2013_02
28
(Thu)23:57

老人会の方たちとの交流(地域小学校にて。)

今日は、朝イチで副籍として籍を置いている地域小学校へ、「老人会の方たちとの交流」という事で、行ってきました。

この一年の娘の交流クラスは、同じ小学3年生。

みんな「ちーちゃんだ!」

クラスに入ろうとすると、別のクラスの男の子が、娘の名を呼んでくれたり。

三年生の子供たちの間では、既に娘の顔と名前は、認知されていて、通学路など学校の外で会うと、「○○ちーちゃん。」と声を掛けてくれます。

そりゃあ、そうですよね。
皆とは、この春で4年目に入ります。運動会を見に行ったり、交通公園で、自転車のマナーを一緒に学んだり、秋には公園に行って、秋の実を拾ったり。ある時には、音楽の授業に参加させて貰って、皆で曲を演奏した事もありました。

娘の得意な図工の授業にも、参加させて貰ったこともあったね。

そうして、この丸三年間、少しずつ娘のことを解って貰えるように、交流を図ってきました。

今回の「老人会の方たちとの交流」も、その一つです。
以前、昔遊びでやはり同じように、老人会の皆さんとは、この副籍交流で、会ったことがあります。

今回は、私たちの住んでいる町が、今から60年ほど前はどうなっていたか? というのがテーマ。

今、小学校があるところは、昔は畑だった。とか、囲炉裏を囲んで暖をとっていた。とか、みんな子供たちは、メモを取って、真剣に話しを聞いていました。

聞くところによると、それを作文? レポート? にするんだそうで。だから皆、手にノートやメモを持っていたのね。(^-^)

二人の女の子が、「今日は私たちが○○ちーちゃんのお世話をします。」と言ってくれたのですが、お世話?
それはちょっと違うでしょう。と私は思ってしまったのですが、たぶん。担任の先生に、"良くしてあげるんですよ。"という意味で、ホームクラス等で生徒達の中から、事前に選んで決めてくれた子供たち。

悪気はないのは、解ってる。ただ、言い方が、お世話じゃなくて、案内しますとか、補佐をします。という言い方に変えてくれたら、もっと良いかな。

昔の農機具に興味を持ったり、そのお友達が、一生懸命、メモに書いているのを横から、じっと見たり。(苦笑)

皆と一緒に一時間と10分くらい。ずっと畳の上に座っていられました。これはちょっと、凄い。

交流も年を重ねるほど、やはり健常のお子さんとの差が、どんどん大きく感じられるようになってきました。

保育園、幼稚園~小学1.2年生あたりまでは、知的レベルの差が、そんなに目立って感じる事はないけれど、3.4年生になると子供たちも体格が一回り大きくなるせいか、ハンディキャップがある。という子のほうが、彼らの中にいると目立ってきましたね。

それでも。

私が娘を副籍交流を継続させるのには、理由があります。

まず一つに、「発達障害という障害を持って生まれた。」子もいるのだということを、普通の子供たちに知って貰いたい。
というのと、こうして交流を続けることで、子供たちが将来、養護教諭、教師(普通免許)に、幼稚園教諭に、保育士に、介護福祉士、看護師、医師になりたい。と夢を持ってくれる子が一人でも増えてくれたら。

いいなと思うからなんですね。

人の為になることをしたい、人の役に立ちたい。そう思って頑張ろう!とする人たちを、増やす事に、繋がる?
ような気がするんです。

そうすれば、今よりもっと社会は誰にでも優しい世界になる。ひょっとしたら、障害者の世界も変わるかもしれない。

うちの学校は、この副籍交流。
中学生になると小学部の3/1程度の人数に落ちます。

思春期で、理解出来ている年齢だから、普通に交流するのも、難しくなってくる頃だからなんだと思うのですが、私は、その理解が出来る年齢になったからこそ。

こういう子がいて、こういう障害があって、負って生まれてくる子もいるんだよ。と学ぶ場にする為にも、むしろ小学生より、中学生での副籍交流が重要に思います。

娘が中学生まで。今の市にいるかどうかは解らない。

でも、はっきりしているのは、少しの嫌な思いをしたり、感じたとしても、それでも。私は、娘が中学生になっても、この副籍交流を続けたいと思っているという事だけ。

変わらない、解って貰えない、いじめられるかも知れない。
私も、そんな不安、持ったことあるし、今でも心の奥底にはたぶん、持ってる。

だけど、こちらから声を上げなくては、相手には伝わらない。ということもあると思う。
傷つきたくなくて、殻を被っているようでは、たぶん、駄目。

そのままでは何も変わらない。

これが、私が交流を経て学んだこと・・。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
27
(Wed)23:59

チェーンリング、指先の力を付ける為。

娘、どうも指先の力が弱い。

キャップが小さなものになると、自分の力だけでは、開けられません。

例えば、ウィダーインゼリーやQooのぷるるんゼリーなどの、小さな吸い口のキャップ。
後は、薬。塗り薬のチューブや、昔ながらのチューブ糊、瞬間接着剤のゼリータイプのキャップ、などなど。

手首と親指と人差し指を、上手く使えば開けるのは、簡単。な筈。

でも、娘にはこれが難しいらしい。

医学的な事で、弱いのかな?
とも考えたけど、ペットボトルの蓋などは開けられるので、ただ単純に指先に、力を込める事が上手くいってないだけのよう。

なので、少しでも指先の力を付ける為に、どうしたら良いか。

娘の学校へ行く駅前からの、通学路の途中にある、セブンイレブンで見つけたのが、写真のこれ。↓

DSC03334.jpg

皆さん、これ駄菓子屋さんとかで、子供の頃、見たことないでしょうか。

私、これを繋いで、遊ぶのが凄く好きで、沢山繋いでネックレスにしたり、ブレスレットと分けて、身につけたりして遊んでました。

これ、はめるのは簡単ですが、反対に外すのが、ちょっとコツがいります。重なっている部分に、通っているリングの輪を通して外す。

そう、重なっているところを通して、開かないと駄目。

娘も、はめるは私の手なしで、出来るようになりましたが、外すのは、はめる時よりペースが落ちます。

しかし、自然と指先を動かす事になるから、力を付けるにはうってつけ。

家の近くのセブンイレブンには、置いてないので、全てのセブンイレブンに置いてある訳ではないみたい。セブンイレブン、オーナー制度、というか一部、フランチャイズ制ですよね?

違ったかな。その店舗(そこの土地の持ち主)のオーナーさんによって、仕入れるものも、規定に定められたものと、自由に選んで売る。みたいなものがあるよう。特に、子供向けの玩具つきおもちゃは、それぞれ店舗によって差がありますね。

また明日も、バラバラにして、つなぎ、またバラバラにして・・。
娘には繰り返して貰おう。

今は特に困らなくても、(誰かが開けてくれるから)将来的に考えれば、薬のキャップ、糊のキャップ、飲むゼリーのキャップ。開けられないより、開けられる。

のほうが、本人には絶対、良いだろうと。

日常生活の中では、こういう小さなキャップを使ったもの、ないようで実は意外と多いんだよね。

歯磨き粉、ドレッシングの瓶など、開けやすいようかなり改良は進んでいるようですが、それは出口が大きなものだけで、細く出る薬などのキャップは、従来のまま。

小さい方も、変えてほしいよなあ。いつかは・・・。
ホント、心よりそう願う。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
26
(Tue)23:54

ジャーマンポテト

クックパット レシピ、ジャーマンポテト。

昨夜の夕飯に作ったのが、これ。

娘、キッコーマンから出ているジャーマンポテトのレトルト調味料のが、凄く好きで、スーパーへ一緒に買い物へ行くと、たまにこれを持ってくる。笑。

美味しい♪のですが、じゃがいもも炭水化物。

ジャガイモ一個=ご飯一杯の2/1のカロリー、だったとしてもそれと一緒に、ご飯も食べる訳だから、ね。
だから、ご飯は少なめに。

夫は帰りが遅い為、普段の平日は、私と娘だけ家で、作って食べています。
でも、夫が食べないからといって、なるべくお料理は手を抜きたくない。

だから、こんなちょっとしたカロリーの事でも、気になって。(苦笑)

私は、ここにほうれん草やピーマン、ブロッコリーなど、必ず緑の野菜をプラスして、じゃがいも、玉ネギ、ベーコンと一緒に炒めます。少しでも野菜の摂取量を増やす為。

娘は、小さな頃からそうでしたが、繊維質なものを1~2日。摂らないだけであっという間に、お腹がパンパンになっていたな。あまりに出ないので、小児病院で診て貰った事もある。

当時は、本人が食べたくなくても、私の一存で野菜やひじきなど笠のあるものを食べさせてた。

今は、こういう労をかけなくても、野菜は自然と食べるようになっているから、万が一の為、常備している浣腸も使う。ということはありません。

色んな味やメニューを、本人に味あわせるには、給食だけではなくて、家で家族で囲む食卓にも、出してみる。
というのは、食べ物に嗜好があり、偏っていることが多い発達障害の子供たちには、将来の偏食をなくす為には、必要なことだと思います。

話が最後、本題とちょっとズレちゃったけど、「ジャーマンポテト」。お子さんがジャガイモ好きなら、一度、作ってあげると喜ぶかも。

じゃがいも。嫌いな子、あんまりいないんじゃ? ないかな。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
25
(Mon)23:55

今週は3回も学校です。

今夜は雑記です。

興味がないよ~!という方いらっしゃたらスルーして下さって構いません。

今週は、娘関連の事で、娘の学校に3回も行かないといけなくて、早速、週明けの月曜日からバタバタしてます。

今日は、来年度のPTA本部役員と現本部役員との顔合わせ、があって、内容は、プチ引き継ぎ。

正式な引き継ぎは4月。

書記の仕事は、3人で分担します。議事録を録って、それを実行委員会便りとして文章を起こしたり、夏のお祭りのチラシを全校生徒へ配布する、など。(全校配布担当)

役員会・実行委員会の年間予定表および会議室使用申し込み、役員会・実行委員会のお知らせ配布、次年度本部役員の名簿作成、出席名簿作成など。(校内担当)

学校のHPの更新。委員会議事次第作成、総会資料、新年度本部活動計画(案)作成など。(校外担当)


と3人で事前に話し合って、今日決めました。
私が一番上の、全校配布担当。夫が買ってくれた、ボイスレコーダー使わないと。(苦笑)

中学生のお子さんを持つ、二人の先輩お母さんたちが、それぞれ校内担当と校外担当。

現書記のお母さんたちに、色々話しを聞いたけど、私の大方の予想通り、書記は書き物がメイン。殆どPCと首っ引きですね。

ただ、文書などは、その基となるものが、USBやCDRに保存されているものを、使うので、最初から新しく文書をタイピングしなければいけないのは、実行委員会便りくらい。

今日、ボイスレコーダーに入っている音を聴かせて貰ったのだけど、もっと鮮明にきこえるのか?と思ったら、くぐもっている感じ。

聞き取って文書におこすのに、丸二日はかかる。とおっしゃっていたけど、うーん。ホントにかかるかも。

思ったより、書き物仕事が多いのには、やりこなせるか心配になったけど、基となる原本はあるからね。
・・何とか私でもやれるかな? という気はします。

とにかく、やると言ったからには最後までやろうと思っています。


次に、娘の学校に行くのは水曜日。今週は面談週間なので、娘は水曜日が面談の日。

翌日の木曜日は、副籍校での交流が朝の1時限目にあるので、それに行ったあと、その後、娘を学校へ送ります。

木曜は、絵画教室もあるし、今週はHandmadeに費やす時間はなさそう。

週末に、娘のチュニックを裁断したのですが、なかなかその先へ進める事が、出来ないのが今の悩みですね。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
24
(Sun)23:37

少子化問題は妊娠中絶問題から。By野田総務会長

朝日新聞、少子化問題は妊娠中絶問題から。

今さっき、朝日新聞デジタルで、目にした記事。

野田聖子議員が、発言した事を記事にしたらしい。


・・うーん。
中絶を禁じる。という発言も、私は少し違和感を感じる。

野田さんは、不妊治療してお子さんを授かったから、訳あって、やむを得ず中絶する女性たちがいる。という事実を理解出来ないのだろう。と思いました。

だけどさ。
皆がみんな、軽々しく妊娠、中絶しているって訳ではない。

本当に経済的に困って、中絶という選択を、泣く泣くしている。という人もいるでしょう。

養子縁組や里親制度など、そう上手くいっていたら、少子化にはなっていない。

法整備。というけれど、預かって育ててくれる。家庭が日本にそんなにある?

良いよと言ってくれて、預かってくれる家庭を探すのに、今の日本は時間のかかる国。

役所は皆、偉そうな言い方ばっかり。


野田聖子さん、個人としての意見だったら、解るけれど、これがそう簡単に上手く進むとは、到底、私にはそう思えないけどな。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
24
(Sun)00:02

子の事で思い悩む親の気持ち。

私が参加している、にほん村の障害児(広汎性、自閉症も含む)カテゴリーで、良く目にする、親御さんが思い悩んでいる文章。

それを読んでいると、共感しながら、どうやって私は、その思いを克服したかなあ?
と自分を振り返ります。
読みながら自然に回想をしちゃってる?感じ。

娘の障害の有無を受容出来ずに、毎日泣きながら過ごしていたのは、娘が幼稚園に入園した年の頃です。

この時、泣くだけ泣き、悩むだけ悩み、自分の心と向き合いました。その結果が、たぶん、現在につながってる。


私の場合。
周囲の方達の、理解があったから、思い悩むことを超えられたのだと思う。

明らかに、普通の子と違う泣き方や、行動をとる我が娘に、対して。園の先生たちは、娘に合う保育形態を、考えて、こちらに提示して下さった。

今、思っても、このときの園側の対応。して下さったことに、心より感謝。
これがなかったら、今の私も、娘も、たぶんない。

園を卒園する頃には、皆と同じ行動が出来、友達と遊ぶ。普通の子が当たり前のように出来ることが、娘も出来るようになった。
それが、本当に嬉しかったですね。

その時、思い悩んでいても、「こういう子なんだから、対処方法を知ろう。」と思って、思考を変えれば、あっけなく思い悩むことも、不思議と消えてなくなる、んです。

当時からもう5年経ち、長い年月が経過したから・・。という事も、そう思う要因にはなってるのだろう。と思います。

だからこそ。

私と娘にとっては、幼稚園での3年間が、より貴重なものに思えるの。

先生たちは、娘が出来るようになった事が増えるたび、時には泣き、号泣し、娘を抱き、褒めて下さった。

礎。
娘には、立派にあるよね。それは、先生たちのお陰だ。

現在。
思い悩んでも、いつかは晴れる時は、必ずくる。
今、辛いと感じていても、育児は絶対に放り出さないで、いて欲しい。

「子の事で思い悩む親の気持ち。」

これは子を持つ親なら、誰でもあったこと。遅くくるか、早く思うか。の違いだけ。

落ち込み過ぎて、周囲が見えなくなったら、今一度。周りを見渡してみて下さい。

誰もいなくても落ち込まないで。

努力してたら、光は必ずやってくるから。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
23
(Sat)23:57

Tohato なめこスナック

娘が、現在、ハマっているお菓子がこれ。↓

DSC03333.jpg

最近、小学生の子供たちの間で、流行っているキャラクター? だと思う。

近所のスーパーに買い物に行って、その日、たまたま98円でセールで売られていたから、面白半分で、私が買ってみた。のが最初です。

これ、チョコレート味のさくさくお菓子。その食感がお気に召したようで、スーパーやドラッグストアなどに行った際、置いてあるのを見つけると、「買って!」とうるさい。

こびとづかん、といい、このなめこといい、変顔キャラクター。子供たちの間で、受けが良いですね。

昭和生まれの、昭和な、笑。

私には、平成生まれの子供たちの、考える感覚は、摩訶不思議ぞな。

でも、前述の"こびとづかん。"より全然、可愛い顔だね。苦笑。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
22
(Fri)23:57

バレてる! 乗車確認。

特別支援学校 小学部 3年生。私のすること、言うことを良く見て、良く聞いている娘、現在8歳。

自宅から、SBバス停ので一人で、行きバスに乗車出来るようになって、早二週間。

私は娘が通る通学路とは別の、他の通りを通り、娘には姿を見せずに、SBのバス停近くまで行き、娘がバスにきちんと乗るかの、乗車確認をしています。

しか~し

これが、娘にバレちゃったんですよねぇ。

乗るところを確認するのに、私がいるっていうのは、子にバレではいけないの。

子に里心が付くからね。

「やっぱり、お母さんがいなきゃ駄目~!」ってなっちゃう子もいるから、という事らしいけど、バレるな。

というほうが、私には逆に難しい。(><)

私も、解らないように行ってるんですが、ここは娘の動物的嗅覚。笑。が、私の匂いを嗅ぎ分けるのでしょう。

頭は幼稚園並でも、本能は働くんだなあ。こういう事は、ピカ一。笑。

これなら、いっその事、乗車確認する、ってのも止めても大丈夫? そう。

言われなくても、4年生に上がる前の3月終業式後は、この最後の乗車確認も、止める予定なんですけれどね。

そうすると朝の「家からSBバス停まで一人で行く、乗る。」という意味の一人通学は完了する。


あとは、今度は帰りだな。
バスから降りて、朝のルートとは反対側の道を通って、自宅まで。

4年生になったら、始めよう。新しい担任の先生と要相談です。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
21
(Thu)23:43

絵画教室、静物画

今日の教室は、「静物画」。

DSC03320.jpg

サムネイル表示です。(画像クリックで大きく表示。)

手前のオレンジのものが、ハッサクだったか、オレンジだったかな。
で、奥が花瓶に挿した花。

我が子ながら良く描けてます。今回はアクリル。

娘はやっぱり、水彩より色がはっきりと出る、アクリルやクレパスのほうが合っている。

細かいところを、筆で描くのがまだまだ苦手な娘にとっては、しっかりと描かないとぼやけてしまう水彩は、敷居が高い様子。

水彩は細かいところを、上手に描かないと絵が映えない。

そういう意味でも、アクリルには助けて貰ってるな。娘のつたない絵も、それなりに見えるから、不思議だよね。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
20
(Wed)23:47

子供化するオトナたち

三歳児餓死、母親不在中 14歳姉と同居。

先日の祖父が、発達障害の少年を殺害した事件、同様、何か解せないニュースですね。

まず、何で子どもを置いて、一人だけフィリピンに一時帰国なんてする?
しかも一週間以上。幼児置いて。

普通、一緒に連れて行きますよね。

これ、育児放棄=ネグレクト。という一種の虐待!?じゃなかろうか。そんな匂いがぷんぷん? するよ、私には。

それに、14歳のこのお姉ちゃんも、それに加担してる気がする。

あくまでも記事を読んだ上での、私個人の感想だけど・・。


お姉ちゃんのほうは、3日間ほど中学校を休んだだけで、あとは学校へきちんと登校しているらしいから、その間、妹はほったらかし?

になっていた可能性だってありますよね。

お金も食料も十分あるって、言っていたそうですが、妹さんの体内には、僅かな異物しか残ってなかったそうです。

だから、満足に食事を与えてなかった、って事だよな。

最近の子育て世代の一部の親たち、子供より、コドモじゃないですかねぇ。

身体はオトナなんだけど、心はまるで小学生。
そういう大人たち、最近、増えてる気がします。


仮にも、子を持つ親なんだから、「親としての責任、大人としての責任」というのを、もう少し持とうよ。

子供を置いて、どこかに旅行に行くとか、一時帰国するとか、どう考えたっておかしいでしょう。

子供が大きい高校生くらいなら、まだ知らず。


残していったらどうなるのか。まず考えないのかな。

養育する責任が持てず、そこから逃げるなら、最初から子供を作らなければ良い。
そうすれば、子に虐待する。なんてこと、しなくて済む。


この14歳のお姉ちゃん。

ひょっとしたら、一時帰国中の母親に、彼女もまた育児放棄を受けていたのかも知れませんね。

だから、妹はいるのに、相談員の人に、「知人の家に預けています。」と言い、母親に受けた仕打ちを、妹にしてたのか?

3歳の子が餓死。だなんて。

一番、可愛い盛りじゃない。表情が一瞬でくるくる変わって、言葉もこの頃、特有のイントネーションで発する、あの可愛さ。

もうたまりませ~ん! っていう状態でしょ、普通の心理状態なら。


真相はどうなのでしょう。

いずれにせよ、失われた小さな命は、もう決して戻ってくることはない、って事だけは確か。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
20
(Wed)00:23

次に作ろうと思っているもの、ソーイング。

今日は、パターンと生地選びをしました。

これから作ろうと思っているもの。

娘のVあきチュニックと私のVネックチュニック。

DSC03316.jpg

娘のはこれ。
私が好きな荒木由紀さんのデザインとパターン。生地はリバティのMillie(ミリー)。ウエストの部分を絞るリボンが、手持ちのもので、合うのがありません。

なので明日、娘の歯医者さんの後、生地屋さんに行って、好みのものを買ってくるつもり。

デザイン、布、大人っぽいです。

・・出来上がりを楽しみに!

DSC03317.jpg


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
18
(Mon)23:58

将来はやはり企業就労を目指して欲しい。by ママ。

「企業就労」って、一口に言って、こう書くと、何だかやたらハードルが高く見える。

けど、企業が求めるスキルが、あったらハンディキャップがあっても、たぶん、働ける。と思う。

娘にもやはり、そこを目指して欲しい。

だけど、ただ職場体験などを積んだだけでは、就職試験に受かるのは、難しいだろうな。

まず、基本中の基本として、

1. 公共機関を使い、一人で通勤出来ること。

2. 繰り返しの単純作業でも、指示通り、継続して出来る。

3. 挨拶きちんと出来、身だしなみが清潔であること。

この3つくらいは、障害者が就労する上で、大切な三箇条じゃないか? と思います。

とにかく、1は必須ですね。

企業就労でなくても、福祉作業所に行く事になった場合でも、そこにはほぼ毎日、行く訳ですから、親亡き後の事も考えて、出来るだけ介助なしに、一人で往復出来るようになっているのが、やはり望ましい。


はて?
これが、我が娘に出来るか。

甚だ疑問なのですが、心配しているのは、2の単純作業を飽きずに出来、上司の指示をきちんと聞ける、かという点。

現時点での娘を見ていると、これはまだ難しい、ですね。

まず、同じ事をじっとして続けてられませんから。
というより、落ち着いて座ってられない。

立ったり、座ったり、はたまた、ドアを開けて隣の部屋へ、気になるおもちゃを取りに行ってみたり、実にせわしなく、家では動いてる。

だから、「落ち着きなさい。」っていつも娘に、私は声を掛けている気がする。(><)

衝動的に、起こる多動さえなければ、障害者枠で、採用して貰えるのではないかと、親馬鹿だけど、考えています。
気になるほうへ。と簡単にはいかない。と気持ちを抑えられるようになれば、少なくとも落ち着きのなさは、なくなるだろうから、そこをどうクリアしていけばいいのか。

娘と私のこれからの課題。

まだ小学3年生。
違う、もう3年生。小学校生活、あと残り3年しか残されていない。

将来、娘が社会人として、生きる為の基盤を出来るだけ、小学生のうちにとっかかりだけでも、作ってあげておきたいんです。

そうすれば、高校生なって、就職先を決める時、インターン・シップなどの体験が、本人にとってとても楽なものになるだろうと。

"将来を考える余裕があって良いですね。"

という声がどこからか、聞こえて来そう? 苦笑。

ですが、私はただ、現実的なだけ。

娘はきょうだいがいないんだから、自分の足で立たなければ、後は死が待っている。

何が何でも、自立するのよ。

どうやったら、この子が親亡き後、一人で生きて行けるのか。
私は、いつも考えています。

「パパと同じように、私も働く。」

近い将来、娘の口から、こうセリフが出ること、願ってる。

それは、娘が自分の障害を理解し、受容した、という事だから、ね。


かつて。
5.6歳のころ。

「ちーちゃん、一人だから、きょうだいがほしい。」そう娘が私に言った時があります。

この時、どう答えたのか忘れてしまいましたが、娘自身も、納得出来ずに表情が冴えず暗い顔していました。

そう、きょうだいがいたら。

寂しくないよね。
でも、ちーちゃんにはいないんだよ。いなくても幸せな人は沢山いるよ。

拘りは捨てよう。

貴方は、人に頼らなくても、術を心得、学んだらきっと、一人で生きてゆける。
・・力を秘めているよ、ちーちゃん。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
17
(Sun)23:45

支援級の体育。

タイトルにあげた事。

私がずっと疑問に思っていたこと。なんですが、これは我が市にある、全ての支援級、共通の事のよう。

(他の自治体では、個々の支援級によっては、独自のカリキュラムを組んでいるところもある。と聞きます。
が、実際に私は見たことはありません。)

娘が通う支援学校で、いわゆる「朝の運動。」と言われている運動を、支援級では、普通級の皆さんが走っている校庭ではやらないんですね。

支援級の教室にある1~2クラス分、空けたスペースを皆で輪になって、走って、体操をしてる。

娘の就学先を選択するのに、見学に行って当時は、驚きを感じた事、憶えています。
でも、私は、たまたま私が見たここの支援級だけの事かと思っていました。

しかし市内の支援級は、みな同じようなシステムと作りになっている。

これは私の個人的、意見と感想。

支援級の強みって、普通小学校の中に併設されているクラスだから、特に交流。としてふれあいを持たなくても、それが普段の学校生活の中で、普通に出来る。

ということが、支援学校にはない最大の強み? だと私は、思っています。

通学とか、下校とか、近所の皆と一緒に行く。とか自然に、そういうことも子供たち同士で、やれる、やるようになるんじゃないのか?と。

・・どうやら違うんですね。

体育は体育で、その子の交流授業として、参加したり、運動会には普通の子と一緒に、在籍する学年の子供たちのクラスに一緒に入れて貰い、同じ演目をする。


これはこれで、決して悪いことではないと思います。
だけど、それは交流の時でしょ。

私が言いたいのは、一日を通して、ほんの僅かな時間でも良いから、広い校庭を走り回るような時間が、支援級にもないのですか?

ということ。ハンディキャップがある。ってことをおおっぴらにしたくない、他の生徒さんから、何か言われて、いじめられる? とかそういった事を危惧してるのだろう。

片や受け入れた普通小学校(支援級設立を)では、弱者を揶揄する子が出てきて、対応に困るから。

といった理由で、彼らを校舎の中の教室スペースを走って下さい。と言っているの?

まるで、隔離されるように校舎の薄暗い端のほうに、支援級が設置され、さあ、どうぞ。って言われて、「ハイ、そうですか。」と言えるかな。

(これが当時、私が支援級と支援学校どちらに決めなくてはいけない。という時に、支援級を選択するのを止めた理由の一つでした。)

私が見学に行った3年前とまるで、何も変わっていないよう。

先日、この話題を、聞いた時。

もの凄くがっかりしました。少しは変わっている? だろうって。


ちっとも、インクルーシブな世界なんかじゃないじゃない。障害児が、校庭も自由に走れない世界なんて。

それに、支援級に就く先生の免許も、支援学校のように養護免許は必須に、ガイドラインを変更したほうが、絶対に良いと思う。
普通免許で、支援級の先生が出来ちゃう、なんてやはりおかしい。子供は、それぞれ特徴があって、出来る事も違うのだから、より専門性を持った先生が、就かないと、やっぱり駄目だと思うよ。

腰掛けじゃなくて、今、自分は、「ハンディを抱える子ども達の為に、いるんだ。」って事を、先生たちもきちんと理解した上で、子供と向き合って欲しい。

そう強く望みます。

そう出来て初めて、「先生、してます。」って堂々と言えるのでは? なかろうか。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
16
(Sat)23:36

中3の孫、殺害容疑で同居、祖父逮捕。

中3の孫、殺害容疑で同居祖父逮捕。

この事件。

解せないですね。

でも、この殺害されたお孫さんとの間に、何かいざこざやわだかまりが、あった事は確か。

殺し方が、少し執拗だから。

寝ているところを、紐で首を絞めて殺したところに、また包丁で胸や首を刺している。ってことだから、よほど何か恨みのようなものを、孫に感じていたのでしょうね。

それと気になったのは、この孫の少年。

特別支援学校の生徒さんだそう。

イライラして八つ当たりする(お母さんとこの祖父に。)こともあり、祖父との関係はあまり上手くいってなかったとか。

何かの障害があり、知的障害を伴っている少年だったのだろうけど、時折、話がかみ合わなかったりするところがあるのは、こういう障害。なんだから致し方ない。と思って、家族は対応してあげる。

というのが、家族として出来るだけやってあげるのが、責任? という気がします。

障害を抱える子が、家族の中にいる場合、きょうだい、親、祖父母と対、自分。という関係性が、上手くいっている。

というケースは、一般的に言っても、そう多くはないようですね。

なかなか、家族の中に理解して貰えない(障害を)人がいて、ことある毎に、あれやこれやとうるさく言われるとか、障害は、手術でもすれば治るとか。

そんな風に、無理解のもと簡単に言ってしまう、家族。

こういう事を言うのは、祖父母の方達には意外と多いらしい。

うちの夫の父だって、未だに、たまに娘の障害の事を"知恵遅れ。"って言うもの。苦笑。
こんな言い方、今はしないよね。

彼らの時代には、少し違ってマイノリティーな人たちがいる。というのが、遠くから来た移民のような、自分たちとはまるで違う生き物のように見えていたのだろうから、違うってことが、どうしても納得出来ないのでしょうね。


今回の事件も、そういった偏見に満ちたもの。が動機の中に、見え隠れしているように見える。

しかし、こういう風に、「特別支援学校」って出ると、また特別支援学校のイメージが悪くなるなあ。
ただでさえ、支援学校は選択肢にない。とか言われる代表格なのに。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
15
(Fri)23:59

なくしたたまごっちピース!

あああーっ!

遂に高価なおもちゃ、なくした我が家、ピカ一の注意力散漫、娘。


大事な「たまごっちピース」。

DSC03166.jpg


昨日、幼稚園に絵画教室に来ている小2の、男の子とその妹さん(年長)と、お互いにピースで、通信した後、そのまま首に掛けずに、どこかへ置き忘れたらしい。

いつもは首に掛けて、遊んでいるから、今回は掛けてなかった事を、幼稚園の門を出るとき、私がきちんと確認しなかったのも、悪いんだけどね。


(もちろん、教室に行くときは持って行きません。親たちが迎えに行く時に持っていき、教室が終わったあと子供たち同士で、通信しています。)

今朝、家にない事に、私が気がついて、幼稚園へ。

落とし物で届いてないか? 事務へ行って聞いてみたけど、やっぱり届いている訳がないよなあ。

子供たちの欲しがるおもちゃ。ベスト10には、入っている玩具だもん。


誰かが持って行ってしまったに、違いない。


学校から帰ってきた娘に、こっぴどく怒っても、何故だかシラ~っ。としてる。(><+)
その態度に、余計に怒りが収まらなく。苦笑。


障害の特性故の事、なのでしょうが、一つの事に一旦、気と目が行ってしまうと、それまで目に入っていた事。
がどうでも良くなるようで、あれ? あれはどこ?

なんてしょっちゅう。

一体、これで何個のおもちゃを、忘れてきたでしょう。

スーパー、電車内、幕張メッセなどの公共の場、等々。


何か対策をとらないと駄目かもなあ。


これ、今はなくすのおもちゃだから良いけれど、社会に出て、一人で通勤する事になった時に、お財布やsuicaなど、なくした。

なんて言ったら、本当に洒落にならない。

自分のものは、自分で管理する。

これが出来ないと、一般就労は無理だろう、いくらちーちゃんでも。

今の娘には、認知力を高める事が必須。


その為には、何をしたら良いだろう。

かつての娘の担任だったE先生。そのE先生が言っていた、「メモをとること」。

やっぱり、この方法が一番かな。

何を入れたか、持ったか。毎回、いちいち紙に書いて、確認チェックさせる。

めんどくさいけど、やらせてみるとします。今すぐに成果は出なくても、積み重ねていけば、何らかの得るものはきっとあると思う。


ああ、でも。

たまごっちピース。思い出しただけでも、腹立つなあ。

ということで、しばらく外出の際、おもちゃを持って出るのは、禁止!です。


Ps/昨日、空の箱をUP!しましたが、中身のチョコ、出来て詰めました。ので、その完成写真を。

DSC03315.jpg


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
14
(Thu)23:59

娘のチョコとウィルス性胃腸炎

一昨日の夜から、絶不調だった為、昨日は更新出来ず、申し訳ありませんでした。

実は、親の私に、「ウィルス性胃腸炎」とおぼしき症状が出て、ここ二日。PCに向かわず、娘と一緒に、それぞれ布団へ入りそのまま朝まで・・。

という生活。

幸い、今のところ私以外は、夫も、娘も症状が出ていませんので、このまま出なければ良いなと思っています。

どこで、どう? 菌を貰ったのか、心当たりが見当たらないのですが、外に出ていますから、ふとした瞬間に、貰っていても不思議じゃないですよね。

それにしても、ウィルス性胃腸炎って、ホントに突然やってきますね。

一昨日の夜、娘と一緒に、夕飯に作った"トマト鍋"を食べて、就寝前の歯磨きをして寝かしつけた後、いつもようにPCに向かっていたら、なんか気持ち悪いなあ~。と僅かに感じると同時に、恐ろしいまでの吐き気。

一晩で、食べたトマト鍋。全部、吐いてた。

・・スミマセン、汚い話で。

そしたら、翌日。体調が悪いってもんじゃない。

夜中には寝ててもお腹が痛くなるから、眠れないし。
何度もトイレに行くせいで、必然的に睡眠不足。

寝てないから、体力がない訳ですよ。

そんな中、SBに乗る乗車確認はしなくちゃいけないから、娘が家を出たあと、
私も出て、娘には気づかれないよう別のルートで、バス停の近くまで行く。

正直、これはかなり辛かった。
でも、助かったのは、もう娘は、一人で行けるから、私は自分のペースで歩けるってこと。

まだ一緒だったら、娘に合わせて歩いていたら、余計シンドかったもん。苦笑。

で、バレンタインデーのチョコ。

娘もパパへ、あげたい! と言い出したので、急遽、今日、材料をダイエーと100円ショップで、買ってきてあげました。
だけど、今日は課外活動に絵画教室があるので、やるなら帰ってきてからしかない。

なので、それまでに夕飯のおかず2品とお味噌汁は作って、ご飯は夜に炊き上がるようにセット。

結局、作ったのですが、チョコ。夫が帰ってくるまでには固まらず。(もう8割くらいまでは固まってますが。)

パパへ、メッセージまで書いた箱まで用意したのに、ね。

ごめんね。ママが体調を崩さなかったら、もっと早くから出来たのに。

次回からは、気をつけるからね。

で、空箱の写真を。中身の入った写真はまた後ほど載せます。


DSC03314.jpg

頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
12
(Tue)23:50

小学部 授業参観

今日は、小学部で授業参観が行われました。

家の中の家事をみんな済ませてから、行ったので、少し遅くなってしまいましたが、
娘のクラスでの様子が解って良かったです。

火曜日は木工です。

今、子供たちが作っているのは、花台。

鋸で、板と棒を切り、板を棒に重ね、釘打ち。今回は、釘打ちが終わった花台に、ペンキで色を付ける。

という作業と、四角い板に、各々好きなキャラクターの顔を鉛筆で描き、その描いた輪郭上に、線を縁取る?

ように釘打ちをしていく作業の二つ。

これが一通り終わったら、こちらもまた色を塗るようです。


「服に付いたら落ちないから、服に付けないよう気をつけて色を塗って下さい。」と先生の声に、みんな「はあ~い。」

娘。慎重に慎重に塗っておりました。

さすがに塗る。という作業は、絵画教室で慣れているので、本人も違和感なくやってた。

それから、トンカチを使った釘打ち。

これは意外だったのですが、曲がらずにまっすぐ打ててる。

以前は曲がってばかりだったようなのですが、「先生、曰く上手になってきた。」との事。

「凄いね! 上手だよ。」と私が褒めたら、得意げな顔してましたね。


で、参観が終わった後は、3年生のママさんたちと、皆でランチ。
保護者会など、顔を合わせた時は、自然とそういった流れになってるね。

こうして気心知れた同士、たわいない事を話すのは、ママたちのストレス発散の為もあるけど、
皆も、ランチを楽しみに来てる。

お陰で楽しい時間を過ごせました。皆さん、また次回ね!


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
11
(Mon)23:57

聞きわけと、一回、お手伝い50円。

以前なら、買って貰えないものが、あるとそこから頑として、動かず、「買って~! 買って~!」と言い、スーパーなどで私の手を煩わす事が多かった。

でも、最近。

「あれがあるから、(持っているおもちゃ。)があるから、それは買わないよ。」

と私が娘へそう声を掛けて、スタスタとその場を去ろうとすると、

本当に買ってくれないんだ。と解るのか。それとも、自分で買うつもり?なのか。

意外とあっさり、玩具つきのお菓子の小箱を棚に戻すようになってきました。

一人で朝、バス停まで行き、バスに乗れるようになったことが、彼女自身のメンタル面を、少し成長させたのか?
本当に、一回り大きくなったよう。


もちろん、聞きわけが悪い時も、未だにたまにありますが、親の私のほうが、娘自身が納得出来る。ように声掛けをするよう意識するようにしたんですね。

ただ、そんなのいらない! 買わないよ! って、頭ごなしに言うんじゃなくて、似たようなものを持っていたら、

「ね、ちーちゃん、それと同じようなもの、もう持っているよね、同じの沢山あっても、一個しか使わないでしょょう?」

「どうしても欲しかったら、ママとパパとお約束した一回、お手伝いしたら50円あげるって言ったよね。」

「その貯めたお金でちーちゃんが、自分で買いなさい。」

ってな風に、本人が納得するように、諭して言い聞かせています。

この"一回、お手伝い50円。"というのは、夫と私とで、決めた娘の金銭感覚を養う為に、始めたこと。

将来、いずれは自分でお金の管理が出来るように、なって貰う為のいわば試金石。

チップスターの小箱を使って、最初は自分で貯金箱を作って、そこにお手伝いして貰ったお金を入れてましたが、

私が集めているGoofy goodsの中に、貯金箱がある事を知り、(笑)今は、それに入れている。

まだ良くても、4桁くらいのお札までしか、解らないようだし、チャレンジ3年生ではもう、既に10000円単位の数字は出てきているんだけど、本人はまだやっぱり?????のよう。


お金は、実際にこうして、手にさせ見せないとこういう子達は、解らないからなあ。

小さな事を地道にやるしかない。

まさにウサギとカメ。

サーと余裕シャクシャクで行っても、そこで他のところに気がいっちゃったら、いくら早くても誰かに抜かれるかもね。

だけど、周りは気にしないで、自分のペースで歩きなさい。

ゆっくりで良いから、ちーちゃんの足で、進んでね、歩いてね。

そうして、「出来た~!」といってゴールしよう。
早いか遅いかなんて、関係ない。そこに行くまでの、ちーちゃんが歩む道のプロセスが、とっても、とっても大切で、大事なことなんだからね。

・・って、こういうこと。理解出来る日、来るのかどうかわからないけど。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
10
(Sun)23:53

リボンコサージュとミニフラワー・ヘアゴム

はんど&はあと3月号キット、「布コサージュ・キット」で、本の中から2種類。

作ってみました。

1つは、リボンコサージュ、もう一つは、ミニフラワー・ヘアゴム。

くるくる巻いて、作る簡単なもの。

DSC03313.jpg

帽子に付けたり、首に巻いたスカーフなどにアクセントとして付けても、良さそう。

ヘアゴムは娘の髪を結うのに、使おうと思ってます。

さて、次は何を作ろう。
目下のところ思案中です。


本題とは全然、関係ないけど、真央ちゃん。

頑張りましたね!

ちょっとTアクセルが両足着氷だったのが、残念だったけど、全体的にはとても良く滑れていたと思います。

基本から見直ししてから、滑りがもの凄く丁寧になりましたね。

トリプルアクセルに拘りが強かった頃は、結構、細かなところで粗が目立つというか、
ジャンプに重点を置くあまり、他の要素が少しおろそかになっていたところがあったけど、今は一つ、一つ、真央ちゃん自身が確認しながら、丁寧に技をこなしてるように見えます。

佐藤信夫コーチに付いてから、間違いなくスキルアップ!したね。
これは真央ちゃんの自信にも繋がってるんだと思う。


目に見えない暗闇の中を、ようやく抜けだし、光の中へ戻ってきて、手にしたメダル。
私たち、ファンも嬉しいけど、何よりご本人の真央ちゃんが、一番そう思っているよね。

真央ちゃん、本当に優勝おめでとう♪


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
10
(Sun)01:38

復活! 浅田真央さん!

ここのところ、フィギュアの話題ばかりで、読みに来て下さっている方、申し訳ありません。
つまらない? ですよね。

私、フィギュアスケートが好きなので、ついつい書いてしまいます。Sorry!

真央ちゃんの「トリプルアクセル解禁」の宣言から、言葉通り、本当に跳びましたね。

アイガットリズムのプログラムを思いっきり滑っている彼女を観ていて、ようやく曖昧が、確信に変わりました。

そう。

これこそ。真央ちゃんの強み。


ウルウルって来ながら、何とか最後まで頑張って、真央ちゃんのキス・アンド・クライまで我慢しました。
でも、最後の最後は、泣いちゃった。


天国のお母様、匠子さんも、喜んでいると思う。

佐藤夫妻に師事して本当に良かったね。これは、なるべくして、そうなった運命が起こした奇跡です。

一部のアンチ、スケートファンの方たち。

その奇跡に水を挿すように、いちいち、キム・ヨナさんの事をとってつけたようにして話題にして、流さないで欲しい。
でも、これ。私自身の考えだけど、ヨナさんも、出来る事は自分の力で、頑張って努力されているんじゃないかなと思います。
周りが、八百長とかジャッジが彼女より評価を下してる。とか、彼女とは関係ないとこで、皆が煽っているのでしょう。

ただ、スケートを滑って、演技を見せているだけなのに、ジャッジの判断が、ヨナさんびいきだとか、言えるのなかあ。

確かに、ヨナさんの復帰戦のドルトムントのも、点数盛りすぎ?だとは思ったけど、でもヨナさんは、基本がしっかりしている選手ですから、場数を踏めば、あっというまに、現役の全盛の頃へ戻って来られる。


と思います。

1スケーターとして、彼女は十分なもの持っています。

みんな同じラインに立っています。真央ちゃんも、大輔くんも、弦くんも、無良くん、鈴木さん、佳菜子ちゃん。

参加出来なかった、しなかったスケーターの方たち。
プルシェンコさん、キムヨナさんなど。彼らはソチ五輪が最後。と言ってます。

氷上サバイバルか待っている。
ってこと。選手は皆さん、覚悟は出来ているのでは?

一選手だけを卑下して、批判的に書く。読んでいてあまりいい気は、しません。

何よりヨナさんが、見たら傷付くよ。

日本人は礼儀正しい。そうですが、私には、とてもそうは思えないな。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
09
(Sat)23:56

マクドナルドのハッピーセット

今回の女の子バージョン。

キティちゃんのキッチングッズ。

マクドナルドにしては、珍しく実用的です。

本当にお菓子作りなどに使えそう。

娘は、「これで、お料理する~。」って、超ハイテンションで言ってます。苦笑。
4つのうち、二つ。ゲットしたんですが、ローラーのほうは、我が家はオーブンがないので、生地のばしは、出来ません。よって、これは使えない。

で、本日、ゲットした泡立て器とへら。
泡立て器のほうは、パンケーキなど作るときに、家で使えるかも。
これで、卵を溶いて貰おう。


ハッピーセットのおもちゃって、可愛いけど、増えるともの凄いかさばるんですよねぇ。

だから、ある程度、増えるとその時点で気に入っているものだけ残し、残りは処分(捨ててます。)しています。


次は、今週の金曜日からスポンジ・ボブだそう。
個人的に、あまり好みでないキャラクター。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
08
(Fri)23:59

四大陸フィギュア、男子SP

・・思わず、最後まで観てしまいました。しかも、娘と一緒に。(娘は、ホントは21時には寝ないといけない。)

大ちゃん。

公式練習では、4回転も幾つか決めていたそうなので、本番でも大丈夫だろうと、思って観てましたが・・。

プログラムを「月光」に変更してからまだ日が浅いし、身体が慣れてないから? とも言えると思いますが、でも、プロだったら、何としてでも、そこに照準を合わせる。

という事が、出来てこそ、真のフィギュアの王者だと言えるんじゃないかな。

特に大ちゃんは、もうベテランの域にいる選手だから、ファンもマスコミも跳べて当たり前、出来て当たり前。という無言のプレッシャーという重圧も、背中にのしかかるでしょう。
(こういうのは、気の毒だし、何だか可哀想になってしまう。)

でも、私たちファンは、みな、"良い演技"が見られることを期待する。ファンが自身のブログにそう名言しなくても、心のどこかで、ファンはみんな、たぶん。期待しています。

現役を長期に渡って続ける。ということは、こういう無言の期待を自分の背中に、背負うこと。の覚悟がある?
と受け止めることが出来たんだ、という事なんだと思うんだけど、解釈、間違っているかも。

滑る前の表情。いつもの精悍な大ちゃんそのもの、なんだけど、時折、ふっと表情が曇る? 瞬間があったんだよね。
私には、メンタル面で何か、気分を冴えなくさせるような事があったのか?
と勘ぐってみてしまいたくなっちゃった。

羽生君と比べると、どうしても技術的な面で、差が出てしまいますね。
今回の点数の5点差も、それによる。大ちゃんの場合、表現力に重点をおくあまり、技術的な面が、おろそか?になっているようにみえる。

偶然なのか。解らないけど、今回のミス、彼が、初めて出たトリノ五輪。そこで、出してたジャンプのミスと変わってなくない?
少なくとも似たようなミスは、してる。大ちゃんは、もう少し技術力を高めないと、大舞台では、勝てないと思う。

技術力。今の大ちゃんに足りないもの。

彼が、大好きだから、私は敢えて厳しくいう。言われなくても、ご本人が、一番分かっているだろうけど。
だからこそ。物凄くもどかしい。(;_;)


どんなに表現力を磨いても、両方が平均的にいっていないと、フィギュアでは高得点を獲れないのでしょうね。

それだけ厳しい世界ってことなのね。

私が大ちゃんのスケートで、一番好きなプログラムは、「道」。

これは彼の真骨頂。

過去にやったプログラムを、その何年後かのシーズンのプログラムにしては、駄目なんだよね? 確か。

この道での、彼が滑るストレートライン・ステップ。まさに神がかってる。何度、観ても泣けちゃうんだよね。

今回の新プログラムは、春の世界選手権までには、もう少し滑り込んで、彼なりの月光。という色を付けないといけないね。

そうしないと、観ているこちら側には、伝わってくるものが何もないと思う。

大ちゃんは、表現力が私は世界一。だと思っています。
今回の新プログラムも、今よりももっと、月の光に、光とそしてその光に、大ちゃんの色を付けて下さい。

そういう意味でも、明日のFS。良い滑りが観られること、信じています。

追伸/

やはり、羽生くん、一位でしたね。私の予想通り。
彼は上手いけど、まだまだ表現力が自分が持っているスケートの技術に追いついてないですね。ご本人も、自覚して、メディアにはそう言ってるけど。

だから、まだ大ちゃんのように、滑る姿を見て、泣かされたことは、一度しかない。

去年、フランスのニースで行われた世界選手権のフリーの演技。この時の結弦くん。気迫の演技でしたね。

音楽に合わせて、力強く踏むステップ。気持ちが伝わってきて、こちらまで泣いてました。

でも、思う。
不足している表現力を身につけたら、結弦くんは、オリンピックで一番、輝くメダルを獲得。
する日本人で最初のフィギュアスケーターになると。

漠然と、だけど。本当にそんな気がするんです。特に、彼が跳んでいる4回転、観ているとね。
抜群の安定感。跳ぶ時の軸が全くブレてないし、着氷も綺麗。

これが出来るの、今のところ羽生君しかいない。

ごめん。大ちゃん。

だけど、大ちゃんもうすうす、心のどこかで気がついているよね。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
07
(Thu)23:59

おむつ外し。

発達障害に知的が伴っている子供たちって、おむつ外れるの、遅いですよね。

一般のお子さん達が外れるとされる2歳後半から3歳前半くらい、という指針に、まず当てはめるの無理が、たぶんありますよね。

それに、男の子と女の子では、尿の出る出口そのものが違うから、出た。という感覚を男の子のほうが感じにくい?
というのも一理あるようですね。

娘の学校に、中学生になってもまだおむつをはいている子がいて、その子は手や足が不自由で動かせない。
ということはありませんが、知的の度が重度な為、尿意を感じても、それを言葉で伝える事は出来ません。

なので、おむつを穿かせている。という事なのですが、排便する時には、かつての娘がやっていたみたいに、おむつしたまま、そこでいきむ。

そうです。

だから、便の時は、サイン。出てますよね、この"いきむ"って動作が出た時、トイレに連れて行って座らせ、用を足すってことを、親がしてみれば良いと思う。

そうすれば、便はもうおむつにしなくなる。
頭じゃなくて、身体で感覚を覚えさせるのです。

度の重い子の場合、排泄は、ホント大変だよな。まだ小学生のうちは身体が小さいから、学校では先生も、補助するのに苦労はないと思うのですが。

その先の中学生、高校生になってくると、身体が大きいから出る時間を見計らって、先生がトイレに連れていって出させる。のでしょうが、もの凄く労がいってるだろうな。連れて行くだけで、先生は体力、使ってる。

で、何が言いたいのかというと、おむつが外れる、外れない。

の境界線は、子供を良く観察するということ。
出す時、表情がそれまでとは、少し変わっている筈。

度に関係なく、尿意と便意を感じるときは、必ず何かの仕草をしてます。
なので、これを親は見逃さずに、出るまえのそのタイミングで、トイレに連れて行く。

これ、するかしないかで絶対違う。

我が娘が、外れたのは、小学校入学前のホント、直前です。ただこのとき、排便の時は、完全にトイレで排泄。という段階まではいってなかったので、毎日、一枚。紙おむつを万が一。ということで持たせて、登校させていました。

当時は、本人、下着のパンツをわざわざおむつに履き替えて、「見ないで~!」と言って、おむつに排便してましたからね。
今にして思うと、それが娘にとって安心して、出来る。ということだったんだなとわかります。

因みにおしっこの時は、もじもじしたり、股間に手を当てる仕草をしてました。たまに、トイレに連れて行くタイミングを逃し、その場でジャーなんて事もありましたが、その甲斐あって、今では、尿意を感じると自分でトイレに行きます。

おむつ外しに悩んでいる、ハンディキャップがある子を育てているお母さん達へ。

かつては同じ悩みを抱えた親としての、アドバイスです。


ちょっと、普通の子よりマイノリティーなお子さん。
だけど、大丈夫。

遅くなるかも知れないけれど、おむつ外せる時は、必ずやってくるよ。
だから、外す為の努力と試みは、忘れずに続けて。

その努力は、報われる時、きっと来るよ。

頭にハンディがあるから、身体の感覚で覚えさせるの。
そうすれば、きっと外れる。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
07
(Thu)13:12

東方神起 Sky

東方神起 Sky。
(動画ではなく写真と音源。)

この曲。まだメンバーが5人だった頃の曲です。
昨年、スマホでYouTube見てて、偶然、見つけたんですが、聴いてて、小気味良いテンポと歌詞に、思わず泣いてた。

特に後半の「一度しかない今日という日に、思い切りぶつかれば、扉は開くよ。」という歌詞に、今の私と娘の姿が重なってるように感じたんですよね。

後半の三小節。
実に良い歌詞。

別の動画はこちら。東方神起 Sky

このプロモーションPVを撮る時のメイキング映像も、Youtubeで探すとあるので、興味のある方は探してみて下さい。


日本では、韓国に対するイメージってあんまり良くありませんよね。

韓国ドラマを積極的に放送するフジテレビ前でデモし、お台場を行進して、フジテレビの前を陣取ってみたり、する方達がいるし、政治的な意味でも、竹島問題が、関係を圧迫。してることも、関係性に微妙に影響している事も、韓国に対するイメージが悪くなっている要因の一つ。

それが全く、関係していないとは言いがたい。


でも、日本人は、韓国の歌やアーティストが大好き? ですよね?

その証拠に、年明けに行われたKARAの東京ドームでのコンサート。何万人でしょう、多くの日本の方、行かれてますね。そのコンサートの模様が、先日、スカパーで放送がありました。

ただ、純粋に歌っている1アーティスト。

愛している日本人は、沢山います。

この東京ドームライブチケット、即日完売だったそうです。


みんな、何だかんだと言っても韓国、好きなんだよね。

お客さんが手にしてたペンライト。たぶん、会場で売られていた?ものだと思うけど、
プラネタリウム(満席のせいか)みたいに見えて、本当に綺麗でした。

2013_02
05
(Tue)23:59

後追い通学

現在、家の玄関からSBバス停まで、一人で行けている娘。

途中、たまに小走りになっている時がありますが、きちんと一人で行き、SBに乗車出来ています。

学校が提示した、「一人通学へ取り組み」。

のこれがⅡ段階。

娘を先に玄関で、バイバイして先に行かせて、親が後から追います。まだⅡ段階では、後追いをしている事を、子自身にばれても良いし、伝えても良いことになっています。

当の娘も、これは良く解っていて、私が後から追ってきている事を途中で、立ち止まって、こちらを見ます。

私が考えている予定では、4年生に上がるまでには、次の後追いなし、一人でSB停まで。を完了する予定。これがⅢ段階。

その後、同じように、帰りも、バスを降りたら、家まで一人で帰ってきて、玄関の鍵を開ける。ということにチャレンジさせたいなと思っています。

行き帰りの道のりは、本人。
既に頭に入っているようなので、道のりそのものは、大丈夫でしょう。
問題なのは、その過程で、起こることに対して、娘が上手く対応出来るか?

ということ。

例えば、行ったけど、その日のバスが定刻より早く来てしまい、自分は遅れた。

という場合、誰に連絡するか?

一番近いのは、学校か保護者の私。(ゆくゆくは、子供用の携帯電話を持たせること、検討しています。)


困った時はどうするのか?

教えたよ。

道のりにあるセブンイレブンの店員さんに、ここに電話して下さい。って助けてカードを提示するんだよね。

これが、さ。なんかまだ微妙?
のような気がするけれど、トイレを貸してほしい時、大きな声で、店員さんに「トイレ、貸して下さい。」ときちんと言えてる。から、心配ない。・・と思う。

一部の人たちは、一人で通学させるのは、親が楽したいからだ。という。

じゃあ、反対に言う。一生、そうしてお子さんの送り迎えを身体が許す限り、続ける自信があるのですか?

と私なら聞くと思う。それに、私にはとても一生、そうする自信がありません。

だからこそ。早い段階から、出来る事はしておかないと。
これは娘が、「一人生きていく」為の力にさせる為の取り組み。

うちの子は出来ないから、無理だから。と流されたまま、そのままスルーしてたら、チャレンジさせるチャンスを逃す。事に繋がります。

お子さんの出来る芽を、「出来ないから。」って決めつけて、スルーしないで。

どんなに度が重くても、沢山の出来る可能性は、どんな子でも秘めている。

それを良く見て見逃さないかで、その後は大きく違ってくる、と私は思います。


毎朝、後追い。

確かに大変だけど、娘は、何とか傍らに私なしで行けてる。出来る!と思って、少し荒療治だったけど、チャレンジさせたこと。なので、後悔していません。

だから、心配はしていない。でも、ほんとは内心、心配はしてるんだけどね。(苦笑)

むしろ、子離れ。出来てないのは私のほうかもな。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
04
(Mon)23:42

虹が出ました。

今日の午後3時くらいだったかな。

晴れと薄曇りの中、降る雨があった微妙な天気。

まさにジャスト!なタイミングで出来た虹。

思わず写真にパチリ。

DSC03300.jpg

こうして東京に住んでいると、虹は滅多に出ません。

虹の出る仕組み

すぐに消えてしまうかと思ったけど、3.40分は出ていたと思う。

あまりに綺麗で、その場に暫く立ち止まって見てた。

これにWで架かると、Double rainbow って言いますね。
さすがにこれは、日本では、私も見たことないなあ。

虹は空気が澄んだとこじゃないと出ない? 気がするけど、どうなのかなあ。

久し振りに見た虹。

・・・何だかちょっと幸せな気分になりました。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
03
(Sun)23:59

恋愛禁止なんて、時代錯誤。

AKB48 峰岸さん丸刈り。

こんな風に朝日新聞のウェブ記事や、イギリスの大衆紙でも、大きく取り上げられるくらい、衝撃的でした。

でもさ、これ。

AKB48が恋愛を禁止しているから、彼女はこういう行動をとったのでしょう。

もっと他に何か方法はなかったのかなあ。たかが、恋愛しただけでここまでする必要あった?

誰にも相談せずに決めました。というけれど、事前に誰かに相談することは出来た筈。

皆さんは、観てどう思われましたか?

私は観ててあまり良い気はしませんでした。
そして何よりAKB48事務所側の広報戦略に、違和感と憤りを感じた。

AKB48の公式HPにも、峰岸さんがYouTubeにアップした動画が載っていたそうですね。(つい先日、削除されたと朝日新聞のウェブに。)

名とCDを売る為だけの為に。

起こる話題の全てを、巧みに利用してAKB48だったら、何でも良いのか?
というのが見え隠れしているように、私には見える。

20歳の女の子が、「恋愛してみたい。」って思うのは、普通のことでしょう。
むしろ、好きな人が欲しい。と思って当たり前の年齢。

いくらアイドルでも、それを完全に禁止するのは、間違ってる。彼女達は平成生まれでしょ。メンバーの篠田さんがぎりぎり昭和か平成生まれ?。
どう考えても時代が全く違う。

アイドルの名に恥じず、慎むべき行動をとるなら、多少の恋愛沙汰は、大目に見てあげてもいいんじゃないでしょうか?
秋元 康さん。

恋愛すると、相手にのめり込み過ぎて、仕事に支障が出ること。を懸念しての「恋愛禁止」。のルールを立てたのだと思うけれど、頑なにすればするほど、反発してルールを破る子たちも出てくるんじゃない?

一番、遊びたい盛りなのに、自分の思う通りに自由な恋愛も御法度。なんて、私なら、いくら歌は好きでも、最初から遠慮するね。

だって恋は、ビタミンと同じ。常に誰かにときめく心は女なら、持っていたいと思うでしょ。
少なくとも、美しくなるための言動力には、恋は必要ですよ。

秋元 康さん。私、好きだったんですが、今回の事で、それまで持っていたイメージと少し、変わってしまったかも。

今まではAKB48のメンバーに、寄り添う?イメージだったのに、今回。サイトに載せる事を、止めなかったこと。

メンバーの事を誰よりも、想い考えているのはプロデューサーの秋元さんじゃなかったんですかね。

これからは、AKB48。

今までのようには、私自身が見られなくなったね。見ているとどうしてもやはり、峰岸さんの騒動を思い出してしまうもの。

頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
02
(Sat)23:59

ダカフェ日記 森 友治さん。

ダカフェ日記。

私が森さんを知ったのは、娘を産んだ産後、確か半年か一年か?くらい経った時だったと思う。

当時は、PCに向かう時間も、娘が昼寝をしている間だったり、して今のように、夜にパソコンと首っ引きになる。というような事はなかった頃。

お子さんや飼われているペットの犬、風景など日常のありふれた光景を、何気に撮った写真が、本当に素敵で。

DSC03298.jpg

(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

私が持っているのは、最初の1冊だけですが、今はこれの他に、2冊出ています。

この本の表紙の写真。
見た瞬間、何故だか泣けました。

この本で、私もカメラに興味を持って、ひそかに写真を習いたい。と思ったのもこのとき。

娘が4か5の時、夫にニコンのD40を買って貰えた時は、飛び上がるほど嬉しかったな。
今でも、桜咲く季節には、私の一眼レフは、現役。


もう、娘さん、息子さんも大きくなられたので、お写真も撮っていられない?のかなと思っていましたが、スローペースでも、続けていらっしゃるようですね。(去年の6月以降、まだ更新はありませんが、時間が出来た時にします。というスタンスなのでしょう。)

被写体の本人に、カメラを意識させ過ぎても駄目だし、反対に意識しなさせすぎなのも、こういう自然な感じの一枚を撮るには、注意しないといけないね。

それにしても、一瞬、一瞬を良く捉えている一枚が多く、さすがプロ!って感じです。
たぶん、見る視点が成長と共に、変わっていっているからだと思う。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
02
(Sat)00:59

いつまで親が手を貸すべきか。

タイトルの問題。

今、現実。私と娘との間に、横たわっていること。

ちーちゃんは、それが出来るから、良いよねぇ。って声がどこからか、聞こえてくるけど、
私と娘にとっては、これは将来を左右するくらいの、大事な問題です。

まず親。

ある程度の事を教えたら、もうそれ以上は手を出さずに、本人の意思に任せて、やらせてみる。

たぶん、それはどこかで必ず必要になってくる。

心配だから、つい、手を出し、あれこれかまってしまうけど、ハンディキャップがあるからこそ、それは止めたほうが良いと思う。

本人が持つ、自立心の芽をそこで、摘んでしまうよ。

一定の距離を保ったまま、本当に必要になった時に、手を差し出す。程度にしていかないと、子自身が、そこで手が貸して貰えるのが当たり前になって、自分で出来るのにやろうとしない。

という悪循環に陥る。

それから子。

出来ない。というけど、実は出来る事が他にあったりする。

親が出来ないって、決めつけてやらせてみること。にチャレンジさせない、しない。

子供が、「あれ、やってみたい~!」と言った時には、なるべくやらせてみる。


たまに、私はいつまで、こんな小さな事に、いちいち世話を焼いているのだろう。と思う事があります。

貴方の子は、出来るから良いよね。ってここで言われると、反対に、「貴方は本当にそう思っているのですか?」と聞きたくて、たまらなくなる。

絶対! 度なんて関係ないって。
日常生活を送る上での、ちょっとした事は、学校ではね、教えてくれないんですよ。
そこに行くまでのとっかかりは教えてくれるけど、その先にある、「自分の力でやって、自立。」までは、関わってはくれない。

そこまで、親がおんぶに抱っこ。するのは、それはやっぱり違うと思う。家庭で教え、出来る事は、他に必ず何かしらある筈。それをするかしないか、残念ながら親の意識とどう捉えるかのとらえ方、一つによる。

その子の人生は、その親の決定で決まる。といっても過言ではないかも。

・・・学校は教育をしてくれるところだからね。

先生、学校、デイ・サービス、まかせ、おんぶ。じゃなく、家庭で出来る事もやっていかなくては、子供は一生、自分では何もせず、付き添ってくれる人がやっている。という状態から抜け出せなく終わる。

本当にそれで良い?

出来ないからしないんじゃなくて、親が教えようと、やろうとしてないから、子は出来ないんですよね。

小さな芽が、もしお子さんに出たら、そのサインを見逃さないで、是非、次に生かしてほしい。

度に合わせて、何もしないでいたら、その子は一生、介護者なしでは何も出来ない、と私は思う。
介護者に依存する。

度が重くても、手や足が動くなら、立てるし、歩ける。なら、車いすやバギーは使わないように、目標を立てよう。っていう風に、少しずつ親の意識も変えないと、私たち親は安心して、先に旅立てないですよね。

私が今、娘と向き合い、彼女を自立させる為に頑張っているのは、全てはこの為。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2013_02
01
(Fri)23:30

やっと出来た! マカロンポーチ。

DSC03297.jpg



これ、簡単に出来る!ってはんど&はあとの本に書いてあるけど、私は縫うのにちょっと手こずりました。

オカダヤさんのHPや、昔。私がHPを持っていた時の知り合いの方のブログ。等でお菓子のマカロン。
みたいな小物ケースがキットとして出てる。

というのは、前から知っていました。

見てると、凄い簡単そう? に見えるんだけど、実際、自分でこうして縫ってみると、あっという間に完成する。

なんて、私はそうは言えない。

表地を布にせず、キルティングにしたのも、縫いにくさを助長させたのかもしれない。


とにかく。

私にしては、珍しく縫うのに、苦労しました。

ファスナー、重ねて輪にしますが、その重ねる部分を1cmではなく、0.5cmくらいして、飾り布で輪にしたほうが良いかも。ファスナーの外側に、表布を付けて纏るんですね。

そうすると円の縁に合わせながら、縫っていく。ことになるので、加減しながら縫っていかないと、輪の長さが足りなくなっちゃうんですよ。

ファスナーの縁をぐし縫いする。とあるけど、合わせる表生地によっては、くじ縫いは必要ないと思う。

何個か作っていくうちに、要領を憶えるだろうけれど、土台になるような厚紙は、画材やさんでもあまりないよなあ。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村