2017_11
23
(Thu)23:47

子どもの海外心臓移植、募金に平均3億円 5年で倍増/朝日新聞デジタル。

子どもの海外心臓移植、募金に平均3億円 5年で倍増/朝日新聞デジタル。


この日本に、子供の臓器提供者が、いないから。

皆さん、海外に行くのでしょう。


○○の子を、守る為に、募金をお願いします。
そういえば、皆さん、募金するでしょう。


問題なのは、以前から言ってる。

この国に、小さな子供たちの、小児の臓器提供、移植が、確立されていない。
からでしょう。だから、欧米に行くのよ。


どうすれば、良いか。
誰もが。

気付いているのに、海外に頼っている。

でも、これは。
将来的に、いずれ。

道は閉ざされる。
今、提供を受けられている国々から、足りなくなったから。

自分たちの国でやって。と、言われる。


事実、数年前。そう声をあげていた国が、あった気がします。


・・それが目に見えている。のに、募金なの?

何か、違うと思う。

現在は、まだ。
そう、言われてないから、だよね。

お金で、命を買っている。と、欧米諸国から、言われても仕方ないと思うよ。

早急に、この国で。

小児の臓器提供を増やす為の、取り組みが、急がれる。

それが、必要不可欠でしょ。

解っていて、みんな気付かない振りしているだけなのだと思う。

そうすれば、するほど。
この国は、悪くなっていく。


外部に頼るのではなく。
自国で、何とかして取り組もう。

というのは、時代が変わっても、基本。とても大事だと、本当に思う。

2017_11
20
(Mon)23:57

THE NIKKEI MAGAZINE STYLE November 2017

我が家は、夫の仕事の関係で、新聞は、ずっと日経新聞を、購読しています。

その日経新聞に、2ヶ月?に1度だったかな。
THE NIKKEI MAGAZINE STYLE/日経ストア

↑日経新聞を購読していなくても、WEBからダウンロードが出来るようです。

新聞と一緒に、土曜日に配布される冊子があります。(無料)
取り上げる内容は、ファッションだったり、カルチャー、エンターティメントなど、季節毎の、
話題が多い。

その冊子の、クリスマス号。

いつもスタイリッシュな表紙だけど、今回の11月号。

全部を、深緑色で、統一していて、そこに、白と銀色。差し色に、紅色と、黄土色(黒寄りの)。

シックで、上手くまとまっていて、落ち着いた感じ。それに、テキスタイルの要素が、あるよな。

だから、思わず目が止まった。んだと思う。

中身を読んだら、直ぐに新聞の回収袋に、普段は入れてしまう。

でも、今回は、額に入れて、飾りたくなりました。それくらい素敵な一枚です。


20171120_1.jpg

*すみません。私の影が、少し写り込んでしまってますが。(苦笑)

後で、解りましたが、雪が舞い散るスノードームは、陶磁器メーカーのWEDGWOODさんのもの。

こういう写真、私も撮りたいなあ。

写真を撮られたカメラマンさんの名前は、書いてあるけれど、
この小物を置く作業をした、スタイリストさんは、どんな方なのだろう。

カメラ写りしやすいように、絶妙な位置に、リース、スノードーム、その他小物を、配置してる。

もちろん、カメラマンさんの力量も、あるとは思うけれど、この表紙は、スタイリストさんの力もあると、思う。


2017_11
18
(Sat)23:16

11月のサタデースクール。

今日は、月1回の、サタデースクールの日。

一足先の、X'mas コンサートです。

市内の私立高校のハンドベルクワイアの子供達が、演奏をしに来て下さる。

ということで、私も娘と一緒に、参加。


今年から、一人で行かせてみよう。ということで、
いつもは、娘は、一人で行って、参加して帰ってきています。
ハンドベルが、聴きたかったので、今回だけ、私も。

高等部の男の子のピアノ演奏に、バンド部の先生のギターと歌。

先生達のハンドベル演奏と、子供達のハンドベル演奏体験。

20171118_2w.jpg


校長先生のショパン。(校長先生になる前は、音楽の先生だったから。)

ハンドベルクワイアの皆さんによる、バンドベル演奏。

昨年も、参加したけれど、凄く温かな気持ちになれるので、
11月のサタデースクールは、個人的にとても好きなのです。


ハンドベルクワイアの皆さんは、5曲。
演奏して下さいましたが、♪ラストクリスマス。が一番好きかなあ。

有名なヒット曲です。ワムという、男性二人組のユニットで、今年。
そのうちの一人の、ジョージ・マイケルさんが亡くなられました。

凄く良い曲です。
もう、2度と、ジョージさんのヴォーカルでこの曲を聴けないのは、
寂しいです。

PTAが企画&運営して、今年3年目じゃなかったかな。

障害特性故に、落ち着きがなかったり、走り回ったり。
体力を持て余している子が、多い。

そういった彼等が、少しでも、楽しめる。ような事はないかな。

ということで、「じゃ、お休みの土曜日だけど。学校、行ってみようよ。」

「でも、いつもの学校じゃないよ。何か楽しいこと、待ってるよ。」

ってな感じで、当時のPTAの会長さんのアイディアから、始まった活動です。

私も、始まった当初は、何でお休みなのに、学校!?
と、思っていたけれど、昨年から娘と一緒に、参加するうちに、これは良いかも。

と思うようになりました。

家で、する事なくて、テレビや、ゲームをしているより、ずっと良い。
身体を動かして、風船バレーしたり、ダンスしたり、書道したり・・ete。

学校のみんなにも、会えるし、ね。

2時間くらいの短い時間だったけれど、親子共々。
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

PTAのお母さんたち、学校の先生達、お疲れさまです。

皆さんの力が、結集しての活動だと思います。

楽しい時間を、本当にどうもありがとうございました。


2017_11
18
(Sat)00:12

知的障害の柔道選手4人、黒帯に昇段 講道館が内規変更/朝日新聞デジタルより。

知的障害の柔道選手4人、黒帯に昇段 講道館が内規変更/朝日新聞デジタルより。

今朝、起きた時に、最初に、観たニュースが、これでした。


心に、ぽっと明かりが、灯った気がしました。

企業が、障害者で採用するのは、多くは、身体障害者。次いで精神障害者。

知的障害者は、一番下のほう。


言っていることが、伝わらないとか。
一人の世界に入ってしまうとか。

・・あります。

そんな中。

指導する、浜名智男さんは、動いてくれたのですよね。

4人にとって、良き理解者。


浜名さんのような人が、もっといてくれたら。
良いなと、本当に思う。


・・それくらい、少ないもの。

そういう社会だと言ってしまえば、そこで終わり。
諦めずに、声を上げ続ける。

動かす、きっかけになれば。
それで、イイよな、と思います。

2017_11
16
(Thu)23:56

29年度 副籍実践報告会

29年度 副籍実践報告会が、我が家の隣にある盲学校の体育館で、あったので、行って来ました。

毎年、会場として使っている教育センターの会議室が、今回は空いてなかったからみたい。

都立盲学校の見学会も行われたので、それも、参加してきた。

同じ支援学校の括りでも、盲と知的の障害では、先生の教え方、授業の進め方、教材に至るまで。
全てが、まったく違う。

ただ、生きづらさを感じて、周囲に少しでも、理解を求めることを、学校をあげて、力を入れているのは、
どちらも同じ。

我が市では、教育委員会と都立特別支援学校で、構成されている「特別支援学校連絡会」の共催で、毎年。
行われているものです。

副籍というのは、盲学校、支援学校(知的、肢体不自由、視覚障害)の小、中学生の子供たちが、地域の(本来、健常で、あったら通う学校)
に、副次的に、籍を置き、授業を受けたり、課外活動に参加したりする副籍交流事業のことです。

小、中の学校にある支援級に在籍しているお子さんたちは、学校内に、級がありますから、何かしらの形で。
交流クラスの子供たちと、交流が出来ますが、盲学校、支援学校の場合は、こちらから行かないと、定型発達のお子さんたちと。

触れ合う機会がありません。
それを実現する為に、盲学校、支援学校の保護者や先生たちが、動いて教育委員会や都の教育委員会に訴え続けて。

・・13年前。この制度が出来ました。
その後、東京都から、全国の支援学校へ。制度が、広がっていったとの事。

その時代の苦労とか、私は良く知らない。娘が、6歳で、小学部に入った時には、もう既に。
副籍制度が、確立されてた。

先輩のお母さん方や、先生たちが、諦めずに、動いてくれたから。

今。
私たちは、こうして交流が出来ている。

今日の報告会に、昨年。
副籍を置いていた中学校の校長先生とコーディネーターの美術の先生が来られていて、ご挨拶しました。

昨年。
娘が、直接交流に行くまでは、それまで。副籍交流をする子がいなかった学校です。
コーディネーターの先生に、聞いたら。

今年度は、1人。うちの学校から。いるそうです。
これって、娘が扉を開けたってことですよね。
・・・何だか、ちょっと嬉しい。

世間では、先生たちが、理解してくれない。

在籍している普通級の子供たちから、心ない言葉を言われる、など、障害に対して。
理解かない。ということばかりが、クローズアップされる傾向にあるけれど、本当にそうかな。


決してそんなことないと思う。

少なくとも、今日。

私は、この会に行き、先生たちの(市内全域の小、中学校の校長先生や、副校長先生、コーディネーターの先生、交流クラスの担任の先生)の、理解しよう。

という気持ちと、そのためには。どうしたら良いのか。
真摯に向き合う姿を、見させて貰った。

先生達なりに、努力なさっている。その努力を、かってあげなきゃ。
保護者も、そこに目を向けて、先生たちだけを責めるのではなく。

関わる全ての人たちで、みんなで、一緒に考える。
という事が、これからの社会は、もっと必要になってくるよ。

そういう意味でも、今日の会に来られた先生たちは、障害に対し、
解ろうとしている。
保護者の一人として。それがとても良く伝わってくるなと感じました。

そしてそれが、少なくとも。
熱意が、現状を変える原動力に、繋がっている。

13年、かかってここまで来たんだよね。

確実に、先輩たちが、繋いで、やってきたことが、実っている。
そう思った報告会でした。