2012_04
29
(Sun)23:59

基本は挨拶

私が娘と接していて、一つだけ口うるさく言うことがある。

それは挨拶。

家の中でも、外でも、朝、起きたらまず親に、おはよう。もしくはおはようございます。
人に会ったら、こんにちは。何か貰ったり、親切にして貰ったら、ありがとうございました。

お友達と道で会って、話をして別れる時には、バイバイではなく、さようなら。
と、そう言って欲しい。

といっても、子供同士ですから、"バイバイ"になっちゃうんだよね。

寝るときも、娘には必ず、「おやすみなさい。」と言わせてる。

いずれのシチュエーションでも、娘が自分で言うまで、何度でも注意します。

何故、ここまでうるさく言うか?というと、就労した時に、挨拶が出来ていないと本人が困るだろうからね。

娘の学校の卒業生でも、就職したスーパーで、きちんとお客さんにそう言って働いていたし、それが出来てこそ、一人前なのだと思う。

「障害児だから。」そう言って括りつけてしまうと、挨拶。という基本的な概念が、崩れてしまう。
学校でもちゃんと、教わっているし。

娘には、"言いたくない、言わない。"は、理由にしないでね。といつも言っています。

100%理解してるようで、してない気がするけど、「ちーちゃん、ちゃんとありがとうございました。って言ったよ、ママ。偉い?」と私に、この頃、"褒めること"を要求し、頑張った事を親に確認。しようとします。

いちいち私に確認を求めるのは、・・まだまだ、そうすることの重要性を、娘は解っていない。という事だな。

写真。サムネイル表示です。(大きく見たい場合は、画像を1クリックして見て下さい。)

DSC02607.jpg


これからが見頃です。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2012_04
28
(Sat)23:02

米海軍 厚木基地 スプリングフェスティバル2012

今日からGW。皆さんのご予定は決まりましたか?

我が家は、ぼちぼちと・・いう感じでしょうか。

桜はもう散ってしまいましたが、「米海軍 厚木基地 スプリングフェスティバル2012」に行ってきました。

夫と私は、米軍基地や自衛隊の基地等で、開かれる航空ショーなど好きで、昔から良く行きます。

各米軍基地は、毎年この時期に、日米親善の一環で、イベントを開きます。
各基地によって、友好祭とか、親善会とかフェスティバル等、名称こそ違いますが、文化交流という意味では、全く同じ。

ただ、ここの厚木基地。空港のセキュリティ並に、入るのに入国審査がある。
現在の国籍の所在が明記された証明書、もしくは免許証+住民票がないと中に入れません。

入場前に並んでいた人達の中にも、この事実を知らない人達が多くいました。
免許証など持って提示しているのに、何故入れないのか納得が出来ないらしく、米海軍の人に文句を言っている人も。

個人的な私の思うこと。
私は米軍基地に行く時は、パスポートは必ず持って行きます。
何かの折り、いつ提示するようなことがあるか、解らないから、ね。

日本にある基地といえど、米軍基地は一歩、中に入れば"小さなアメリカ"。身分を証明するもの。がいる世界。
基地=米国。なんだということを、日本人はきちんと理解しないとね。

意外とこの事実を解っていない日本人が多くいる。というのが、情けない。
米軍基地の中でも、厚木基地は、特にセキュリティが厳しいのは、有名です。
皆さん、それぐらいは事前に調べましょうよ。
一般常識じゃないかな。身分証明するのに本籍地が入っていないのはNGです。


こぞってみんな休みの度に海外に行くのに、視野がグローバルになっていないのって、人形の頭と足が反対についているようなもの。

前置きが長くなっちゃった。すみません。

同じ海軍基地でも、横須賀のほうが、海があるから船があったりするので、そっちはそっちで楽しい♪んですよ。船に乗れたりするので。
私は行かなかったんですが、娘と夫が先月でしたか。春の親善イベントに行ってきたよう。

DSC02592.jpg

こんな風に飛行機、いっぱいありました。サムネイル表示です。(写真をクリックすれば、少し大きな画像が出ます。)

DSC02600.jpg

娘の腕の写真です。米軍の輸送機の中にいた兵士の方に、水でつけるタトゥーのシールを付けて貰いました。兵士さん達の間で流行っているモチーフのようです。Tシャツに使われていたり、シールにと色々あったので。龍ではなく竜というのも、解釈が米国っぽい。

お風呂に入ったら落ちちゃったので、昼間限定。笑。

DSC02604.jpg


最後の3枚目。
海兵隊の消防部隊のキャラクターのわんことパチリ。

でも、着ぐるみ。
中に消防部隊の方が入って、対応してるんだと思う。

以前は、着ぐるみでも、外人の方でも、人見知りして、全く寄りつかず。
魔法がかかったみたいに、噓のようです。

だったけど、今は親が何も言わなくても、相手の方が言わなくても、自分が行きたければ、行きます。
随分、変わったなあ。

飛行機の乗務員の方と、一緒に2枚、夫が写真を撮った時も、ニコニコ笑顔。
相手の兵士さんが、同僚の方と娘のツーショットを、自身のカメラで撮影。

兵士の方に、"良い笑顔だね!"と娘、褒められていました。

・・本人。全く自覚してない。
貴方のその人なつこさ。天性のものだよ。

私に同じことやれ?と言われたら、気持ちはあるけど、足は動かない。になってると思う。

何はともあれ、大好きな米国を感じ、少しだけど触れる事が出来て、楽しかったな。
だけど、英語は私は単語レベルだなあ。ヒアリングしても、単語しか解らないもん。

まだ韓国語のほうが解るかも。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村


2012_04
27
(Fri)23:58

もう一度、君にプロポーズ

前振りの宣伝映像を観る限りは、あまり興味がなかったんです。

もう一度、君にプロポーズ TBS

が、昼間、一回目の放送があったのを、何気に観たら。
気がついたら魅入っている自分がいました。

・・面白いですね。

脳の病気で、旦那さまとの事、全てを忘れてしまう。
だけど、身体がそれを朧気に憶えている。本人の意識に関係なく。

中堅どころの俳優、竹ノ内豊さんと和久井映見さんが、役柄に合っていて、良いと思います。

今後、どうやって二人がまた、"夫婦"として繋がっていくのかな。
楽しみです。

それにしても竹ノ内さん。
良い感じに年齢を重ねてらっしゃいますね。

フジのドラマを主演されていた頃より、断然、現在のほうがいいです。
年相応の男気を感じる。

俳優さんは、演技の上手い下手に、見た目の視点とか常に加わるので、気苦労も多いだろうな。

今まで演じてきた役の、イメージを払拭するくらいの演技力をつけることで、成長したことを周囲にアピール。
それが出来て、初めて一人前の俳優として世間に認められる。

ここをくぐり抜けるのは、至難の業。そういう職業なのだなあ。というのも、竹ノ内さんの演技を見てて思う。

感情の起伏が激しく、喜怒哀楽の強い私や娘が、同じことをやろうとしても、絶対、無理だね。

演技。自己表現の場。

娘にハンディがなかったら、きっと私も習わせてた、かも。
自分を表現し、それを他者に伝えることが出来る。

誰でも出来ることではない。
だからある意味、竹ノ内さんをはじめ俳優さん、女優さん達は、卓越したものを持っていて特別なんだと思います。

頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2012_04
25
(Wed)23:56

特別な事?をしてる訳じゃない。

昨日の個人面談で、「お母さま、色んな事を娘さんに体験させてますね。」そう、新担任のT先生が、おっしゃいました。

私の意識の中では、様々なこと。というよりは、社会にはこういうことがあって、個々に仕事に就いてて、職業には色んな仕事があるのだと、娘に理解して貰うためにはどうしたらいいのか?
考えることが、普通なの。

「社会を知ること。」に、これから小学校卒業の残り3年間で、親子でいる時間の全てを費やそうかなと思っています。
何か育児で特別な事してる? そんな事、ありません。

私は、娘に普通に接しているだけです。勿論、障害の認定を受けた時は、娘に合ったカリキュラムを受けさせる、親も考えなきゃ。と思っていました。
だけど、そうして意識すればするほど、障害を意識しすぎて、結局、何も出来ていない。

細かい事では、理解出来ない事も、多々ある。障害児だからそういう点はあるけれど、それだけに囚われたくないんですよね。

日常の生活の中で、リハビリ的なことに繋がる事や、子の為になる事って意外とあります。
障害児だから、確かに福祉サービスは受けられるし、我が家も受ける為の準備はしてる。

でもね、預ければいい、行けばいいってものではない。
「親達が楽になりたいから。」いっぱい、いっぱいの時は、それもアリだけど、なるべくなら、頼りたくない。
育児してて、本当に苦しく自分がキツイなと感じた時に利用出来るよう、準備はしておくけれど。

子ではなく親の為。

いつの頃からか、そういった視点のほうが大きくなっていて、子の為というよりは親の為に行かせている。という親御さんも少なくない。

これが社会経験に繋がる?
・・何か。違う。小さなことだけど、多少の違和感を感じるのは何故?


例えば、子供をスクールバスに乗せるまでの、徒歩の時間。お風呂に親子で入って、風呂から上がるまでのでの数分間。

私は、こういうことしてます。

朝、SBに乗せるまでの時間。娘を私より先に行かせて、一人通学に少しでも繋がるように、そのための数十分間に使っています。
何気に送るの、簡単。でも、意識すると全く違う。それを毎日、繰り返すと形はどうであれ、子供にとっては、それが当たり前になり、一人で行けるようになる。

先生に感心されたお風呂の数ぞえ。1~50まで数える。お風呂から上がるまでの私とのルールです。
数えないと絶対に上がらせません。

将来のお金換算に、つながります。

立ったり座ったり、落ち着かない娘を見て、私がお風呂に肩まで浸かるように、やむなく考えた方法。
その間だけでも、風呂水に浸かっていられるでしょ。

多動があるから、同じ姿勢を親と一緒だと保っていられないみたい。
これを致し方ない。とみるのか、それとも、改善の余地あり。とみるのは、親次第。

見方、感じ方、触れ方によって大きく変わる。
子の将来も、意識一つで少しの光、見えてくるよ。



頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

2012_04
24
(Tue)23:59

Cath Kidstonのメジャーとボタン

キャス・キッドソン。

ネット通販サイトがあるの皆さん、ご存じですか?

私は、キャスとても好きで、バッグやレイン・コート、ノベライズ本など幾つか持っているのですが、今回たまたまサイトを覗いたら布幅とか図るのにメジャーがある!

DSC02580.jpg


昔のメジャー!というのしか持っていなくて、こういう可愛いの、見たことなかったんですよね。

思わず買っちゃいました。これでますますソーイングが楽しくなると思う。
本当は、同じシリーズの裁ちばさみも欲しかったのですが、前から使っているものがあるので、止めました。

その変わりといっては、何ですがボタンのセットを。

これ、勿体なくて使えない。><;
あー、もう一つ、買えばよかった。二つあれば、保存用と使うほうに分けられたね。笑。

キャスは、花柄。白地に薔薇の柄が、有名ですが、白地に花模様より、青や赤地に花模様のほうが、大人っぽく見える。

鎌倉スワニー、リバティ・ジャパン、ローラアシュレイ、ソレイアードの姉妹ブランド、レゾリヴァードなど。
どこも個性的で良い。

こんな風に、花柄を取り扱う生地ブランドは結構あるけど、キャスが一番好きかな。
それとリバティ・ジャパン。私がソーイングに使うプリント生地、みんなここのもの。

花柄に見えるけど、良くみるとキティちゃんが柄に入っていたり、リバティ・ジャパンはこういうとこに、細かい遊び心を見せるんだよね、それが好きな理由かな。

キャス・キッドソンは、水玉(ドット)も良いですね。
観てると、本当に飽きない。

ソーイングする上でのヒントになる事もあり、好きなブランドです。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村


2012_04
23
(Mon)23:59

忙しい一日

今日は、朝から多忙な一日でした。

朝起きて、娘と私の朝食を用意し、(夫は朝早く家を出るため、この日は食べない。)それを二人で食べ、着替えて、身支度を調え家を出ます。

娘をスクールバスに乗せ、私はそのまま市営バスに乗り、娘の学校へ。

PTAの新旧の引き継ぎが行われる実行委員会に出席する為です。事実上は、今日が行事部の役員としての私の仕事納め。
制限時間の間に、なかなか新役員の皆さんの間で、行事部内での役割が決まらず、結局、引き継ぎを保護者控え室でしましたが、短い時間で伝わったかな。見事に足早でしたから。


・・私のした仕事を引き継ぐ新しい方、PCが出来る方のようなので、安心。
その方、以前、学校内であった副籍の説明会で、お会いした方でした。

支援学校ではなく外部向け(市内の支援級や盲学校、市民センター等)に配布するチラシやポスターは、全てPcで作成します。なので、PCが使える方がチラシ&ポスター担当には1人は、必要。

"解らないことが、あったら何でも聞いて下さい。" 
新旧役員の引き継ぎで、あちこちで言われる麻薬のような言葉。笑。

実際、これだけで終わらないことも多いし、困った時にも借り出されるのが、役員経験者。年度始めは致し方ない。新役員の方たちが、慣れるまで、経験者の方たちがノウハウを指導するのは、今の時期ならではです。

それが終わったあと、足早に帰宅。ざっと昼食を摂り、娘をSBバス停までお迎え。
引き取ったあとは、風邪気味の娘を連れ、かかりつけ医へ。

診察&薬で、お風呂、夕ご飯、身支度、就寝。

で、PM 9:40分頃、娘は睡魔の奈落の底に落ち、撃沈。
その後、これを書いてます。

ゆっくり考えながらのペースなので、かなり時間がかかって書いております。
ほっと、息つく時間、今日はあまりありませんでしたね。

そのせいか、少し疲れた日だったな。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2012_04
22
(Sun)23:47

毎晩、繰り返すこと。

ここのとこ我が家で毎晩、繰り返されている一人寝就寝、のための修行。

今夜もママ、パパ~!の、娘の怒号のような大泣き声のあと、幕を閉じました。

そこまでしなくてもいいんじゃない?
という声が何処からか、聞こえてきそうですが、我が家にとってはこれが荒療治。

セリフで、「ママ、パパ、あっちの部屋行っていいよ。一人で寝られるから。」と言いますが、
数分後、結局、寝られず、リビングの扉を開けにくる娘。

それが私には解っているので、そのセリフを発した時点で、従わず。
本人の意に従ったところで、後から必ず来ますからね。

でも、それが解ってても、挑戦を続けるには、やはり理由があります。

親がいなくても、自分の意思で寝られるようになること。

出来ないと本人が困ることなので、甘えがいっぱいの低学年のうちから、始めないと「後がきつい。」とと解った時点で、私はやろう!(一人寝)と決めていました。

一人っ子ですから、他の子、自分より小さな子と触れあう事を知らない娘。だからこそ、持てる力を最大限に活かして欲しい。と切に願います。

修学旅行、移動教室、職場体験など、頼るべき親がついていけなくなる機会も多くなる。その時に、パニックを起こさず、自分をアピール出来る力を持っているか。

そうなって欲しくて。何とか就寝時の自立を促している。

なかなか上手くいってない。というのが現状かもしれない。でも、やり続けないと、最終的に娘の為にはなりません。それだけははっきりしてる。

出来るか、出来るのに、待つのには忍耐がいるかな? いるよな。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村


2012_04
21
(Sat)23:56

発達障害の娘と向き合うコト

多くの我が家と同じような境遇にある、ご家庭の親御さん達は、ハンディキャップがある子供と向き合う。ということに、様々、悩みそして試行錯誤しながら、子供と今も、皆さん、向き合っている。

私もその中の一人だ。

この春で8歳になった娘は、知能指数は、まだまだ実年齢とは程遠い。
だから、相手をしていて、苛々としたり、意味が通じないことに、憤りを感じたりする事は、本当に多くあります。

でも、やはり娘と親の私が、向き合う事から逃げては、駄目だと口答えや文句ばかりを言う娘を見てて、思う。
心と心を付き合わせてこそ、相手が解る。それは、障害とか普通とか、全く関係ない。

相手を知る為には、まず打ち解けられるような信頼関係が、必要不可欠になってくる。
それが、解っているから、その上で私なりにこの8年間。

娘を理解しようと、私が出来る事なりに頑張ったと思う。

・・・でもまだまだ。足りてない。一生、これが続くのだと思う。
理解=不可解。
その境界線または壁と、戦って一つの答えを出す。ということを、親は生涯、繰り返す・・んですきっと。

それでも、理解不能?な行動は、治まらない。

親の私と同じ100%にして。といっても、無理だ。

そういう障害だから・・。

無理と解っていても、そんな目に遭っても、続けていられているのは、"向き合う。"という事から、逃げてない、そう親が努力してるから、かな?とここのとこ感じる。

20歳に娘がなるまで、続けられる?

皆さんはどうですか?

私は・・YES!。辛うじて?かな。まあね、至らないとこ多いけど。

産むと決めたのは、私だし、出生前診断を受けなくても、受けても、私は産んでた。
その前に起こったことも含めて、私にとっては、「何の弊害もなく普通に産める。」というのが、大きかったからね。3度目の正直。まさにこれでした。

一度だけ。コップに汲んだ水が溢れて、いっぱい、いっぱいになった時がありました。
娘が入園が決まる満3歳未満くらいだった時のこと。

眠たそうな娘が、"眠い!"と訴え、抱っこ~!とせがみ、寝かしつける為に抱っこ。
暫くそれを続けても、あまりに寝ないので、そのまま娘を下に落としたんです。

当然、娘は大泣き。
私自身もしたことの大きさに、自己嫌悪を感じ、市の児童相談所に悩みの相談の電話をかけた。
泣いてかけてましたね。このときの事、今でもはっきり憶えています。

敷きぱなしの布団の上だったので、事なきを得たけど、これがコンクリートだったら・・。
危なかっただろう。

批判を承知で書きますが、制限量を超え、追い込まれたら人間、何するか解らない。
その超えるか、超えないかの壁と常に、戦っているのが障害児育児だと思います。

それぐらい障害児相手に向き合って、育児するということは、心も身体も労力を使い大変な事。

冗談やまやかしは、障害児には通じません。解らないと思っているのは親だけで、彼ら彼女達は、本能的な嗅覚に優れているのか、その噓が見破られる才能に長けてます。

噓を言っても、娘、解るみたいです。

理由はどうであれ、「向き合う」ことから、逃げては、その先はない。

労力も必要とし、大変なことだけど、それが出来て初めて、親としていられる。

・・そんな気がする。

私の好きな日本語に、「凜として。」という言葉がある。
この言葉通り、どんな状況でも、自分を決して見失わずに、いたい。

なかなかこれが私にはハードルが高い、のですが。

時折、あまりの大変さとしんどさに育児放棄して逃げたくなるけれど、結局そうしたところで、娘が気になるの。
自分がそう思うと解ってる。(^^;
だから、そういう時は、娘。ほったらかしして、1時間くらいイヤホンして、好きな歌、聴きます。それでも駄目な時は、好きなミシンを踏んだりして、何とか自分の時間を確保してます。
あるいはその日が、休日であれば、夫に娘を連れ出して貰ってる。

それだけでかなり違う。

日々、娘のする事に怒ってばかりの育児だけど、子の成長を感じ幸せを思う瞬間は、障害児でも、健常児でも一緒。

向き合う。
しんどいけど、確かに子は、親がそうしてくれる事を、心から望んでる。
これに応えてあげられるだけの、心の余裕を親が持っていられるか?

ということに、かかってる・・んだよね、たぶん。

頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村


2012_04
20
(Fri)23:59

ビリーブ(Believe)

卒園式や卒業式、お別れ会。
私が小学生の時は、"翼を下さい"とか"旅立ちの歌"。でしたけど、今は随分、様変わりしたのね。

お別れ会などで、最近の子供達は、Believe この曲を歌う学校や幼、保育園が多いようですね。

娘の学校でも、先日の離任式とお別れ会で、子供達が歌っていました。それも、歌いながら手話をつけて。

歌詞が良いです。

最後のサビとタイトルが英語だけど、それ以外の日本語の言葉が、今の世に向けたメッセージのような気がして、大人が聴いてても胸に迫ってくるものがありますね。

ママたち、みんな泣いてたよ。


この曲。

子供達の溌剌とした、それでいて可愛い声で歌うから、曲の良さが活きるんだと思います。

聴いてると、自分が小学生だった頃を思い出します。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2012_04
19
(Thu)23:47

離任式とお別れ会

今日は、娘の通う支援学校で、この春、別の学校へ転任された先生達の為に、毎年この時期に開かれる離任式がありましたので、それに私も出席してきました。

昨年度も娘の担任だった男性教師の方が、離任されたので、式とお別れ会にも観覧させて頂いたのですが、毎年、感じるのは、先生達と子供達の絆というか、想いの結びつきは、支援学校ならでは、だと思います。

どこの学校、学級でも同じ思いを、抱いて教師という職を志し、実際に職に就く。

でも、教職。というのは、年数を重ねる毎に、最初に抱いた厚い志を、少なくとも、長く持ち続けていられている先生は、そう多くはいない。

長く続けていくには、かなりの努力が必要な職だもの。何か自分の信じる信条のようなものを、持っていないときつい職業。

先生達は、自分達の出来る事を、精一杯、頑張ってやっているのに、今流行の「親が学校に理不尽な事を言う。」というモンスターペアレントと称す、親達がいる。

確かに、細かいところに気が使えず、先生としてどうか?

と感じる教師の方も、最近は増えました。

だけど、「うちの子だけ、給食は別にして、私の作った弁当を食べさせて下さい。」とか、「アレルギーがあるのでケイタリングにして下さい。」など、そういう親が、ここ日本でもいる。っていうことが、まるで違う異次元で起きていることのようにも思える。

現実として、突拍子もない事を突然、言い出す親は、学校の種類に限らず、数年前と比較しても、間違いなく今の日本は、増えてきてるね。

そんな中、娘の学校は、本当に良い学校だと思います。

親も先生達も、子供達の心にいつも寄り添っている。子供達の前で、先生達がそれまでの勤続した数年間の感謝を語る際、子供達は皆、個々にきちんと、それも真剣にちゃんと聞いています。

障害だから。聞いてない?
そう親達は思う。決してそんなこと、ないんですよ。

思いを言葉には出来ない、喋れない。でも、先生達の顔はちゃんと、皆、心に刻んでる。
言葉なんか出なくても、ほんとうはそれだけで、良いのだと思う。


今回、同学年のママさんの発案で、私達新三年生が1.2年とお世話になった先生に、メッセージを書いた色紙をプレゼントしよう!ということで、娘も私も、それぞれに先生へメッセージを書きました。

E先生。子供達主催のお別れ会で、泣いてらっしゃいました。
私と他のママさんは、思わずもらい泣き。

その間、子供達は何となく「哀しくて泣く。」という感情があることを悟っているようでしたが、やはりその部分に障害がある情緒障害の為、なかなかダイレクトには伝わらない、みたい。

うちの子も、理解出来なくて、ぼーっとしてました。苦笑。
この感情を将来的に、娘は理解出来るのか?

今はまだ未知数なのは、変わりないかな。

「ちーちゃん、E先生。いなくなって寂しくないの?」と聞いたら、即答で、「うん、寂しくない。きっとまたいつか会えるから。」

そう言いました。実は二度、(離任式のある前とあった後。)同じ事を聞いてるのですが、二度ともそう答えました。

本人。本当に心の底から、そう信じているよう。

やっぱり、寂しい、哀しい。という感情はまだ解らないんだ。と返答を聞き、複雑な思いを感じましたが、こんな立派な返答が返せる。ことになったことが、親として嬉しい。

先生達の子供達に対する深い愛情が垣間見えた、素敵な式とお別れ会でした。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村


2012_04
17
(Tue)23:38

注意力散漫な娘

丁度、お迎えの時間帯。(15:30にSBが学校を出ます。)
午後3時前後にもの凄い豪雨と雷。

迎えに行きたくないなあ。と思いながら、娘の希望どおり、ミニーちゃんのポンチョ(先日のディズニーランドで買ったもの。)を、雨が降っていたら、持ってきて欲しい。

というので、持っていった。

着て、自宅に帰ってくるまでは良かった。

が、脱ぐとき、力任せに、スナップボタンを外したのが、良くなかった。(泣。)

ミニーちゃんのポンチョ。前のボタン。裾までないんですね。その途中で止まってて、スタンドカラーの洋服のような、途中まで開きがあるタイプ。

本人、それが解っていない。
何度も着て、そういう仕様だと解っている。と親は勝手に思っていました。
今、思えば、これが良くなかったんですが。

そのボタンを外す際、開き止まりを破ってしまったんです。

それで、私の怒るスイッチが入ってしまい、こっ酷く怒ったら、あーでもない、こうでもないの文句、一辺倒。
私が怒るのが、解らないらしい。

自分でやったことなのに、「ママが怒るから。」と私のせいになっているのは、それは違うよ、ちーちゃん。

落ち着いて良くみれば、簡単に解ることなのに、気が勢でいるから、必然的に注意力散漫になってるの。
発達障害、云々というより、反対にそのせいにして、"出来ない。"って思い込んできた。んじゃないか?

と。

支援学校に入学して、今年で3年目。

「周りを良く見て、落ち着いて行動すること。」娘は、今まで先生に言われ続けてきました。
酷い頃に比べたら、それでもここ2年で良くなったほうですが、まだまだです。

学校では及第点をとる行動が出来ていても、家では親に甘えているのか、学校と同じようには、出来ていない。
少なくとも、じっとしていられない。という障害の特性の一つ。多動が娘にあるからだと思うけれど、そのせいにして、"出来ない!"と言い、自分の障害と自身が向き合うこと。から逃げて欲しくないんですよね。

こんなことで、毎日、毎日、怒りたくないけど、自分がすることに、注意を払う。これからしなければいけないことに、気を払う。

出来ないと、困るのは親の私ではなく、当の娘。
親がいる今は、その事を指摘するする事が出来るし、言ってくれる人がいる。

親が先に逝ったら、誰も指摘してくれない。ヘルパーさんにお世話になっていたら、その方が指摘してくれんじゃない?
私は、そういうのは期待していません。

夢は、自身でそれに気がつく事。

広汎性発達障害の、若干8歳、女児。
途方もなく飛び越えるには、高すぎるハードル。

でも、超えないと高校生のお兄ちゃん、お姉さんには、なれないよ。

ママやパパが言った、あそこに行ったことある、など親が、普段はあまり気に留めないよう細かい事も、本人は憶えていたりするので、記憶する力にムラがある?

多少はあっても、そう大きく欠落?(記憶力)してるようには、親の私でも見えにくい。

新しい事を憶える余力はあるのに、目の前にあることに注意がいかない。
このギャップは、何?

・・障害の特徴とはいっても、何か違和感を感じる、なあ。でも、だけども、ありのままの娘。これが娘なのだと、受け入れたつもりでも、100%は、受け入れてない・・のだと私自身、最近、思う。

私自身、発達障害。それも"広汎性"。何故、そう付くのか、100%、理解していない事にも、問題があるかも。(><;

・・心の洗濯。私には、今しなくちゃいけないこと、だね。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

2012_04
16
(Mon)23:06

HTMLのカスタマイズ

すみません。
読みに来て下さった方、今夜も障害児育児ネタではありません。
・・あしからず。

もう既にお気づきの方、いらっしゃると思いますが、Blogの背景画像を春も深まった事もあり、最近変えました。

でも、3カラム表示で、背景が黒と白。

黒が気に入らないので、こちらで気に入りの色に変更。fc2。スタイルシートの作者さんの意向で、カスタマイズしてもOKか否か、作成者が選択します。

なので、私が今回選択した壁紙さんの制作者は、カスタマイズOK。

で、変えました。
HTMLがどこなのか、変更するBGCOLOR="..."のタグが解らなくて、四苦八苦。

タグの本。肌身離さず見て、箇所を調べました。泣。
解説本、ないとこれは解らない・・・と思う。
それぐらい、細かいね。^^;

だけど、タグ。解るともの凄く楽しいかも。それまでの見方が変わるもん。

携帯電話の使い勝手と同じで、自分仕様に変えられたり、ね。
自分でHTMLタグ文。書けたらもっと世界が広がると思う。

理数系、苦手な私にはかなりハードルが高いけど、PCは好きだから、何とか使いこなそう、解ろうと私なりに、努力はしてる? かなあ。
でも、さすがにスタイル・シートは私には作れない。

以前、HPを持っていたことがあったけど、あれもかなり作成ソフトに助けられてた部分、ありました。
今は、ある程度、インターネットに繋ぐ事が出来るなら、個人HPを持つのも、そう難しいことではない。

そう思います。

といっても、今は皆、ブログやfacebookがメインですよね。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村



2012_04
15
(Sun)23:36

裁ちばさみケース

夫に娘を連れ出して貰い、家事を終わらせたあと、ほぼ半日。

私はミシンを踏んでました。これが私の一番のストレス解消法。

布とレースやら、パターン(型紙)とミシンに囲まれて、その中で死を迎えたい。笑。
茶化す訳じゃないけど、それぐらい私の大好きなこと。

半日で、3つ。作ったかな。
写真にないけど、一つは布の収納ケース。これ、お菓子のストック入れにしました。

それから娘の机の椅子の座布団。もう一度、綿を入れ直して作り直し。
煎餅のようになっていたので、もっと厚みを持たせたい。とは思ってたの。

もうお尻が痛くないそう・・です。

そして最後に。
タイトルにもした「裁ちばさみケース」。

布小物作家の、杉野未央子さんのデザイン。

私も裁ちばさみは、なくてはならないもの。付属のビニール製のケースが破れて、気になってはいた。
でも、小物類って、細かい仕事が多いので、どこか作るの避けてた。苦笑。

DSC02574.jpg

これで後、紐のところにスナップをつけて完成!です。

愛着ある生地とテープで作ったので、これは大事にしたいと思います。
二つあるのは、一つは裁ちばさみ、もう一つは、ピンキングばさみ用。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村


2012_04
13
(Fri)23:58

ブランシェスのサンダル

娘のこの夏に履くサンダルを買いたくて、学校から帰宅したあと、近所のイトーヨーカドーへ。

子供服を取り扱うフロアに、Branshes(ブランシェス)とnu(ヌー)が隣り合わせに店舗があり、欲しいものがある時は、どちらのお店にも良く行きます。ともに女の子テイスト、高めのデザインが多いので、好きなブランド。

春前に、nuで娘のパンツとカットソーを購入しましたが、今回はBranshes。

最初、ヨーカドーの斜め向かいにある、しまむらで見つけた、キティーちゃんのグラディエーター・サンダルが気になって、これにしようかと思い、娘にも試し履きさせてみました。
が、やっぱりヨーカドーも見て見よう。と。

結果、大正解。

もの凄くキュートなサンダル、見つけました。オンライン・ショップでも人気!ですね。

Branshes

DSC02569_convert_20120414002522.jpg

色違いに赤があり、あまりの可愛さにかなり迷いましたが、夏のワンピースなどに合わせやすいほうを考えて紺色に。
シンプルだけど、女の子らしさがあって、これはGood!
布だから雨の日は、履けないけど、ひと夏、履きつぶすには、価格的にも丁度いい。

因みに左のは、キティちゃんのビニール樹脂の、最近、小学生の女の子の間で流行の靴。

昨年ぐらいから夏、こういうの履いているお子さん、良く見かけます。
可愛いけど、これ靴擦れしないのかなあ。娘にせがまれて、結局、買ったけど、あっという間にかかと。

擦り減りそう。(><)

頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2012_04
12
(Thu)23:52

いつになく暗い絵 絵画教室

画像1


今日の絵。

娘にしては珍しく寒色系の色を使っています。

先生が「何かありましたか?」と気にするくらい、娘が普段、教室で描く絵とはだいぶ違います。

たぶん、教室に行く際、途中から一人で行かせている。ということが、今回の場合、関係したかな。

今までは、幼稚園の門まで、私が送って行き、娘が門を入ったらそこでバイバイ。としていました。

が、ここ2週間。その距離を長くしたんです。

幼稚園の門ではなく、もう少し手前の道路の端で別れて、そこから歩いて門まで行き、中に入る。
という風に。

それが、やはり淋しいのでしょう。気持ちが絵に出たってこと、ね。

でも、私はこの距離をどんどん長くしていくつもり。家から幼稚園で行われる絵画教室まで、目と鼻の先だもの。
決して一人ではいけない距離ではありません。

ここを乗り越えられれば、うちからスクールバスのバス停までの一人での行き帰りも、夢じゃない。

ちーちゃん、ここは貴方の頑張りどころです。
一人でもやれる!というところをお母さんに見せて下さい。

小学校3年生のお姉さんです。

「もう3年生だから。」その言葉通り、やってみてね。お母さんは期待しているよ。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2012_04
11
(Wed)23:03

3年生になって初めての保護者会

今日、3年生になって初めての小学部、保護者会に行ってきました。

年度初めなので、参加された親御さんの数も多め。
全体の会(1年生から6年生)は、殆ど終わりのほうにしか参加出来ず。(><)

"新PTA本部役員の紹介。" 立ち会えませんでした。うーん、残念。

正式には5月の総会までは、私の行事部役員としての任期はあります。
今年度は、何とか決まりましたが、来年。本部役員の役回りが私に回ってきそう。
・・その覚悟は、昨年、行事部の役員を引き受けてからもう出来てる。
たぶん、次は書記。

PC。使える人。私と他に一人の親御さんしか、今の3年生にはいないので。
半分、白羽の矢が立ってる。苦笑。
何だかなあ。
ある意味、有り難い事?だけどね。それだけ信頼されてる?って事。
感謝しなくちゃ。


保護者会。

私の体調や特別に外せない用がある時、以外は毎回、必ず行っています。
特に年度初めは、担任の先生が変わったりしますから、先生達との顔合わせの為、行かないと。

後は、お楽しみは、同じ学年のママ同士の、「お昼のランチ。」
これは、皆、日頃の育児ストレス解消の意味合いもある。笑。

もう満2年も一緒なので、気心知れてるせいか、話してても、とても気が楽ですね。

こんな風に、同学年の親御さん同士、結びつきが強い理由には訳があります。
まず1つに、毎年、学年が上がる度、PTAの役員を各学年、4人ずつ選出しないといけない。
だからお母さん同士、ざっくばらんに、話をする必要があるから。

そうして選ぶほうが、親御さん達の中に、しこりは残らないからね。
皆が納得して、選んだのだもの。

因みに、私の所属する学年では、保護者会に来ない親御さん達は、役員を決める際に、集まるようにメールや電話などで、呼びかけますが、来られない方は、必然的に除外してます。

なので、来られる人達だけの中で、役員人事は回る事になります。
これは、私達の学年に限ったことではなく、他学年でも同様のよう。

まあ、ある程度は致し方ないかなあと思いますね。来たくない、来られない方に、来るよう無理強いするのは、良くありませんもの。

なので、そういう事も含めて、我が校は、PTAは今年度から任意加入制を導入。

一見、厳しいようだけど、これにも理由がある。

ようは、「もっと学校、地域、お子さんに関わって。」と障害児育児をされている親御さんに、その意思を伝える為のもの。

仕事や自分のしたいことが優先なのは、解りますが、子供自身の事を考え、思った時。

地域や学校に関わる事をしてこなかった。

お子さんが就職したりする年齢になった時に、困る事象が現れたりする。そういう風になったとき、取り返しがつかない。といった事態になる事もあるんです。

役員はしなくても良いから、学校=お子さんの日常。と関わる努力を親御さん達はして欲しいなと、切に願います。そこに仕事や来たくないから、関わりたくないから等の理由は、言い訳にはならないよ。
中には、入学から3年生になるまで、一度も学校に来ない。という方もいる。

預けたら預け放し、全て先生まかせ、学校まかせ。これはやっぱり子が可哀想です。


・・自分の為。は、まず置いておこうよ。子供が成人するまでは。
したいことは、子の自立先が決まってからでも遅くはないでしょう。

それが、障害児を育てることの宿命だと思う。自分の時間を犠牲にしなくちゃ、ある程度は。
その覚悟。親御さんにあるかないか。
かなり差があるんじゃないかな。

最近は、親目線で育児する人が多いですね。
そうではなくて、子目線に立ち、気持ちに寄り添える育児を本当は、親はしないといけないのだと思う。

子は、親の心からの深い愛情を感じて、育つ。
・・障害、健常の有無に全く関係なく、全てはそれに尽きる、と私は思います。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村
2012_04
10
(Tue)23:59

日本脳炎 予防接種(特例接種)

今日、市の保健センターから、送られてきた「日本脳炎 予防接種(特例接種)」のお知らせ。

昨年度、23年5月の予防接種法の改正で、接種が不足している日本脳炎の予防接種が受けられるようになったとのこと。厚生労働省が、指定した対象者に順次通知を始めた。

・・ということで我が家にも届いた。ということ。今年は、小学校2.3.4年生が無料接種の対象。

この案内の通知そのものは、昨年度から始まっているようです。

娘が幼少のころは、日本脳炎の予防接種後に重篤な病になった事例が出て、その事をきっかけに接種の案内が中止されていて、再開されたのは、確か22年度から。

あまり受ける必要はないかな?と思っていたのですが、うちの子も今回の特例接種の対象になっているようだし、受けよう。と思い、かかりつけ医で今日、第一期の一回目を受けてきました。

全部で4回。接種が義務つげられてますが、初回が2回。6日から28日までの間隔で2回接種。ということですから、次、また一週間後に受けに行かないと。

3回目は初回完了後から1年もしくは2年経過したあたりに1回接種。

第2期に追加で9歳から12歳の間に1回。

計4回。接種。ということですね。
この4回とも特例なので、接種費用はかからない。ということらしいけど、それなら全ての予防接種を無料にして欲しいよ。
ダメかしら。

以前いたgooのブログの時に書いた、ロタウィルスも、承認が出て任意接種で受けられるようになったんですね。待合室にあった感染症、予防接種の小冊子で知りました。

これは良いことです。本当は出来れば任意接種じゃなく、定期接種にロタウィルス加えて欲しいですけどね。
子だけじゃなく、大人も感染するからね。
これにかかると常に、下痢状態が何日も続く、ので体力のない子どもは、もの凄く辛いと思う。
それに、おむつを下痢する度に、お尻をお湯で洗ったり、お尻ふきで拭き、おむつを替える、ので体力的に親もけっこうきます。

是非、定期接種に入れて欲しいなと思う。

予防接種、受けに行くよ~。と言った時点で、恐れおののいてましたが、先生が腕に針を刺すときは、一生懸命、泣くのを堪えていました。

終わった途端、大泣き状態。
おいおい、ちーちゃん。
いつもは泣かずにケロッとしてるのに、どーしたの。

どうやら私が誇張しすぎた?のが原因らしい。

一週間後にまた、2回目を受けに行かないといけないよ。
また、泣きますか?

ちーちゃん。

そんなこんなで、日本脳炎予防接種、完了までもう暫く、注射の痛みに耐えて貰うよ。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
2012_04
09
(Mon)23:59

短期記憶と長期記憶

新学期が始まり、娘もクラスメイトのいる環境にも、あっという間に順応。

そりゃそうです。もう2年。(この4月で3年目に入る。)
新3年生の全員のお友達の顔と名前は、完全に憶えています。この春、もう一人増えて、21人になったので、覚えていないのは、その子の名前くらい。

そう、この記憶力。今日、明日、覚えたものではない。
障害のある娘が、何度も繰り返し覚え培ったものだ。

もともとあまり、ものを記憶、する。という事は苦手。

普通の子なら、簡単に覚え出来る事でも、短期記憶が出来ないから、当然、出来る筈はありません。

例えば、みかん、ブロッコリー、はさみ、鉛筆。と絵に描いてあるものを見せます。

何があった?
と聞くと、最初の二つくらいは、覚えているけど、残りは?と答えられない。
一瞬でぱっと、脳裏に焼き付ける能力に、発達障害だから劣ってるんですね。

これがどうだとかじゃなく、この短期記憶。というのは、将来、仕事に就くときに、必要になってくる。
ので、今から磨き、出来るようになっておかないと。

その反面、長期記憶。

親の私が驚くくらい良く覚えてる。

前、どこに行ったとか、あそこでこんな事があったね。とか随分、前の事をきちんと記憶してるので、"記憶"することそのものは、出来るんだと思う。

ただ、ことある毎に、この昔話を、本人、ずっと言ってる。(^^;
(因みに意味は通じてます。)
一人で喋ってる変な人。という普通の人からみたらそう思われるだろう。

本人は、まだ、場を読む。ってのが現段階では出来ていない。
100%ではないのは確か。
言葉は喋れるけど、こういう問題もあるので、喋れる=普通級、支援級。というのではないと思います。
軽度でも、その子の理解力による特性に応じて、先を選択するのが妥当。

少し話し逸れました。
ずっと喋っている独り言。多いけど、本人が体験したことを喋っているので、合ってはいる。
でも、矛先が違ってる。その能力と力。他に活かそう。

靴下を履き違えないように、指針を示してあげるのは、親の役目? かな。



頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


2012_04
08
(Sun)23:59

毎年この時期になると、近所の桜並木のある川の土手に、桜を見に行きます。

今年は寒さが長く続いたせいか、まだ3.4割程度の開花。満開までは、一週間くらいかかるんじゃないかな。
都内、満開だと言っていますが、都心と郊外では、1~3度くらい気温に差があるので、その差が大きいよう。

吹く風も、冬物のコートとまではいきませんが、羽織るもの。が必要な風。

私は、桜の花。大好きですが、散ってしまうことが解っているので、咲いたその瞬間の姿をいつも目に焼き付ける。

花びらが風に煽られ、ぱーっと散っていく。様子を見るのは、美しいけど、時に儚く思える。

この時期だからそう思うのか、それともただ感傷的になっているだけなのか。
新しい年が始まる区切りだから、そう感じるのか。

・・・解らない。

でも、この憂いと美しさと、そして触れれば消えてしまうような儚さ。を感じる事が出来るのは、春夏秋冬があるこの国だから、この国にいるから感じることの出来るものだと思う。

日本ほど春夏秋冬がはっきり解る国、ないと思います。
こういうところに、日本の良さ。あるのに、それに気がつかず海外移住をする日本の人達もいる。

桜が咲いて散り、木々の青さが光って、潮の匂いが鼻につく。
紅葉の葉が色づいたら、山の麓にうっすら雪が積もる。

季節が変わった。と感じる心の余裕。
持っていなくちゃな。って私も思う。

桜。言葉いらないね。本当に綺麗。


DSC_0028.jpg


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


2012_04
07
(Sat)01:11

先生がいない。新三年生。

6日の金曜日から、娘は学校が始まりました。

新三年生になってからのこと。

今まで2年もお世話になっていたE先生がいない。
転任なさったんですね。
E先生! そんなの聞いてないよ。学年担任じゃなくても、うちの学校にいてくれる。そう勝手に思っていました。

・・ショックで暫く何も手に付きませんでした。

娘の担任にはならない。という事までは、先生から直接、聞いて存じていましたが、
それは支援学校にはまだ在籍している。という意味だと勝手に思っていました。

帰りのスクールバスを降りるなり、「E先生、他の学校に行くの。T先生のクラスになったよ。」
と発した時点で、私は泣きそうになりました。

それぐらい娘も私も、全服の信頼を預ける先生だったので、今回の異動の話は寝耳に水。

せめてあと一年。いて欲しかったなあ。

教師としての情熱に、溢れ、子供と真剣に向き合う事の出来る数少ない先生でした。
(同学年の違うクラスの親御さんからも、E先生は凄いね!と一目置かれる方。)

だからこそ、親も子も先生に心奪われたのだと思います。

支援学校は、思ったより先生達の異動が、年ごとに多い。大体、一人の先生につき3~4年くらいで、皆さん異動願いを出すようです。それは、将来の為に繋がるスキルUPを目指す為。

色んな場所で、経験を積んで、一人前の養護教諭になるために、先生達も学んでるんですね。

E先生はというと市内にある、高等部だけの特別支援学校へ転任されました。
よりスキルアップを、目指したんですね。
この選択、解ります。

書いてると先生との初対面を思い出し、私のほうが涙が出るのですが、お世話になった当の娘が、別れて悲しい。と感情を感じていないのが、親としては余計に哀しく感じる。

そういう感情、いつ覚えるのかなあ。

再来週の離任式。
私は号泣、するよ、きっと。

だけど、娘と私はE先生の新しい一歩。応援します。
先生は、行きたいと思ったから決断したのですよね。

ある意味、E先生らしい決断だと思う。

娘の言葉通り、"また、いつか会える。" 私もそう信じています。
新天地。

先生らしさ、失わず邁進して下さい。そうして下さること祈っています。
そのほうが、先生らしいですよ。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


2012_04
06
(Fri)23:20

みかんの絵、絵画教室

昨日は、更新出来ずに済みません。
当方、体調不良で、娘と一緒に寝てしまったので、更新が出来ませんでした。

この日に載せようと思っていた娘の描いた絵。

DSC02559.jpg

今回は、他に沢山、モチーフがあり、子供達自身が選んで描く。という設定。
ある子は鉢植えの花を選んだり、パイナップルを選んだり、花瓶に挿した一輪の花を選んだり・・と、個性が表れていました。

で、娘はみかん。左下が洋なし、ですね。

ミカンの葉を描くのを苦労していたようですが、最後は先生の言うことを理解し、描けていましたね。

娘にしては、上出来!だと思う。

最初、背景。紫だったんですが、最終的には青にしたのね。

一人で道具の後片付けも、きちんと出来るようになって、何だか頼もしい限り。

仲間のみんなとも、時折、会話していて、ずいぶんお姉さんになったなあ。と迎えに行った際、感じる事も多くなりました。
これもやっぱり、何年も続けてきたからこそ。の実りだなと思います。

あとは、出会えた指導者の先生のお陰。
もともと障害者に教えてらっしゃる先生だった。というのもね、娘にとっては出会うべくして出会う、運命だったのかな。と今は思える。

今、娘が一番、楽しく通えている絵画教室です。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


2012_04
04
(Wed)23:59

新しい洗濯機

我が家の洗濯機。

ここに超したと同時に購入した東芝の洗濯機が、ここ数日、修理エラーのコードが表示され、洗濯途中で止まるように。

お風呂の水を洗濯に使える。という給水の機能があり、それも使っていたのですが、去年の秋あたりから、給水されなくなって、おかしいなと思っていました。でも、このときはまだ水道水では、洗濯出来ていたので、大丈夫。

だけどやっぱり、一度不具合が出ると立て続けに、家電は壊れるようになってるんですね。
家事の三種の神器といいますが、それってうまいこと言う。

ないと困るもの。

洗濯機、冷蔵庫、そして掃除機。

さすがに12年は持たないらしい。
部品ももうないだろう、ということで買い換えました。

DSC02558.jpg

今回のは日立。
以前の東芝のに比べると図体は大きい。

乾燥機能。ありますが、簡易らしい。はなはだ使う気ありませんが。
雨が降って、洗ってそのまま干さないといけない時に、簡易的に乾燥機能を使って、室内に干す。

というのが一番ジャストなのかな。と思う。

これでまたお風呂の水を再利用出来るようになったので、水道料、少し安く抑えられるな。

頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


2012_04
03
(Tue)23:28

春の嵐

今日、凄かったですね。

私の住む地区も、午後から急に雨風が強くなりました。

昨晩も、娘がなかなか寝なくて、結局起きたのは、午前10時過ぎ。
当初は、"喉が痛い。"と夜から訴える娘を午後3時からの診療時間に、合わせて連れて行くつもりでいました。

が、窓から雲行きをみてると、これはヤバイ!
と思って、午前中の診療受付時間40分前に、慌ててかかりつけ医に。

結果、無理して行って正解・・だったと思う。

なんか震災が起こる以前から、気象少し異常気象でしたよね。

ここのとこ、そういうのが目立ってきてるので、東日本大震災、以上の何か天災が近い将来、起きる可能性はあるような気がしますね。

備えと心構えは、持っていたほうがいざ、事が起こった時、慌てずに済むと思うから、臨機応変に対応出来ることは、重要かもしれません。

適応出来るように、考えておく。

大切かもな。と報道を観ていて、思いました。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
2012_04
01
(Sun)22:25

どうしたものか。

最近、チャレンジさせている一人寝。

全くうまくいっていません。
進捗度で言えばゼロ。
そう、0。

土日は、夫がいるので、私が傍らにいなくてもいいだろう。と思い、
「今日はパパがいるから、寝られるよね。」と言って、私は隣の部屋リビングへ。

が!

「私が一緒に寝ないこと。」に納得がいかないらしい。

「パパがいるから大丈夫でしょう?」

と布団から出て、私のところに来るたびに、言い聞かせるけど、
やっぱり私がいないと淋しいんですね。

たぶん、一人っ子なのも関係あるよな。

でも、一人で寝られるようになって貰いたいから、心を鬼にして突き返すと、布団で大泣き。

もう、小学校3年生ですから、さすがにこれはマズイと思うんですよね。
その上の4年生になると支援学校に、宿泊する校内泊体験。というのがあります。

果たして、これ。
娘に出来るんだろうか?

今のこの状態だったら、絶対、無理! だよ。
それともお友達と先生がいるから、意外と平気?

んっなこと、今の娘を見る限りないだろうなあ。

この恐ろしいまでの執着心。
そのパワー、もっと他の事に変えようよ、ちーちゃん。

これは遅かれ、早かれ通らなくてはいけない道。
涙で何度、枕を濡らしても、ママは、一人寝を貴方にチャレンジさせ続けるよ。

するのは、ちーちゃんの為になるから。

このことにいつか、いつかあなたが気づいて、一言でも、感謝の意を私に言ってくれたら、ママは今のこの一人寝にチャレンジさせる為の罪悪感から、救われる。

ねぇ、ママは別にいなくなるわけじゃあないんだから、さ~。

赤ちゃんの頃から幼稚園時代は、良いとしても、生まれてからもう8年。
ずっと親子3人川の字状態で寝てきたけど、こんなこと私が死ぬまで、一生続ける訳にはいかないよ。

毎晩、娘が寝るまで付き合うことが、私の大きなストレスになってきてるんだよね。
むしろ、こっちのほうが問題かもしれない。

ああ、いったいどうしたものか。
・・・途方に暮れてる。

出るのはため息ばかり・・なり。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村