2017_04
25
(Tue)23:55

「育てるサラダ。」やっと芽が出ました!!

今日になって、やっと出ました!!


20170425_1.jpg


何かこの春。

朝と、昼間の寒暖差があり過ぎて、気のせいか。

きちんと種を蒔いても、発芽が、朝の冷えによって、遅れる傾向があるような気がします。

レタスは、昨年だったかな。川の氾濫だか、台風被害の影響で、この春。小売り価格が、少し高めだし、ジャガイモは、
例年通りだったら、家計にありがたい安さの、一番の野菜だったのに、葉物のほうれん草、小松菜もよりも、高い。

ポテトチップスが、生産中止になるくらい全国的に、ジャガイモが品薄状態だからだと思うのですが、カレーや、ポテトサラダ。
に、多く使う我が家にとっては、ここのとこの高価格は、ちょっと痛手。


なので、レタスは、少しでも安く。と思って、今年のベランダ菜園は、レタス。
・・にしたのですが、発芽はしたようなのですが、まだ葉は、土の下です。

やはり、トマトと同じで、朝の低温が、影響がある感じ。

朝と昼、夜の気温差が、それほどなくならないと、春って、気がしませんね。(><)

私だけかなあ。苦笑。

今日、娘の担任の先生との。面談があったのですが、また、日を改めて、書きます。
2017_04
07
(Fri)22:41

キジバト

今朝、洗濯物を干そうと、ベランダに出たら、キジバトが、約4羽。

私がいる棟の、3~5部屋先のベランダの手摺りに、2羽。その真向かいの棟に、2羽。

とまっているのを、見ました。

干しながら気になって、乗り出して観ただけなのに、突然。

キジバトが、私の部屋の、隣室の仕切り板のところまで飛んできたんです。

その瞬間。バッチリ目が合って。今にも襲ってきそう。m9(゜д゜)っ

あの赤い眼。

・・トラウマになりそう。


心臓が止まるか。と思いました。

これと同様なことが、もう1回。

人間が観てるって、キジバトはわかるんですかね。


寝床にしている感じは、今のところしないけれど、日中の過ごす場所として、我が棟の空き室のベランダは、
キジバトの住処に、なっているようです。

午後3時くらいまで、常に1羽。いましたから。


糞があって、警戒する人間がいなくて、外敵もくる場所じゃない。
というのが、良かったのでしょうね。

朝から、やたらハトの声がする。とは思っていましたが、声の主は、キジバト。

以前から、前の住まいでも、良く観ていましたが、人間を認識出来る鳥だとは、知りませんでした。(><+)

皆さんも、気を付けて下さい。

庭に、ベランダに。

野鳥や、ハトなどが来る。でも、むやみやたら、餌を与えない。
鉄則だと思います。

人間が、餌をやるから、鳥が定期的に来るのです。

今日のキジバトも、前に、その部屋にいた方が、何かしらの餌を与えていたのでしょうね。
それを覚えていて、来るのか。それを仲間に、言っているのか。
今は、まだ4羽。これから、増えないのか。

戦々恐々です、私は。
2017_03
22
(Wed)23:25

一目惚れしたビームスの服

何気に、いつものように、タブレットを使っていたら。

誤って、クリックしたサイトが、*GLID


そこで、見つけた、*ビームスの服

*文字列をクリック。

即買い。


春先、感じるのは、この時。

色合い、形、丈。
・・まさに、求めていたもの。

もろ、私好み。

サイズが、フリーサイズしかない。ってのが、やや気にかかる。(;_;)

でも、色合いは、綺麗だよなあ。

Beams.

スタイリッシュで、お洒落な服。
多いよね。

2017_02
24
(Fri)22:51

URの賃貸住宅

URの賃貸住宅。

身体に障害があって、1級~4級までの、手帳を所有している本人、本人を含む世帯。知的障害の重度の本人、本人を含む世帯。
には、5年間の、月の賃料が5%。

割引される制度があります。なので、意外と多く、障害のある方が、居住されているようです。

越して来て、もうすぐ1週間。
少なくとも、娘と同じ支援学校在籍の、お子さんが、他に2.3人います。

発達障害の子供たちは、奇声をあげたり、部屋で走り回ったりすることが、多いから、
部屋を申し込む際に、断られたりすることが、多いもの。

だから、障害者を養育する家庭を、優先的に、入居させてくれる。
というのは、とても有難いですね。

先述したうちの1人は、高等部の子で、娘に聞いたら、名前を教えてくれました。
この春で、卒業し、就労するのだと思いますが、その先の、未来が、更に。

今より、輝けるものになるよう、心より祈っています。

学校へは、5分。(^^;)
これはいいのか、悪いのか。

みんな同じ時間帯に、一斉に、家を出ます。

2017_02
21
(Tue)23:16

地域の人達に愛されていた我が娘。

・・今回。

引っ越しするにあたり、お世話になったご近所さんに、ちょっとした手土産を持って、
前日に、娘と二人、ご挨拶に伺いました。


1人は、娘が幼稚園に入った頃。
園の先生だった方で、主に、未就園児を、担当されていて、
娘が、年少で入りました。でも年少クラス。に、娘は、すぐに馴染めなくて、大声で泣いてばかり。

そんな時。
未就園児クラスと、在籍するクラスを、週の半分、半分。過ごす時間も、お遊戯だけとか、給食をみんなと食べて、帰る。
とか。そうして、馴れるのに、少しずつ経験を、重ねていった。

その、成長の一端を、3歳からの10年間。見守ってくれた人。

挨拶に、行ったら、先生は、涙。
・・うーっ、その姿。見て、私も思わず貰い泣き。

もう2人目。

私達、3人が住んでいたアパートの、隣に、一戸建てに住んでいる、70歳代の、女性の方。


クリスマス、春になると、庭に花咲くお花をくれたり、前述の、先生みたいに、娘のことを、理解して、接してくれる方。

ご自身の、同年代のお友達には、娘は、自慢のお友達だったそうです。*(^-^)*

別れ際。
ご自宅の連絡先を、教えて下さって。

今日。

娘は、学校から帰るなり、いきなりTさんに、電話したい。

先日、受けた漢字検定試験に、受かったこと。
など、Tさんに報告。

ママと電話。変わるね。
娘が、一人で、仕切りました。


まず、そう考えて、思ったこと。
実行に起こしたこと。

成長の一端を、担っているのは、親の私達夫婦だけではなくて、お二人の娘に、対する愛情の深さが、
そうさせる。娘の原動力に、繋がっている。

それから、もはや。親が認知していない人とも、娘は、通学路を行く中で、交流をしているようです。
それは、私の知らない世界で、娘の世界。


親の私に、その都度。報告してくれるの、嬉しいけれど、さ。
ママ。
その人、知りませんよ-。(*゚Q゚*)


娘のありのままを、フィルターなく。
直接、受け入れてくれた方たち。

・・本当に、大変お世話になりました。ありがとうございます。
これからも、お二人らしさを、失わず、元気でいて下さい。

たまに、「娘が、会いに行く!」と、言っているので、きっとまた会えます。
See You Again!!