2017_09
17
(Sun)22:34

航空自衛隊航空中央音楽隊 演奏会

100周年の式典の、オープニングセレモニーで、アクロバット飛行で有名な、ブルーインパルスの飛行があって、朝イチで、それを観てから。
雲が多く天気が悪かったからね、編隊飛行のみ。前日の予行では、サンライズなど、幾つか技をやってました。

その予行。
行われた時間帯が、13:40分から。娘はまだ学校で授業中。クラス中、学校中が、先生も生徒も大騒ぎだったと聞きました。
丁度、娘がいる学校の真上が、飛行ルートと技が行われるところで、窓から良く見えたそうです。(私はコンビニの駐車場で。)

話を戻します。

娘の支援学校へ、サタデースクール(PTAが主催)に、今回は親子で参加。(来月のに、参加出来なくなったから。)

それが終わったあと、昨日。書いたフードフェスティバルで、ランチを食べ、で。
冒頭の、航空自衛隊航空中央音楽隊 演奏会。

事前に、往復葉書で、市に申し込み。場所は、このメイン会場近くにある体育館。

(6月に、市を挟んで両隣の特別支援学校の中学部が、合同で集う陸上大会を、行った場所です。)

予定した曲+アンコール曲1曲。

娘は、一度。
夫と一緒に、武道館で行われた自衛隊の演奏会に、行っているから、音楽隊という部隊があるのは、知っている。

今回は、航空自衛隊。

予定した曲の最初と、最後が、ブルーインパルスを、讃える曲でした。残りは、市制100年。

市に在住する著名人や、ゆかりのある方の持ち歌など。

娘は、よぽど、自衛隊の方々が、カッコ良く見えたのでしょうね。

自衛隊に入りたい。私も楽器をやってみたい。ブルーインパルスのパイロットになりたい。

など、返答に困ってしまうようなことを言い出しまして。

「訓練とか厳しいよ。かなりの根性と忍耐、体力がないと駄目だよ、大丈夫?」

と、聞いたら、返答なし。(ノ_<)

自衛隊員の人たちの中には、発達障害の方も、いるらしいから、やる気になればなれるかも? だけど、知的障害は、より厳しいと思うぞ。
貴方は、それをパスする自信はあるの?

そこまで理解している発言では、ないよなあ。

でも、間違いなく。
我が家は、夫の影響大ですね。

何気に、洗脳されてる?
ってことですよね。



koucuo.jpg


2017_08
22
(Tue)23:40

オーケストラ・ワンダーランドへようこそ! 第4回。

市内と、近隣の一つの市との、主催で、この4年の間。

毎年、この8月の中旬に、夏休み中の子供たちを対象に、行われるオーケストラのコンサートです。
(市内にある学校。小、中、高に通っている子、支援学校も入ります。)

我が家は、2回。観ています。
本当は、2回目のコンサートのチケットを、行こうと思って持っていましたが、我が家の事情で、やむなく。
当時。通っていた絵画教室の先生とそのお子さんに、譲った経験が。(><)


okestra2017.jpg


演奏は、東京交響楽団の皆さん。東京都交響楽団の皆さんの演奏も、好きですが、それよりも、それ以上に。
好きなのは、東京交響楽団の皆さんの演奏と、心に響く音の数々。

今回も、きっちり届きましたよ。皆さんの奏でる音!

市内の中学校の吹奏楽部の皆さんと、共演して、演奏があった、オペラのボロディンの歌劇「イーゴリ公」より、♪だったん人の踊り。
の、皆さんの最後の小章節のあたりから、自然に込み上げるものが、出て。
演奏が終わったあと、大きな拍手と共に、涙が目から溢れ出ていました。

中学校の吹奏楽部と、聞いたら。
引っ越す前の家にいた時。地域の中学校の部活体験で、吹奏楽部の子供たちのことを、思い出した。

その時。演奏してくれた音が、本当に心のこもったものだったので、音楽は、こういうもの。
なんだと、思いました。下手でも、正直、良いのです。

聴かせてあげたい。その想いで、奏でる音は、聴き手に必ず伝わる。楽器を演奏するというのは、本来。そういうことだと思うな。

音楽は、万国共通。
言葉で通じることは、出来なくても、音で、思いや気持ちは伝わるってことあるでしょう。

チャイコフスキーのバレエ音楽。

白鳥の湖より、グランドフィナーレ。楽曲の番号でいえば、No.28、29iになるのかな。
オデットと、ジークフリード王子の最後の場面の音楽。

ひとつ、ひとつの音が、広がって集約していく様っていうのかな。生の音を聴く。って、本当に、贅沢だと思います。


娘も、私も。
心から、楽しめたコンサートでした。

主催者の方々、演奏して下さった東京交響楽団の皆さま、市内の中学校の吹奏楽部の子供たち、そして、今回。指揮して下さった岩村 力さん。

本当に、どうもありがとうございます。
ますます、またオーケストラが好きになりましたね。


2017_08
06
(Sun)22:50

夏休み子ども音楽会 at:東京文化会館

毎年の恒例イベント。
20170806_16.jpg


上野は東京文化会館での、音楽会。

今年も行って来ました。

オーケストラの演奏は、東京都交響楽団の皆さん。(以前、娘の学校に演奏をしに来て下さった東京交響楽団の皆さんとは、都があるかないかの違い。)

東京都交響楽団の皆さんの演奏を初めて、聴いたのは、一年前の事前応募の無料のプレミアム・コンサート。
そのあと、この夏休み子ども音楽会に行って、みんなで、ビリーヴを歌った。

東京都交響楽団の皆さんの演奏を、聴くのは、それ以来だな。

事前に来場者に配られる演奏曲目の書かれたパンフレットも、子どもの目線になって、曲の説明もしてあるし、子どもたちには、
非常にわかりやすいと思うよ。

今回の演奏曲目は、

1. サン・サーンス 「アルジェリア組曲」より。 フランス軍隊行進曲

2. ドビュッシー 月の光

3. ラヴェル 「マ・メール・ロア」より。美女と野獣の対話 妖精の園

4. ドリーヴ 「コッペリア」より。 情景とスワニルダの円舞曲 マズルカ

5: ビゼー 「アルルの女」 第2組曲

アンコール曲。 ジャック・オッフェンバック 「天国と地獄」


子ども音楽会というから、やはり、大人も子どもも、どこかで聴いたことのある馴染みのある曲のラインナップ。
・・だなと思いました。

ドビュッシー 月の光 とか、ビゼーのアルルの女などは、1度は、テレビドラマの背景の音とか、CMの効果音などで、使われたりしているので、知っている方は多い筈。

今回。
一曲ごとに、曲の説明をして下さったのは、指揮者の角田鋼亮さん。

説明がとても解りやすくて、とても良かった。早口にせず、ゆっくり話されていたので、それも子どもたちに対する配慮かな。と思って、好感が持てました。

音楽というと、ロックだとか、ポップスだとか。そういうのが音楽だよ。

ってみんな言うけれど、オーケストラが演奏する曲も、(クラッシック音楽)立派な音楽です。
ポピュラー音楽だけが、全てじゃない。

弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器が、揃って奏でる音を、その場で、生で聴ける。
というのは、最高の贅沢だと、私は思います。

娘は、オーケストラは、嫌いじゃないのは、解っている。
でも、知らない曲には、だらけの眠る仕草。

本当は、楽器に興味があるのに、その片鱗を、何故かみせない。

最後のアルルの女の第二組曲、「天国と地獄」には、体を揺らしてリズムをとっていました。

ハープとヴァイオリンが好きなようで、やってみたい。と言っています。

金管楽器のホルンなどは、支援学校の副籍の交流で、交流した地域の中学校の吹奏楽部の皆さんの、ものを交流時に、吹かせて貰ってるので、やってみたいのリストに入ってないよう。

何故が、聞いたら、息がふーっするのが大変だから。
・・解っていないようで、解っている。

東京都交響楽団の皆さんの演奏。本当に素晴らしかったです。
極上の時間を、本当にありがとうごさいました。

また来年も、行きます!

2017_06
19
(Mon)22:59

SMAPメンバー、3人の独立。

今朝、早くニュースが流れていましたね。

私は、全く、驚きませんでした。
彼等は、そうするだろうなあ。と思っていましたから。

どんなことがあっても、今まで5人で、自分たちの口から、理由を話してきた彼等が、
何も、カメラの前で、語ることなく。

グループを解散して、事務所を出ていく。
それなりの大きなこと。何かの理由があるのだろうと思うし、出ていく3人には、思うところがあるのでしょう。

出ていったら、おそらく。
暫くは、仕事がなくなる。それも、解っていて、覚悟を決めて、3人は、事務所を、辞めるのだと思う。

今、やっているTV番組、ラジオの仕事は、ジャニーズ事務所の所属タレントとしての仕事だと、思うから、退所する9月8日までには、順次。
番組が終了となるんじゃないかな。

私が、危惧というか、心配なのは、辞めて、仕事がなくなり、次の所属先が見つかるまで、
どのくらいの空白時間が、彼等にもたらされるのか。ということ。

あまり長く期間が空くと、仕事に対するモチベーションも下がるだろうし、何より仕事が来なくなるんじゃ?
辞めた女性室長と、3人は合流するのではないか?
と報道があったけれど、彼女は、全く芸能界とは違う職に就いているのでしょ。

今すぐ。彼等の為に、事務所を立ち上げるとか、そういった話にはなっていない。ということみたいだよね。
もし、これから先も、芸能界で、生業を得て。

と考えているならば、早急に次の移籍先を、探すべき。ではないかなと思うよ。

リーダーの中居くんが、残ったのは、冷静に、自分の損得を、考えた結果でしょう。
仮に、私も、同じ立場だとしたら、中居くんと同じ答えを出すと思う。

少しは、出ていく3人や、木村くんとの橋渡し役を・・。という気持ちは、持っていると思うけれど、まず。
最初に考えるのは、自分の仕事のことでしょう。

解散時にも、書いたけれど、これからこの先。
仕事に困らずに、自分の足を地に付けて、歩いていけるのは、きっと中居くんだけ。

5人の中で、彼が、一番。そういう力量を持っているよ。
CDデビューしてからの25年間の中で、中居くんが、努力して培ってきたこと。

他の4人は、言い方が適切ではないかも、知れませんが、ジャニーズにいたから。
彼等なりに仕事が、出来ていたのだと思うよ。

中居くんのように、いつ。干されても良いように、考えて、自分を酷使してたのかな。

解散で、蓋を開けてみたら、「僕には、これがあるよ。」と、強く言い切れない。
これから残りの人生で、自分にしか。出来ない何かを、彼等には、見つけて欲しいです。

もし、ずっと先の将来。
5人が並んだ姿を、観られる。のだとしたら、みんなの頭が白髪頭になった時かも。

それぐらい、現在も、少し先も、今後30年くらい?は、5人揃うことは、ないと私は、思っています。

信頼性が、5人の中では、失われてしまったのですから、少なくとも、それを構築して、取り戻すには、多くの時間が、必要なのでしょうね。

2017_03
12
(Sun)22:58

8bit PRINCE Symphony Concert

8bit PRINCE Symphony Concertに、娘と二人で、今日。
・・行って来ました。

20170312_1.jpg


今回は、東京交響楽団の皆さんが、ファイナルファンタジーなど、ゲーム音楽を、演奏する。
というので、普段のクラッシック演奏とは、皆さんの奏でる音が違うんじゃないか?

と思って、ぴあから、メールが来た時点で、チケットを買いました。

演奏を聴いて、楽団員の皆さんに、「普段、演奏している馴染みのあるクラッシック音楽と、今回のようなゲーム音楽を演奏する。のは、どちらが、難しいですか?」

と、聞いてみたいなと、思いました。

ゲーム音楽なんて、普段は演奏しないよね。

だから、楽団員の皆さんにとっては、とても新鮮で、楽しかったのではないかなあ。
演奏している姿を、拝見してて、それが伝わってきたもの。

観客は、ゲームおたく的な、とおぼしきお客さんのほうが、多かったですねぇ。

何せ、植松伸夫さんと、下村陽子さんの、トークショーが、開演前にあって、皆さん。
それが目的だった方、多数。

今回のこれを機に、東京交響楽団を含む、オーケストラにも、目を向けてほしいな。と純粋に、そう思いました。

今年は、東京交響楽団の皆さん。

定期公演の合間に、ドラゴンクエストとか、ゲーム音楽もやるんだね。
・・何だからしくない!?気もするけれど、皆さんが、楽しんで演奏している。なら、それでいいかな。

二部構成で、後半の中盤に、あったグランブルーファンタジー。のメインテーマから、始まって、バトルのメドレーまで。
東京交響楽団の皆さんの、音の良さや、色が良く出ていたと思う。

皆さん、お疲れさまでした。

良い演奏と、音を、ありがとうごさいます。
心が、音に、こもっているから、私が、東京交響楽団の皆さんに、惹かれる理由です。