そんな時間なかったよ。

やっぱり、娘が学校に行っているといないのとでは、随分と疲労感(笑)が違うなあ。
一日、一緒にいるだけで、疲れる。

一人だけで、こんなに疲れるんだから、3人とか4人とか、子どもが多くいる家庭は、本当に大変だろうな。
普通に家事をこなしてるなんて、心から尊敬するよ。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
19
(Wed)23:48

じゃがいものチヂミ。

今日の夕飯。↓見た目、悪いケド・・。

DSC03642.jpg


「じゃがいものチヂミ」。
ダイエーに置いてある小冊子に出ていたメニュー。(前回ははんばーぐまのカレーを作った。)

*カテゴリー、調理参照。

つぶしたじゃがいもに、片栗粉、小麦粉、水、卵、挽肉(冊子だとソーセージを細かく切ったもの。)ニンジン、青ネギを混ぜて、平らにして焼くだけ。


初めて作りましたが、凄く美味しかった!です。
じゃがいも好きな娘は、ご飯より先にチヂミばかり食べやがった。(苦笑)

これをポン酢に、ごま油を混ぜたたれに付けて食べます。
酸っぱいものが苦手な娘も、付けて食べました~。さすが、じゃがいも!!

炭水化物とタンパク質、だから摂りすぎると、太りそうだけど、ご飯をその分、控えめにすれば、バランスは良く?なるかも。
って、気休めかなあ。

DSC03641.jpg

副菜は、トマトとわかめのサラダ。こちらは、ごま油に少量の酢を混ぜて、ドレッシングにし、それに和えました。

我が家の女衆ふたり、貧血気味。鉄分の含まれる食品は、意識して摂るようにしてます。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
18
(Tue)23:40

ビッグダディ元妻、林下美奈子さん。

今夜の話題。

ビッグダティ元妻、林下美奈子さん。
ヤフー記事。

私自身、大したことじゃないと思ってるんですが、ここのとこブログに上げる話題がないもので・・書いております。あしからず。

今日、フジの「ノンストップ!」に生出演、されてましたね。

私、お二方(美奈子さんとビッグダティ)の書かれた本。どちらも読んでないので、何故、彼女がここまで騒がれるのか?
申し訳ないけれど、どうしても理解出来ません。

少し前、TBSの、SMAP中居くん、司会の番組、「金スマ!」で彼女の事を取り上げてたのを、観ましたが、それで本の内容が把握出来ちゃった。苦笑。

何故に、タレント? それとも作家?
気取りで、TVなんか出ているのだろう。

宮崎に住んでいることをウリにしてたところがありましたが、今は千葉県に住んでいるのでしょ。

日本全国制覇!?でもするつもりか。

ビッグダディの場合は、テレ朝のやらせで、引っ越ししてた。という噂がありますが、テレビ局側が1.2枚、かんでいて作ったシリーズ?だとか言われてます。

美奈子さんも、何だかソレっぽい。

悲劇のヒロインぶる事より、今後をきちんと考えた? ほうが良いんじゃないでしょうかね。
今は、騒がれている事と本の収益で、家族は食べて行ける? だろう。

でも、これがいつまででも続くわけじゃあないんだから、将来を考えなきゃ。
何をして生計を立てて行くのか。


今こそ、考えるべきなんじゃないかと思うけど・・ね。
とにかく、彼女はTV。

出過ぎ!! だと率直にそう思うよ。
悪く言えば、ビッグダディの、売名行為と言われてもおかしくない? でしょう。

ダディも美奈子さんも、子どものため。と言っているけれど、日本中。北から南まで、移住して回って、子供たちは、落ち着かないだろうね。

その状態が必ずしも、子供たちにとって決して良いものとは、とても思えないけど。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

2013_06
17
(Mon)23:46

がまぐちバッグ

先日から作っていた、はんど&はあとのKit。
がま口バッグ。

完成! して今は娘の手にいっています。

本に出ていた子ども用(カテゴリー、ハンドメイド参照)を参考にして、飾りはアレンジして、縫い止めました。

DSC03637.jpg

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

開け口は、大きな玉が付いているので、子どもの小さな手でも開けやすいよう。

吊り紐は、表生地と同じ生地を、細く折って紐にしました。

DSC03640.jpg


(これもサムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

脇の継ぎ目が、合わなかったので、目隠しの意味で、小さな花の飾りを。
この花の飾り。もともとは、ファミリアのニットチュニックに付いていたもの。

サイズアウトになり、処分する時、花飾りとボタンだけ取っておきました。今回、ちょうど良かった。

DSC03639.jpg


中に小さなポケットを付けて、タグを。

娘はとても気に入ったようで、現在。肌身離さずお持ちです。(笑)

コレ、学校での生活単元の授業。
の中の一つ。

「買い物学習」に、使えそう。首から提げるファスナータイプの財布を、今使っているのですが、次回からこれでもいいんじゃないかな。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
16
(Sun)23:23

東京ディズニーランド

予報だと雨が降る。というので、長靴と傘を持って出掛けたら、閉園間際まで、殆ど降らず。(><)

長靴姿の私と娘。何だか・・。

今はリゾートは2014年3月20日まで、30周年の記念イベント「THE HAPPINESS YEAR」を開催中。

ゲートをくぐると、今はこんなオブジェが。

DSC03619.jpg

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

向かって右のほうに、グーフィーもあるのですが、ここで記念撮影の列が出来ていて、ゲストとキャストさんが、一生懸命撮っていました。なので、正面から撮れなかった・・という事で、こんな方法からの写真に。

この風船の飾りが良いですよね。遠くから見ても、映えます。

DSC03627.jpg

(こちらもサムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

ミッキーの家での一コマ。この男の子、年の頃は4.5歳くらいかな。
娘の持っている「ハピネスシェアペンダント」を、見せている図。

あまりに微笑ましかったので、パチリ。(^0^)

こんな風に、相手が小さい子でも、今はかなりコミニュケーションがとれるようになりました。
まあ、娘の精神(知的な?)年齢は、殆ど一緒なので、とれてるんだけど。苦笑。

ミッキーの畑の場所で、

「穴からウサギが出てくるんだよ~!」と男の子。
全く邪気なく、無邪気に、娘へ話しかけてました。

DSC03629.jpg

(こちらもサムネイル表示です。)

最後にそのミッキーと。

「光を集めたよ!」とミッキー本人に報告。沢山、褒めてくれたミッキーでした。
いつ会っても、ミッキーは可愛い♪

今回、スプラッシュ・マウンテン。3人で乗ったんですが、コースターの一番前に乗ったため、落ちるとき、顔中、びしょびしょ。笑。
一瞬、真っ白になって前が見えなくなった時は、焦りました~。

娘に何が乗り物、一番楽しかった?
と聞いたら、このスプラッシュ・マウンテンとスター・ツアーズ、と。

スター・ツアーズ。本当に面白い!です。

もう一度、いや何度でも乗りたくなっちゃう。

夫とも話しましたが、映画のスターウォーズを、また繰り返し観たくなってしまうくらい、ハマります。

ダースベイダーが笑えた。

70分だったかな?
待っても、あの楽しさを味わえるなら、待ち時間も、ぜんぜん苦にならないなあと思いました。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
16
(Sun)01:49

発達障害? とグレーゾーンの子に見えた少女とその親御さんたち。

私にしては、いつもより、遅めの時間に書いてます。
約一時間前に、TDLに行って、帰ってきたばかりだからね。

(パークの記事は、16日に書きます。)

なのに、どうして書いてるか?
というと、ちょっと気になった事があり、忘れないうちに記しておこうと思いまして・・。

発達障害の子を育てていると、大体、こういう行動は、発達障害っぽいよなあ。と思う事。

多く街中で、他の子供たちを見ていて、感じることってないでしょうか?

私も、けっこうそう感じることが多く、今回のTDLでもそういう場面に遭遇した次第。
勿論、私の思い過ごしや思い込みだったら良いと思うし、そうであって欲しい。と思う。

でも、今回の女の子は、「お仲間?かな。」と私が感じた上での結論。

夕食を食べるために、並んでいたレストランで、娘と同じくらいかもしくは、もう少し上?か。と思うくらいの女の子と、ご両親が、私たち親子の二つ前。

に並んでいらして、その女の子。プリンセスの格好(シンデレラ)をしていて、最初は、普通の女の子。だと私も思ったんです。

だけど、この女の子。
とにかく落ち着いてない。あちこち、周りを走り回ったり、動き回ったり。

両親のところにいると思ったら、なんとお店の中に入って、空いている長いすに寝転がる。苦笑。

長く並んでいるから疲れたのかな?
と思いましたが、何を思ったか、お店の中のどこかへ。

トイレ?

この間、ご両親は何をしているのかな?
と思って、後ろから見ていると、二人で話してるだけ。

普通に考えれば、まだ順番は来ないのに、お子さんが戻ってこなければ、探しに行きますよね?
これはいつもの少女の行動なのか、親御さんは、その後、20分ぐらい直ぐには探しに行く様子はありませんでした。

お母さんに至っては、携帯電話を片手にメール。

その後、更に10分くらい経ってからお父さんが、ようやく店内に、娘さんを探しに入って行った。
それまた、暫く15分~20分くらい、全く戻ってくる様子はない。

もしトイレなら、寝転がって、起きた時点で、両親のところへ来て、一言。(発達障害の子じゃない、定型発達の子なら)トイレっていうだろうし、寝転がってるのを見た両親も、普通の感覚なら、中に入る順番でないのに、寝転ぶのを注意しませんか?

知的には遅れはなさそう? に見えましたが、ご両親は、娘さんの行動を特に気にしてない様子だったので、まさか自分の子どもが、発達障害の可能性がある。
とは、全く気がついてないのだろうな、という事だけは、はっきり解ります。


もっと年齢の小さい子なら、アリな行動だと思うのですが、どう考えても背格好は、小さく見積もっても130cm以上はある子。

私は問題だなあと思ったのは、ご両親の対応。

公共の場なのだから、障害の有無に関係なく、一度くらいは注意をすべきなのに、寝そべっている我が子を一瞥しただけで、マナーとルールを教える事もしない。

だからこそ。
マナーとルールを教える。という意味で、これは親がすべきことなんだと思うんですよ。
特に障害を持ってるなら、尚更。

学ぶには、こういった時、チャンス!でしょう。学校ではなく親が教える役目にいるということ。

頭にもともとハンディがあるのだもの。察して行動する事は難しい子どもたち、なんだから、ね。

たぶん、他人から見ると「この子もしかして?」と見えても、親たち二人からは、そう見えてなく、ある程度大きくなってから、クラスメイトが難なく出来る事が、その子には難しく、出来ない。

ってなった時、初めてそこで発達障害の疑いを持つ? のだろうな。
あるいは、そのままその子が成人するまで、気づかずにいるか、本人が気がつくか。

それともはたまた気がつがず、そのままスルーになるのか。

これはこれで、あまり良い事のようには、言えないと思うのだけど・・。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
14
(Fri)23:19

平日の美容院

明日の土曜日。
天気がいまいちのようだけど、TDLに行く予定にしてる。

なので、美容院。
初めて(今の美容院にしてから。)平日に予約して、行ってみた。

いつもは、土曜か日曜日に行くので、担当の美容師さんに、「今日はどうしたんですか?」
と言われて、ちょっと力抜けたけど。笑。


でも、平日に髪を切りに行くって、凄く新鮮!!

やっぱり平日だから、お客さんもあまりキチキチといなくて、空いてる。
土日の元気な活気とは、また違い、平日は優雅な? 時間が流れる感じ。

サービスで、お客さんに飲み物を出してくれるのですが、迷わずHOTコーヒーを頼み、
カラーリングの後、色が定着するまで、美容師さん達が用意してくれた女性雑誌を読みます。


ゆったりとした時間が、流れて実に良かった~。

ホント、普段溜まったストレスの解消! になったよ。

今日は娘は15:30下校だからね、ゆっくり出来たのですが、これが水曜日と月曜日の14:00下校だと、時間なくてバタバタしてただろうな。

いいなあ。次も土日じゃなくて、平日に美容院、行こうかな。

2013_06
13
(Thu)23:21

知的と肢体不自由のそれぞれの学校の教師たち

昨日、実行委員会の後、娘のいる教室を覗いてみた。

学校は今週いっぱい、授業参観週間で、朝から下校までの間。

親御さんたちは、いつの時間を参観しても良いことになっています。

で、毎度ながら先生たちの、子どもに対する指導と目配りが、先生それぞれ個々に随分と違うという事に、気がつく。

その先生の性格や資質の問題なのか、それともスキルだけの問題なのか?
どちらが正しくて、どちらが間違っているのか?

そんな事を、参観していると考えてしまう。

しかし。
子供たちは、そんなこと全く、意に介せずというか、気にしてなんかいない。
良い意味で、みんなマイペース。

食事が早く終わった子は、食器を片付け、給食用のエプロン、三角巾、マスクを外して、歯磨き。
をしないといけないのですが、一人の男の子が、歯磨きの前に、おもちゃを持ってこようとしてる。

先生が、その様子にぱっと気がつき、彼を窘める。

洞察力があるからこそ、だね。
親としては、こういう些細な事に、気を配るというか気がつき目が行き届く。そういう教師に担任になって欲しいと思うところ。

それが比較的、出来ているのは、知的障害児をずっと見てきた先生に、多い? と思う。
突然の行動にも、パッと対処出来たり、行動を読んで、その子に適切に指導する。

その反対に、肢体不自由を専門として、養護教諭をやられてきた先生は、知的障害児の指導に慣れてない感じがする。
ぱっと走り去ってしまう知的の子供たちの、行動を予測出来ず、身体が自然と動かない。
それは、車いすを押したり、椅子から降ろしたりする。という介護職に近い事を、普段してきたからだと思うのですが、そのせいか、上記のように子供たちが、悪いことをしても、注意するのも、やんわり。

というか、優しい感じ。

これは私たち知的障害の子どもを抱える、親たちが思って、感じている事であって、決して先生を揶揄しているものではありません。そこのところ、誤解無きよう、お願い致します。

話、逸れました。

だから、敏感な賢い子によっては、「この先生、優しいから。あの先生、怖いから。」と、先生によって、態度を微妙に変えている子もいる。苦笑。

知的にハンディキャップがあるからといって、それが理解出来てない? とはたぶん、言えない。

微妙な声のトーンを、彼らは抜群の耳のスピーカーを感度をあげて、聞き分けてるんですよ。

今でも、十分。先生たちはやってくれていると思うけれど、先生自身のスキルアップや、先生たち同士の子供たちに対する指導の統一。など、勉強会を開くなどして、もっと高めて欲しいんですよね。

支援学校でさえ、こんなに先生たちの資質に、差があるんだから、普通の学校では、もっと?
あるのでしょうかね。

・・・なんて。授業参観に来ていたママ友たちと、そんなことを話しました。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
12
(Wed)23:28

実行委員会 PTA

7月にある夏のお祭りの為、今月と来月の夏休み前まで、ほぼ毎週。

実行委員会が開かれる。それとは別に、私が所属する本部役員と専門部の部長さん達が集まる役員会が月に一度。

あります。

今日は、その前者。

毎週、招集がかかり大変ですが、何とかやってます。


しかし。
どの部署でも、最近はデータ化しないと作業効率が上がらない? みたいだね。

だけど、いちいち出欠表まで、パソコンで打たなくても、手書きでもいいんじゃないかなあ。
細かいとこまで、文書形式しないといけないのは、反対に紙や労力を使って、非効率?

のようにも、私には思えるんだけど。(^^;)

私がやっている書記は、文字通り、書き物。
議事録や実行委員会便りを、作成して配布したり、役員の皆さんに、次回の委員会開催の案内を出したり、役員名簿を作ったりする仕事が主だったもの、です。

ただ、それ以外にも雑用は多い。
副会長や会長など他の方に、頼まれて作る資料もあり、3人の書記の内、毎日、誰かがPCと格闘している、というのも、半ば冗談ではありません。

私は、子どもの年齢も一番、下っ端なので、比較的、手間がかからない仕事を回して頂いている感じ。
今夜もこれから、頼まれたものを作ったり、印刷に興したりしないといけないのですが、自分でどうやったら?

効率良く出来るのか。

考えながらやらないと、来週の今日まで、終わりそうにない。

ちんたらやってると、あっという間に日が経っちゃうだろうなあ。
気を引き締めよう。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
10
(Mon)23:31

眠気

お酒を止めてから、良くなったことは沢山あるけれど、反対に良すぎて困っていることが一つ。

それは睡眠。

布団に入って、直ぐに眠れるようになったけれど、夜の寝る前に眠気がくれば良いのに、その夜以外にも、
強烈に眠気を感じる時がここのとこあります。

それでも、眠りが浅かった頃に比べるとずっと、健康的に?
眠れていると思うのだけど・・・。


眠りが浅い時があるから?
なのだろうね。

だから眠くなる時かあるのかも。

今は布団に入るのが、零時過ぎが多いかな。
もう少し早く入るようにし、睡眠時間、確保した方がいい?

のかもね、眠さを考えると・・・。
2013_06
09
(Sun)23:40

横浜開港祭

この週末。(8~9日)

横浜のみなとみらい地区を中心に、横浜開港祭が開かれました。

毎年、行っているようですね。

娘を妊娠中と生まれてから、1度行った以来、行ってなかったんですが、今回。

海上自衛隊、海上保安庁、消防庁など合同の放水訓練などがあるというので、観に行ってきました。

DSC03561.jpg

こんな感じ。向かって右が消防庁の船、見えないけど、笑。左が海上保安庁の船です。

DSC03557.jpg

で、消防庁のレスキュー隊。
海に投げ出された人を、救いあげるという訓練。

DSC03548.jpg

臨港パークのところに、海上自衛隊の護衛艦が停泊していて、一般の方達が自由に中を見られるようになっておりました。

自衛官の方達、水兵服を着ていらっしゃって、それがちょっとカッコ良かった。

他には、先日行った福島の水族館。アクアマリンふくしま。から移動水族館が来ていて、タッチングプールがありました。

ウニがいて、娘に「ウニ、触ってごらん?」と言ったら、怖い! 嫌だ~。と全く手を出さず。(~_=)
こういう時こそ、触るチャンスなのに・・・もう!

DSC03614.jpg

前日のニュースで、カヌー体験が小学生以下の子供たちが出来る。というのが流れていたので、本当の目的はソレでした。
でも、事前のチェックミスで、それは初日の土曜日だけだった模様。

せっかく娘が乗る気マンマン! だったのに残念、無念。

久し振りの開港祭で、親の私たちも、娘も楽しめましたね。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
08
(Sat)23:56

あじさいの花とピーマン、初収穫!

今日も、ネタ切れ気味です。なので、殆ど雑記。(^^~)

今は梅雨。丁度、あじさいの季節ですね。

先日、バラを下さった方から、あじさいを頂いた。

それがこれ。↓


DSC03540.jpg 

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

私、6月生まれですが、雨が好きじゃないので、梅雨も嫌い。苦笑。
でも、あじさいの花は大好き!です。

色か変わっていく様が、日々の移り変わりを表しているような気がして。

DSC03539.jpg 

中央のオレンジ色の花。何という名前のお花でしょう?

下さった方も、名前がわからないとおっしゃってて・・。
アフリカかオーストラリア? 南太平洋の国々が原産のような?

お花のような気がするんですが・・。ご存じの方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

DSC03541.jpg 

房が取れてしまったので、こんな風に小さなガラス食器に、浮かべてみた。

我ながら風情があって良いなあ。と自分のふとした思いつきに、悦に入ってます。笑。


最後にもう一枚。

ベランダで育てているピーマンとミニ・トマト。

DSC03542.jpg


ピーマン、一つ、収穫しました!!
娘が、収穫する~!!と言って聞かず、じゃ、枝から切って下さい。
とお願いしました。(^0^)

自分のカメラ(チャレンジ3年生の知育教材)で早速撮って、日記に、「きょうは、ピーマンをしゅうかくしました。」
と書いておりました。 当然、全部ひらがな。

近いうち、食卓に上る予定。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

2013_06
07
(Fri)23:13

難病と戦った12歳。「生きた証、残せた。」

難病と闘った12歳。

スマホでHPのホームに設定している事もあって、朝日新聞のサイトで直ぐに目についたこの記事。

お母様の思いを、読んだだけでは汲む事は出来ないけれど、「卓哉ちゃんと過ごした12年間は、これからの事に、きっと何かの役に立つ筈です。」と。

記事を締め括るこの最後の、お母さんの一言。

胸にジーンと来たね。

この一言が、全てを物語ってるじゃないの。

寝たきりだから大変ね。何て、言う方達もいたのだろうけれど、彼女と旦那様にとって、これが普通の事だったのだろう。

当たり前のものとして、するべきこと。

卓哉君は、きっと幸せだったろう。こんなにみんなから愛されて・・。

障害を持つ子どもを育てるのは、苦労があって大変でしょう。と普通のお子さんを養育する多くの親御さんたちは、みな口を揃えてそう言う。

だけど、彼女達が言うようには、苦労を苦労とは思っていないんですよ。というのが、本音なんだよね。
(中には、私たち障害児を育てている親御さんたちの中には、本当に大変だと思って育児している方もいるかも知れないけれど。)

そんなことを、不謹慎ですが、読んでいてふと思いました。

卓哉くんのご冥福を心よりご冥福をお祈り致します。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
06
(Thu)23:14

あじさいの花 絵画教室

今日のテーマは、静物画は「あじさい」。

で、娘が描いたのが、コレ。↓

DSC03536.jpg


バックは、色を分けたかったのね、カラフルで良い。

途中で、例によって先生が、手をかしてくれたのか?
と思って、「ちーちゃんが描いたとは、とても思えないよぉ。」
思わずそう、先生に聞いてしまったくらい、娘にしては? 良く描けてるなあと。


でも、正真正銘。
そうじゃなく、娘自身の手で描いたもの。

自分の目に見え、脳裏に浮かぶものを捉えて、それを描ける力が、少しずつ。
ついてきたんだね。

今日。
かつての幼稚園の担任の先生が、おっしゃっていたこと。

"このまま額に入れて飾ったらいいよ。"

うん、その言葉。良いかも。(^0^)


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
05
(Wed)23:56

娘との言葉が通じる確率、9割。

今の私と娘との会話成立の確率は、8~9割くらいだと思う。

療育センターに通っていた頃から、約5年半。
ようやくここまで確率が上がってきた感じ。

それでもまだ、親の私でも何を言っているか?
解らない時はあるけれど、そういう時は、主語の単語だけを切り取って、こちらから本人にもう一度、聞き返す事にしている。

風船。という単語が話しに出ていたら、「何? 風船がどうしたの?」と。

まあ、それで何を言っているのか、100%。解る時とそうでない時があるんだけど、ね。苦笑。

チャレンジや学校での勉強のお陰で、だいぶ、意味の通じる言葉が出るようになってきたから、
聞くほうとしては、かなり楽にはなったかな。

5年かかってここまできた。というのも何だか、軽度というのを身を持って体験しているような気がして、「軽いから解らない。」という言葉が、そういうとき、頭に思い浮かんでしまうんだけれどね。

でも。

本当に良くここまで、喋れるようになってくれたものだと心底、そう感じる。
一時は、こっちがホントに一方的に喋ってた。

傍から見たら、「あの人、へん。変な親子。」そう他人には映っていたに違いないだろう。

自分の思いをこうして言葉に出来て、それを相手に伝えよう。と出来るように、少しずつその方法を習得している我が娘。

漢字は読めるけれど、自分が書く文章に、漢字は出てこない。というより、書かない。
だけど、簡単な漢字なら、書ける筈。

学んだこと、教えたことは、"教えて貰った"ことより、本人の中で生かされるのは、遅いですね。
さすが、PDD。発達障害の子だな、と思う。(笑。)

お友達や先生へのお手紙、私やパパへの手紙。などにも私は、漢字を使って書いてほしいなと思っているのだけど、そうして意味のある文章を書くのは、本人。

今の段階では得意。としていないようす。

でも、ちょっとした小さな事だけでも、娘と会話が出来る。って事に、感謝せずにはいられない。
ここまで来られたのは、色々な人たちの支援があったからなんだよな。

その事に感謝!! して、今日も娘との会話を楽しんで、生きてます。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
05
(Wed)23:18

チャレンジウェブをやる娘

娘は現在、チャレンジ4年生を受講中です。

<チャレンジウェブ4年生>

テキスト以外に、ウェブでゲームをしたり郵送した赤ペン先生の問題を、ウェブ返却。
にするとパソコン上で、答え合わせが出来るんですね。

なので、最近はもっぱらウェブにはまっている娘。

一時間以上、やらせないようにしてますが、こちらが声をかけないと、いつまでもやっている。
ので、困りもの。(><:)

ゲームしながら、英単語が覚えられたり、ベネッセさん。

子ども目線に立ち、良く考えられてると思います。

DSC03535.jpg

もう、Pcのマウスもお手のもの。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
04
(Tue)23:47

娘のリクエスト

先日、トピックに上げたはんど&はあと7月号のがま口キット。

当初は私のにしよう!と思って、生地選びをしてましたが、その様子を見ていた娘。

「これ、欲しい~!」

と言い出した。本に出ている子供用に変えたバッグの写真を見て、子ども用に出来るのだと気がついたのね。

で、がま口を手渡して、本人の手で開けられるか?

様子を見ると・・。玉が大きいから、娘の小さな手でも、開けられるよう。

では、それならば・・と。

写真のような仕様にしてみた。向かって左が、内袋。右が表袋。

これを合わせて、口にがま口を取り付けます。紐は、別の革紐などにしようか?
とも思ったけれど、共布にしたほうが、子ども用という感じが出て、可愛くなるかな?と。

DSC03534.jpg

今回のキットの生地。使ったのは水色のものだけ。

内布も、小さなポケットを付けて、オリジナルのタグを縫い付けてみた。

娘も出来上がりが楽しみ♪
のようで、私が作業中には、ずっと「早く出来ないかなあ~。」とうるさく言ってます。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_06
03
(Mon)23:54

今日で約一ヶ月半のアルコール断ち。

今日でアルコール断ちして、約一ヶ月半。

スーパーなどで、お酒の棚などコーナーを通っても、欲しくなることはもうなくなったかな。

不思議ですね、飲まなくなると、お酒の陳列棚が目に入っても、気にならなくなるのよね。

それでも。

今日みたいに暑く、外で美味しそうにビールを飲んでいる人を見かけると、欲しくなることはある。(^^+)
以前だったら、ここで買ってたかも。苦笑。

だから、夜も「お酒がないこと。」というのが、当たり前で、普通になってる。

良く自制が効いてるなあと、自分でも思いますが、もっとイライラっとするか?
と思ったのに、全然、そういう事もなく、すっかり拍子抜け・・してます。


代わりに、たまに夜。お菓子など欲しくなって、食べちゃったり。(苦笑)
お陰で1kgくらい、太ってしまった。

食べ過ぎないようにしないと、いけないな。

このまま継続して、完全にお酒の誘惑を断てるよう、頑張ります。

2013_06
02
(Sun)22:46

子供の1割、永久歯欠損

永久歯欠損

早い子で、幼、保育園の年長さんくらいから生え替わり、遅くても中学生くらいの間までには、28本、全ての永久歯が生えそろう。

と一般には言われているようですが、10人に一人の子どもが永久歯数本が何らかの原因によって、先天欠如の子がいると。

原因不明の為、予防は出来ないので、噛み合わせを正常にするには、歯並びを整える歯列矯正や、インプラント(人工歯根)などの方法で治療したりする方法しか、有効な治療法は、現在はないようです。

この先天欠如。

顎が小さい子に、多いみたいだね。

うちの娘も顎が小さいから、永久歯欠損は、他人事とは思えない。
最近、左下の側切歯から数えて第1小臼歯が生えてくる為、そこにあった乳歯が、抜けてその後、その前の歯が抜けました。
下に永久歯が生えてきているから、ほっとしたけど、怪しいのは右下。

まだグラグラときていないから、当分、抜けなさそう。

この欠損。下顎だけじゃないんだよね、同じ事が上顎でも、言えるのよ。


乳歯の下に永久歯があれば、永久歯が乳歯を押し上げて、自然と抜ける・・のですが、欠如していると乳歯は抜ける事がないんです。

顎が発達する7歳頃までの間に、顎のX写真で歯胚(永久歯の芽)が確認されないと、99%の確率で永久歯欠損となるらしい。
乳歯は普通に生えている事が多いので、生え替わりの時期を過ぎても、生え替わらない。となってようやく気づくケースも多いとの事。

大人になってからも、乳歯があって、それを温存して治療する。という方もいらっしゃる、と先日、ネットで調べたら実際の症例が載ってた。

という訳で、目下のところ、私の最大の気になる懸念事項は、この「永久歯欠損」。

一番、良いのは歯医者さんで、歯のレントゲンを撮って貰うのが良いんだよね。うちは撮って貰ったの、前歯だけだからなあ。

次回、治療に行く機会があったら、先生と相談して、場合によってはX写真を撮って貰おう。

皆さんのお子さんは、大丈夫?ですか。

顎の小さい子は、ホント。要注意です。

欠損はしていなくても、奥歯や親知らずがあるなら、それを抜いて、顎に適正に歯が収まるよう、治療する必要が、顎が小さいといずれは出てくる可能性があります。

これを考えると、我が娘はここに当てはまるんだよな。
親の私も、顎が小さくて、親知らず4本全部、抜いてるんですね。

奥歯だから、抜くのけっこう痛いんだよなあ。

娘にも、この痛さを味あわせる? と思うとそんな風に、生んでしまって・・とちょっと、心苦しい。

・・そういう事にならないと、本当に良いけれど。

(↓サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

DSC03533.jpg

昨年の日経新聞の記事です。

2013_06
01
(Sat)22:54

はんど&はあと7月号とスカート

はんど&はあと7月号。

先月末届いた7月号は、がま口ポーチKit。

DSC03531.jpg

可愛い♪ですよね。

だけど、私はこのキットの表生地。中に使って、表は手持ちの別生地を使おうと考えてます。

DSC03532.jpg

こんな風に、紐と生地を変えれば、子供用のバッグにもなる。
どちらにしようか?
迷ってます。でも、娘。がま口、手で開けられない。

生地によってはかなり印象の違うものになるから、その生地合わせだけでも、考えるのが楽しいです。*(^0^)*

最後に3枚目。

先日の二枚重ねスカートが、本日。完成!

DSC03530.jpg

娘、前と後ろ反対に穿いてる。苦笑。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村